「著作権法改正」でもWinnyは相変わらず、逮捕続きのShareは減少 〜 ネットエージェント調べ

「著作権法改正」でもWinnyは相変わらず、逮捕続きのShareは減少 〜 ネットエージェント調べ

2010年1月15日(金) 14時13分
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009〜20010年の年末年始におけるWinnyノード数の推移の画像
2009〜20010年の年末年始におけるWinnyノード数の推移
2009〜2010年の年末年始における主要P2Pソフトのノード数の推移の画像
2009〜2010年の年末年始における主要P2Pソフトのノード数の推移
 ネットエージェントは15日、この年末年始(2009年12月26日〜2010年1月13日)におけるファイル共有ソフト(Winny・Share・Perfect Dark)のノード数について、推移のグラフと実数を公表した。

 2010年1月1日から「ダウンロード違法化」を含む改正著作権法(成立2009年6月12日)が施行されたことにより、ネット上に権利者に無断で配信されている「音楽・映像などの著作物」を「違法と知りながら」ダウンロードする行為は違法となった。この抑止効果により、大きな変動が見られるかと思われたが、現状では、まだ明確な影響は見られていないとのこと。

 今回の調査によると、前月(2009年12月)の平均ノード数と比べるとやや増加傾向が見られたという。また年末年始に利用が落ち込んだが、この割合も例年並みで、改正著作権法の施行に影響された様子は、数値上はほとんど見られなかったとのこと。なお2009年10月まで、Winnyネットワークに対しランダムなIPアドレス、ポート番号によるキー情報の大規模な拡散行為が行われており、その結果Winnyネットワーク上に実際には存在しないノードの情報が数多く検知されたという。2009年11月以降、そのランダムなIPアドレス、ポート番号によるキー情報の大規模な拡散行為は停止しており、検知されたノードの数は減少しているが、このようにノード情報を意図的に拡散する行為が確認されており、実際より多くのノード数が集計される場合があるとのこと。

 Shareについては、前月(2009年12月)の平均ノード数と比べると約4万ノード(約3割)程度減少し、数値上は改正著作権法の施行が少なからず影響しているように見えたが、昨年複数回のShare利用者が逮捕されており、11月30日に著作権法(公衆送信権侵害)違反容疑で11名が逮捕されたことなどもがより大きく影響した可能性が高い。Perfect Darkについては、前月(2009年12月)の平均ノード数と比べるとおよそ1.3万ノード(約2割)ほど減少したが、その後やや増加傾向で推移し、数字を戻しつつある。
《冨岡晶》
  • ・【PR】
  • ・【PR】
  • ・【PR】
注目の情報[PR]

編集部のおすすめニュース

ファイル共有ソフト、全ネット利用者の「9.1%」がまだ使用中 〜ACCS調べ

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、日本レコード協会(RIAJ)、日本国際映画著作権協会(JIMCA)の3者は22日、2009年に実施した「ファイル共有ソフト利用実態調査」の結果を公表した。

偽セキュリティ対策ソフトの脅威が再拡大 〜 10月のウイルス・不正アクセス状況[IPA]

 情報処理推進機構(IPA)は5日、2009年10月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況をまとめた文書を公開した。

村井純のWIDEプロジェクト、Winny無罪判決を支持

 WIDEプロジェクトは21日、「Winny開発者に対する大阪高等裁判所の判決と技術者の社会的・道義的責任について」と題する文章を発表した。

Winny裁判、判決後にノード数が増加! 〜 10月最高値を更新

 ネットエージェントは、大阪高等裁判所における“Winny裁判”前後の時期について、Winnyノード数の推移の調査結果を発表した。

かんぽ生命保険、13,574名分の顧客情報が流出

 かんぽ生命保険は8日、簡易生命保険契約の顧客情報13,574名分がネットワーク上に流出していたことが判明したと発表した。

「意外であり疑問」 〜 ACCS、Winny裁判の判決にコメント

 コンピュータソフトウェア著作権協会は8日、同日午前に下された、Winny開発者である金子勇被告への無罪判決に対して、「意外であり疑問を生じる」とするコメントを発表した。

【IT資格を考える(Vol.2)】セキュリティスペシャリストへの基礎資格「CCNA Security」

 「シスコ技術者認定」に新設された「CCNA Security」は、これからのネットワークに欠かせないセキュリティに関する基礎的なスキルを証明する資格として、業界の注目が高まっている。

あなたのPCを乗っ取る“ブラウザ・ハイジャッカー”とは? 〜8月のウイルス・不正アクセス状況【IPA】

 情報処理推進機構(IPA)は3日、2009年8月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況をまとめた文書を公開した。

「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」がWebサイトを新設 〜 JASRAC、ACCSなどで構成

 「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」は17日、Webサイトを新設した。

「知っていますか?

 情報処理推進機構(IPA)は5日、2009年7月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況をまとめた文書を公開した。

「私はWinny使ったことありません!」就職活動にも使える、検査証を発行するツールが登場

 ネットエージェントは2日、WinnyなどのP2Pファイル共有ソフトを使用していないことを「検査証」と言う形で証明するアカデミック向け新製品「P2Pファイル共有ソフト検査証発行 支援ツール」を発売した。

トレンドマイクロ、法人向けセキュリティ「侵入防御ファイアウォール1.1」「Trend Micro Mobile Security 5.1」発売

 トレンドマイクロは28日、クライアントPC向けのセキュリティ強化製品「侵入防御ファイアウォール1.1」と、企業で利用するスマートフォンのセキュリティ対策製品「Trend Micro Mobile Security 5.1」を発表した。

【富士通フォーラム(Vol.10)】環境にもコストにも優しいセキュアなクライアントPC

 「富士通フォーラム2009」では、グリーンITとセキュリティを両立するクライアントPC管理システム「Systemwalker Desktop Patrol」「Systemwalker Desktop Keeper」を紹介している。

利用端末制限が可能な指紋認証機能付きUSBフラッシュメモリ

 エムコマースは11日、指紋認証機能付きUSBフラッシュメモリ「BioSlimDisk」シリーズの新製品として、「BiocryptodiskiSecure-ProX」を発売した。価格はオープンで、予想実売価格は20,000円台後半。

NTTぷらら、フィルタリングサービス「ネットバリアベーシック」の提供対象を拡大

 NTTぷららは10日、主に「フレッツ光」対応接続サービスの利用者に対して無料・標準で提供しているフィルタリングサービス「ネットバリアベーシック」の提供対象を、「フレッツ・ADSL」対応接続サービスの利用者...

【インタビュー】単なるISPではなくBSPとして生まれ変わる——NTTぷらら代表取締役社長 板東浩二氏

 「ぷらら」は創業から13年間にわたりサービスを提供するISPサービスの老舗だ。昨年は映像系サービスに注力し、3月には4th MEDIA、OCNシアター、オンデマンドTVを統合する形で「ひかりTV」を開始した。

ディアイティ、「ファイル流出監視サービス」がShareにも対応 〜 ファイル流出を監視

 ディアイティは29日、従来のWinnyを対象とした「ファイル流出監視サービス」に、Shareネットワーク監視を加えた「Winny/Shareファイル流出監視サービス」を2月1日より開始すると発表した。

サイトロック、 PC資産管理とセキュリティ監視のSaaS型サービスを販売開始

 サイトロックは27日、PCの資産管理とセキュリティ状況を維持管理するSaaS型サービス「siteROCK Client Care」の販売を開始した。

Winny・LimeWire/Cabosが微減するも、Shareが拡大〜ネットエージェント調べ

 ネットエージェントは7日、この年末年始(2008年12月27日〜2009年1月4日)のWinny(ウィニー)・Share(シェア)・LimeWire/Cabos(ライムワイヤ/カボス)のノード数について、推移のグラフと実数を公表した。

【「エンジニア生活」・技術人 Vol.18】ネットワークをワンボックスで守る——フォーティネットジャパン・宮西一範氏

 ファイアウォール、VPN、IPSなど、ネットワークに求められる複数のセキュリティを、ワンボックスで提供するUTMが注目を集めている。ネットワークセキュリティのリーディングカンパニーであるフォーティネットジ...

IPA、2008年7月に発見されたFlash Playerの脆弱性を悪用したウイルスの被害に注意喚起

 情報処理推進機構(IPA)は4日、2008年7月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届け出状況のまとめを発表した。

どうなるiPod課金? 「反対」が45%——アイシェア調べ

 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などを運営するアイシェアは7日、私的録音補償金制度に関する意識調査の結果を公表。同調査結果では「iPod課金」に関して「反対」との回答が約半数を占め、「賛成」とする回...

「iPod課金」に2人に1人が反対、賛成派はわずか4.9%〜アイシェア調べ

 アイシェアは同社のサービス会員をパネラーとする「録音録画補償金制度に関する意識調査」を実施。「iPod課金」には2人に1人が反対、賛成派はわずか4.9%であったことが明らかになった。

あなたの無線LAN、誰でも使えたりしない?〜IPA、6月の不正アクセスの届出状況について発表

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は2日、2008年6月および2008年上半期のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況について発表した。

 12日、著作権団体と電気通信事業者は、ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害に対処するための対策協議会を設立した。

 京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と五条署、宇治署、田辺署は9日、ファイル共有ソフト「Share」を通じてテレビアニメ番組を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた3人を逮捕した。

GWに入りWinny→Shareの傾向が加速?〜ネットエージェント、GW期間のP2Pソフト利用者動向を調査

 ネットエージェントは8日に、「Winny」(ウィニー)および「Share」(シェア)のゴールデンウィーク期間のノード数について調査した結果を発表した。調査期間は2008年4月26日〜5月6日。

【「エンジニア生活」・技術人 Vol.4】誰でも簡単につなげられるルータをつくる——IIJ・齊藤正伸氏

ネットワーク社会の必需品「ルータ」。この小さな機器の開発に情熱を燃やすインターネットイニシアティブ(IIJ)のエンジニア、齊藤正伸氏にルータやネットワークの将来像を聞いた。

わかってますか?Winnyの実態——ACCSが注意喚起リーフレットを配布

 ACCSはファイル共有ソフトの危険性を訴えた注意喚起リーフレットを作成、全国の大学と高等専門学校802校に対し、25日より発送を開始する。

RSS

【これから開催のイベント】

楽天でキーワードをチェック

ブロードバンド/無線LANスポット検索

ブロードバンド検索
-