NTTドコモ、2012年冬モデルFOMA端末は4機種……専用Facebookアプリをプリイン

IT・デジタル モバイル

「F-01E」
  • 「F-01E」
  • 「F-01E」
  • 「N-01E」
  • 「N-01E」
  • 「P-01E」
  • 「P-01E」
  • 「SH-03E」
  • 「SH-03E」
 NTTドコモは10日、2012年冬モデルとして「F-01E」などFOMA携帯電話4機種を発表した。販売開始は11月以降順次。

 今回「ドコモStyleシリーズ」として発表されたFOMA携帯電話は、「F-01E」(富士通製)、「N-01E」(NECカシオ製)、「P-01E」(パナソニック製)、「SH-03E」(シャープ製)。4機種共通では、FOMA端末向けのFacebookアプリをプリインストールしている。

 「F-01E」は、3.3インチ、フルワイドVGA液晶ディスプレイを装備。カメラは1310万画素で、フルHD動画撮影が可能。指紋センサー、microSDパスワード機能、プライバシーモード、フォルダセキュリティ機能などを搭載しており、セキュリティ機能を強化したモデル。Wi-Fi、Bluetooth、F-Linkなどをサポートしている。

 また、本体表面には硬化コーティングを施したハードパネルを採用。裏面には「ウルトラタフガードplus」塗装で指紋も付きにくくなっている。防水IPX5/8、防塵IP5Xにも対応している。発売予定は11月。

 「N-01E」は連続待受約780時間の長持ちが特長。エモーショナルイルミネーションを搭載し、彩鮮やかに発光する。液晶ディスプレイは約3.2インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)。ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信、Bluetooth、エリアメールに対応。カメラは瞬時に起動する「瞬撮カメラ」で810万画素のCMOS。防水IPX5/7、防塵IP5Xにも対応している。発売予定は11月。

 「P-01E」は、約3.4インチのTFT大型液晶ディスプレーを搭載。文字も特大サイズを用意している。カメラは510万画素CMOS。ワンセグ、赤外線通信、iコンシェル、エリアメールに対応。miniUIMカードを採用する。よく使う電卓や電話帳などを登録できるマルチワンタッチボタンも装備。「しっかりトーク」「ゆったりトーク」など通話関連の機能も充実している。発売予定は11月。

 「SH-03E」は、幅49mmと背面のラウンドフォルムで持ちやすいのが特長。携帯電話最高クラスの1.2GHzの高性能CPU搭載で、サクサク動き操作感もいい。液晶ディスプレイは約3.0インチ、480×854ピクセルのTFT液晶。カメラは500万画素CMOS。おサイフケータイ、防水・防塵、ワンセグ、赤外線通信、GSM、エリアメールに対応。miniUIMカードを採用する。防犯ブザーも搭載している。発売予定は12月。
《関口賢》

編集部おすすめの記事

特集

page top