動画でチェックするシャープの電子書籍端末「GALAPAGOS」

IT・デジタル モバイル

専用端末「GALAPAGOS」
  • 専用端末「GALAPAGOS」
  • 電子書籍フォーマット、「XMDF」を採用し、縦書き表示やルビなどの日本語表現に対応
  • トラックボールを搭載し、ボールを指で回転させることでマウスのように操作できる
 シャープが27日に発表した、電子書籍端末「GALAPAGOS」。製品発表記者会見の映像がYouTubeにアップされた。

 専用端末「GALAPAGOS」は、5.5型液晶(1,024×600ドット)を搭載した文庫サイズのモバイルタイプと、10.8型高精細HD液晶(1,366×800ドット)を搭載した雑誌サイズのホームタイプの2機種となる。同端末はシャープが開発した電子書籍フォーマット、「XMDF」を採用し、縦書き表示やルビなどの日本語表現に対応している。OSはAndroidをベースとしている。

 「GALAPAGOS」の操作性だが、動画でピンチイン・アウトやの操作を見る限りでは、iPadに比べ少しぎこちなく見える。サービス開始当初のコンテンツは、新聞、雑誌、書籍など約3万冊で、2011年の早い段階までに100万台の販売を目指すという。

《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら