未経験OK!副業のWebライターで稼ぐ方法のアイキャッチ画像です

Webライターは未経験からでも始められる副業です。専門的なスキルを問われるわけではないので、本業しながら副業として稼げます。

しかし「文字を書くだけでOK」という考え方では、稼げるWebライターにはなれません。文章力やコミュニケーション能力などがなければ、月1万円稼ぐのも難しいです。

この記事では、Webライターの副業で稼ぐ方法を解説します。記事を読めば、未経験者でも稼げるWebライターになれます

Webライターの役割は、仕事受注先の売上アップに貢献すること。単に文字を書くだけではなく、ユーザー満足度の高い記事を書くのがポイントです。

未経験から稼げるWebライターになろう

a121e58a5ecce5c208d6ecfec74ccd11 530x320 - 【未経験OK】Webライターの副業で稼ぐロードマップ
未経験から稼げるWebライターになるには、ライティングスキルや案件獲得スキルなど、複数のスキルを身につけるのが重要です。独学でスキルを習得するのは困難なもの。スクールを活用して、短期間で稼げるWebライターを目指しましょう。

ウェブフリは、未経験から副業に必要なスキルを習得できるオンラインスクールです。ウェブフリを受講したことで、実際に稼げるようになった人が数多くいます。まずはLINEに登録し、無料カウンセリングを受けてみてください。

\まずは無料カウンセリングから!/

関連記事:ウェブフリの評判

フリーランスの強い味方!
2ead9837e249edb5bc69e058b48a0500 530x337 - 【未経験OK】Webライターの副業で稼ぐロードマップ

フリーランスや個人事業主のお金と健康を守るFREENANCE(フリーナンス)

仕事中の事故によるあんしん保障や月々500円から始められる所得保障など、さまざまな福利厚生を受けられます。 以下7つの部門でNo.1を獲得。多くのフリーランスから支持されている保険です。

  • 手数料の低さ
  • 加入したい保険
  • 累計申込数
  • 累計申込人数
  • 累計申込額
  • 累計利用人数
  • 累計利用額

登録料、会費無料!組織の後ろ盾がないフリーランスだからこそ、お金と健康を守るためにフリーランスに特化した保険を活用しましょう。

\ 累計利用人数など7部門でNo.1を獲得 /

CONTENTS

副業Webライターはどんな仕事?

副業Webライターの仕事で覚えておくべきことは以下の3つです。副業を始める前に確認しておきましょう。

  • 与えられたテーマで記事を執筆
  • 執筆テーマは多岐にわたる
  • 確定申告が必要になることも

与えられたテーマで記事を執筆

副業Webライターは与えられたテーマで記事を執筆します。自分で執筆するテーマを決めるのではありません。

企業もしくは個人が管理するWebサイトに掲載する記事を執筆するのがWebライターの仕事です。

Webライターが直接やり取りするのはWebディレクターです。ディレクターから執筆テーマを指示されたり修正依頼を受けたりします。

執筆テーマは多岐にわたる

執筆するテーマは多岐にわたります。クラウドワークスの「記事・コンテンツ作成」のカテゴリには以下のような記事のジャンルがあります。

  • 美容コスメ・ファッション
  • 健康・病気
  • エンタメ
  • グルメ・料理
  • 動物・ペット
  • 住まい・生活
  • スポーツ・ビジネス
  • ゲーム

副業Webライターは以上のような記事のジャンルならば執筆可能です。もちろん、専門性が高い記事はその道のプロにしか書けません。初心者はネットで調べながら書くことができれば大丈夫です。

1つのジャンルの記事をたくさん書くことで、知識が身につき実績になります。幅広く記事を書くよりはどれか1つに絞って書くことをおすすめします。

確定申告が必要になることも

副業Webライターとして記事を執筆する場合は、副業としての収入を得ることになるので確定申告が必要な場合もあります。副業としての収入が年間に20万円以上の場合は確定申告をしなければなりません。

会社員として働いている場合は、会社が税金の手続きを行ってくれます。しかし、副業として収入を得た場合は自分で手続きをしなければなりません。毎年2月15日から3月15日の間が確定申告期間となっており、この期間に所得税の申告を税務署に行います。

自分で所得税の計算を行ってもよいのですが慣れていないと難しいです。「freee」や「弥生会計」などの会計ソフトを使うのがおすすめです。

副業Webライターの業務内容はおもに5つ!記事執筆だけが仕事ではない

副業Webライターの業務内容をご紹介します。副業Webライターの業務内容は以下5つに大別されます。

  • 記事執筆
  • 校正・推敲
  • WordPress入稿
  • 競合調査
  • 記事構成作成

記事執筆と校正・推敲を任されることが多いでしょう。WordPress入稿、競合調査、記事構成作成は記事執筆と校正・推敲がしっかりできるレベルが前提です。

記事執筆

記事執筆は、文字通り記事の執筆をすることです。ディレクターから与えられたテーマや記事構成をもとに記事を書いていきます。

記事の参考にするため、インターネットで調べることが多いです。調べながら書くため、知識がなくても問題ありません

しかし、事実の捏造やコピペは絶対にNG。駆け出しライターのうちは、調べた記事の内容に似せて書いてしまいがちですが、自分の言葉で書くようにしてください。

案件ごとに記事の書き方・ルールが違うこともありますので、臨機応変に対応しましょう。

校正・推敲

校正・推敲は、既存の記事をより良い記事にするために書き直すことです。例えば、情報が古い記事を最新の情報で書き直したり、記事のボリュームが少なく説得力に欠ける内容を修正したりします。

元々の記事構成をもとに書き直すので、駆け出しの副業Webライターは一番やりやすい仕事です。内容が甘い記事を書き直すことで、自分自身の執筆のレベルを上げることもできます。

いきなり記事を1本書くのは難しいと思う方は、校正・推敲から始めることをお勧めします。

WordPress入稿

WordPress入稿は、WordPressの機能を使って記事を書くことです。WordPressは記事を書くツールとしてエディター機能があり、記事にさまざまな装飾を加えられます。例えば、以下のような装飾があります。

  • 大見出しや小見出しを作る
  • 文字を太くする
  • 文字に色を付ける
  • 引用文を作成する
  • 画像や動画を挿入する
  • 表を挿入する

まだまだ他にもありますが、記事に装飾を施すことでより分かりやすくすることが可能です。読み手が記事を最後まで読んでくれるように工夫しなければなりません。

また、SEO(検索順位を上げる施策)のために以下のような点にも注意します。

  • タイトルの文字数とキーワード
  • 文章中のキーワード出現数
  • 見出しタグの適切な設置
  • 画像のalt属性の設定
  • メタディスクリプション
  • 適切なHTMLタグ

記事の執筆だけでなく、Webライティングの知識も知らなければ、副業Webライターとしてスキルアップできません。記事の執筆に慣れてきたらSEOの勉強もしましょう。

競合調査

競合調査は、他のWebメディアやブログの記事を調査し、自分の記事を検索上位にもってくるために行います。これから上位表示させたいジャンルの記事は、他ではどのように書かれているのかを調査します。

他の記事に書いてある内容を真似ても差別化にはならないので、独自の色を出していかなければなりません。また、文字数で劣らないように、検索上位に表示されている記事の文字数の平均も算出します。

記事構成作成

記事構成作成は、記事の構成を考えることです。記事全体の見出しタグ(h1、h2...)使って適切に配置します。見出しタグの最後にアフィリエイトボタンや内部リンクを設置することも行います。

記事構成作成は競合調査を行った後に行うので、駆け出しの副業Webライターに任せられることはほぼありません。記事構成まで1人でできるようになると、副業Webライターではなく、個人で稼ぐことも可能です。

副業Webライターのメリット

副業Webライターのメリットは以下の3つです。

  • 在宅で仕事ができる
  • さまざまなスキルが身に付く
  • 未経験でもチャンスがある

Webライターは基本的に在宅ワークです。出社する必要がないため、自宅やカフェなど好きな場所で副業できます

さまざまなスキルが身につくのもWebライターのメリット。文章力だけでなく、コミュニケーション能力や論理的思考力などを身につけられます。

Webライターの副業は未経験でも挑戦しやすいです。基本的な文章の書き方を習得し、稼げるWebライターを目指しましょう。

在宅で仕事ができる

Webライターは在宅で仕事ができます。満員電車に揺られて出社する必要がありません

在宅で仕事ができるので、1日の時間を有効に使えます。例えば、通勤に30分かかるとしたら、行き帰りの時間で1時間を節約できます。育児中の方は、子供の面倒を見ながら仕事ができるので、保育所に預ける必要もありません。

何らかの理由で外出できない方にもメリットがあります。体調面や身体的な問題が理由で働きづらい方でもパソコンとインターネットがあれば問題ありません。

さまざまなスキルが身に付く

Webライターの副業はさまざまなスキルが身に付きます。記事を執筆するためにさまざまなスキルが求められるからです。例えば以下のとおり。

  • 簡潔に文章をまとめる
  • 相手に分かりやすく伝える表現
  • 日本語の知識
  • WordPressを使ったライティング技術
  • 記事を検索上位に上げるための施策
  • 執筆分野についての知識
副業Webライターの場合は、WordPressという記事を簡単に投稿できるシステムをよく使います。WordPressを知ることで、Web上の記事が上位に表示される仕組みを知ることが可能です。別の記事執筆の案件を行う場合に、WordPressの使用経験があるとまかせてもらいやすいです。

未経験でもチャンスがある

最後のメリットは、未経験でもチャンスがあるということです。アフィリエイトや広告収入、自社メディアの宣伝をしたいWebサイトの運営者はたくさんいます。しかし、1人で記事執筆をすると、多くの記事が書けないので大した利益は上げられません。

以上の理由で、未経験のWebライターと契約して、記事執筆を手伝ってもらいたいと考えている方は多いです。依頼する側も、最初はWebライティングの基本を学んでもらい徐々に品質の高い記事を書いてもらおうと思っています。

クラウドワークスで、記事・Webコンテンツ作成の仕事を「未経験可」で絞り込み検索をしてみると約300件見つかりました。最初は文字単価が低いものからスタートし、実力をつけた後で単価の高い記事に挑戦してみるのがおすすめです。

副業Webライターのデメリット

副業Webライターのデメリットは以下の3つです。あらかじめ確認しておくと、スムーズに副業を始められるでしょう。

  • 収入はスキルや仕事量による
  • 自分が書きたいように書くのはNG
  • スケジュール管理が大変

Webライターの副収入は、スキルや仕事量に大きく左右されます。文章力が低ければ単価が上がらないので、大きく稼げません。執筆量と収入はほぼ比例するのもWebライターの特徴です。

Webライティングは日記ではないので、自分が書きたいように書くのはNG。ユーザーの読みやすさや理解しやすさを意識しましょう。

スケジュール管理を徹底してください。納期に遅れれば信頼を失うため、自分ができる範囲で仕事を受注しましょう。

収入はスキルや仕事量による

副業Webライターの収入はスキルや仕事量によります。副業Webライターは、文字単価で報酬をもらうケースが多いもの。1記事の文字数が多ければ、その分貰える報酬も高くなります。

文字単価が高ければ、文字数が少なくても高い報酬を得ることは可能です。しかし、文字単価を上げるには高いライティングスキルと実績が必要になります。最初のうちは文字単価0.1〜1円の記事を執筆することが多いでしょう。

文字単価はライターの経験や実績によって左右され、未経験者では0.1円から1円ほど、実績のあるライターでは文字単価が100円となることもあります。

実績の少ないうちからしっかり稼ぎたいのであれば、記事本数を多めに設定するしかありません。慣れないうちは時間や手間がかかると思いますが、実績が増えて文字単価を上げることができれば楽になっていくでしょう。

自分が書きたいように書くのはNG

Webライターは自分が書きたいように文章を書いてはいけません。「レギュレーション」と呼ばれるルールに従って記事を執筆します。

レギュレーションはWebサイトを管理する企業や個人によって異なるもの。企業の場合は以下のように細かくルールを定めています。

  • 数字は半角
  • 記号は全角
  • 外部リンクは「別タブで開く」
  • 文字数は〇〇字以上

自分の意見や感情をそのまま文章にするのは避けてください。執筆テーマに関する情報をわかりやすく簡潔に表現するのがWebライターの役割です。

SEOライティングも求められます。SEOライティングとは、Google検索で自分の記事を上位に表示させるための書き方です。キーワードを記事にたくさん盛り込んだり、読者が読みやすいように記事構成を設定するなど、さまざまなテクニックが存在します。

副業Webライターは、SEOライティングのルールに従って記事を書きます。

スケジュール管理が大変

Webライターはスケジュール管理が大変です。記事を依頼する側は、できるだけ多くの記事を書いてもらいたいと思っています。設定された納期までに提出しなければならないので、しっかりと時間を確保する必要があります。

毎日数時間を記事執筆に当てられる人は、納期が3日後なら1日30%を目標にするのがいいでしょう。逆に、毎日ではないが定休日は半日以上使えると言う方は、1、2日で一気に仕上げるのも良いでしょう。

副業Webライターは、決められた納期までに記事を提出できるように時間をやりくりしなければいけません。途中で、納期に間に合わないから調整して欲しい、という相談はできません。スケジュール管理をする力が問われます。

未経験が副業Webライターで稼ぐロードマップ

未経験でも副業Webライターで稼ぐことは可能です。しかし、以下でご紹介するコツを押さえなければ稼ぐのは難しいです。コツは4つあります。

  • スキルレベルを上げる
  • SEOを勉強する
  • 文字単価ばかり意識しない
  • 価値の提供が大切

スキルレベルを上げる

未経験者はスキルレベルを上げましょう。副業Webライターのメリットでご紹介したスキルのレベルを上げていき、良質な記事を書けるようになる必要があります。

副業Webライターがスキルレベルを上げるために、まずはディレクターからのフィードバックを大切にしましょう。ディレクターは副業Webライターが良質な記事を書けるように、執筆した記事に対してフィードバックをつけて修正を促します。最初のうちはフィードバックの量が多いですが、1つ1つ丁寧に吸収すれば、スキルは上がっていきます。

他の人の記事を読むことも効果的です。第三者として記事を読むと、読みづらい箇所や表現に気づきます。逆に、とても読みやすいと感じることもあるでしょう。

どのように書けば相手に分かりやすく伝わるのかを知る良い機会なので、おすすめの方法です。

プロに添削してもらおう
Webライターとしてのスキルを伸ばすなら、プロに添削してもらうのがおすすめです。web+(ウェブタス) Media Schoolでは、客観的な視点からあなたの記事をフィードバックしてくれます。

スキルを学びながら報酬を稼げるのもweb+Media Schoolのメリットです。Webライターとしてできるだけ早く稼げるようになりたい人こそ、web+Media Schoolのライティングコースを受講しましょう。まずは無料で資料請求してみてください。

\稼げるライターになるためのスキルが身につく/

SEOを勉強する

Webライターの副業では、SEOの勉強が必要不可欠。SEOは、Google検索で上位に表示させるための施策です。SEOを適切に行っていると、検索上位に表示しやすくなり、多くの人に記事を見てもらえます。

アフィリエイトや広告収入、自社メディアの宣伝にはSEOのスキルが欠かせません。記事を執筆するスキルと合わせて必ず勉強しましょう。ただ、SEOはある程度決まったルールがあるので、一度ルールを覚えてしまえば苦労することは少なくなります。

SEOを意識したライティングをして自分の記事を検索上位に表示できると、自分の実績としてスキルを示せます。副業Webライターとしてレベルアップしたいなら、SEOはしっかり学んでおきましょう。

独学でSEOを学ぶのは大変
SEOを独学で学ぶのは大変です。Webライター初心者は、何から手をつければ良いかわかりません。独学に時間を取られれば記事を執筆できず、いつまで経っても稼げるようにならないのです。

Webライターの副業で稼ぐなら、ライター講座を受講しましょう。SEO対策をはじめ、ユーザーに価値提供できる文章を書くための基礎を徹底的に学べます。効率良く副業で稼ぎたい人こそ、しっかり基礎を身につけるのがおすすめです。

\90分・全10回の基礎から学べるライティング講座!/

文字単価ばかり意識しない

文字単価ばかり意識してはいけません。駆け出しの副業Webライターは、文字単価が低いので、その分文字数を増やそうとしがちです。その結果、冗長な表現が増えてたくさん修正を行うことになります。

駆け出しのうちは、文字単価は気にせずに記事のクオリティを上げることとSEOライティングをすることを心がけるとよいです。スキルを上げるときの指標は、検索上位に記事が表示されているかを見るのがおすすめです。

検索上位に記事が表示されることが多くなったと感じたら、文字単価を上げることを考えましょう。ディレクターに文字単価の交渉をしてもよいですし、文字単価が高い案件に応募するのもありです。

Webライターは副業におすすめです。スキルレベルを高め、稼げるWebライターを目指しましょう。

価値の提供が大切

Webライターの副業は、価値の提供が大切です。契約しているクライアントに対して価値を提供することができれば、継続してお仕事をまかせてもらいやすいです。具体的な価値とは、例えば以下のようなものが上げられます。

  • 良質な記事を納品できる
  • 誤字脱字などケアレスミスをなくす
  • SEOライティングができる
  • 安定して検索上位に表示できる
  • 納期を守れる
  • こまめな連絡ができる

クライアントは、仕事ができる人材を常に探しています。副業Webライターは社員ではないので、必要ないと思われれば契約を切られる立場です。上のような価値を提供できるライターにならないと副業Webライターとして稼いで行くのは難しいでしょう。

良質な記事の判断基準
自分で書いた記事が良質かどうか判断するのは難しいもの。より良い文章に仕上げるため、文賢を使うのがおすすめ。客観的に見て、読みやすくわかりやすい文章に仕上げるようサポートしてくれます。

文賢は誤字脱字や日本語の誤用もチェックしてくれるツールです。細かいところまで徹底的に見直すことが、洗練された文章に仕上げるポイント。人間の目では見落としがちなミスも、文賢なら確実に見つけ出してくれます。

良質な記事を納品すれば、クライアントからの信頼度が高まります。結果として文字単価アップなどの成果につながるはず。長期契約にも結びつきやすいため、本気でWebライターの副業で稼ぎたい人は文賢を利用しましょう。

\未経験でも高品質な記事に仕上げるための必須ツール!/

副業で稼ぐためにおすすめのWebライティング講座

未経験者が副業のWebライターで稼ぐためにおすすめの講座は以下のとおりです。

  • ウェブフリ
  • あなたのライターキャリア講座

スキルを身につける必要があります。独学でライティングスキルを習得するのは困難

ウェブフリ

a121e58a5ecce5c208d6ecfec74ccd11 530x320 - 【未経験OK】Webライターの副業で稼ぐロードマップ

画像出典:ウェブフリ公式サイト

サービス名 ウェブフリ
特徴 フリーランスを育成するためのパーソナルトレーニング、未経験からSEOライティングスキルを習得
コース料金(税込) 495,000円〜
学習内容 SEOライティング、WordPress
受講期間 3ヶ月〜
公式サイト https://webfree-official.com/

※金額は税込

ウェブフリは、未経験から稼げるWebライターを目指すオンライン講座です。案件獲得から納品までの流れを学べるスクール。実践に近い形でスキルを習得できるのがメリットです。

5万〜20万円の収益を目標にしています。本業と並行しながらでも受講しやすいので、副業として稼ぐスキルを身につけるのにぴったりです。

口コミでの満足度が高く、多くの受講生が稼げるWebライターになりました。副業のWebライターで副収入を得たい人は、ウェブフリでスキルを習得しましょう。まずは無料カウンセリングで、目標や悩みを相談してみてください。

\まずは無料カウンセリングから!/

関連記事:ウェブフリの評判

あなたのライターキャリア講座

faefe8e3b9660f65564d1801a5f2ddeb 530x252 - 【未経験OK】Webライターの副業で稼ぐロードマップ

画像出典:あなたのライターキャリア講座公式サイト

副業のWebライターで稼ぎたい人には「あなたのライターキャリア講座」がおすすめです。ライターに必要な基礎知識を網羅的かつ体系的に学べます

サービス名 あなたのライターキャリア講座
特徴 Webライターに必要な思考力を磨く、プロによる全5回の添削、オンラインで受講、受講修了後もLINEによる学習支援あり
コース料金 49,800円〜
学習内容 MECE、ロジックツリー、SEOライティング
受講期間 全10回(1回90分)
公式サイト https://yosca.jp/school/career/

※金額は税込

あなたのライターキャリア講座は、Webライターに必要不可欠な4つの基礎的思考力「LOPREQ(ロプレック)」の向上を目指すライティング講座です。以下を重視し、ユーザー満足度の高い記事執筆を目指します。

  • LOGIC:論理の構築
  • PLOT:伝える順番の設計
  • REACTION:反応の予測
  • QUESTION:疑問の解消

プロのライター講師から徹底的にアドバイスをもらえるのがメリット。受講前より報酬が上がった受講生は数多くいます。

講義動画はアーカイブあり

講義は週1回ペース。本業などで忙しく講義に出席できない場合でも、録画を視聴できるので安心です。

第1回の講義から20日間は全額返金保証が付いています。自分に合わないと思えばすぐに辞められるので、損する心配はありません。

まずは無料で資料請求しましょう。不安なことがあればLINE・メール・ビデオチャットで質問できるため、気軽に始められます。

\90分・全10回の基礎から学べるライティング講座!/

副業Webライターの始め方

副業Webライターの始め方を紹介します。副業Webライターとしていきなり案件を受注するのは難しいので、以下の手順を踏んでから案件を受注するのがおすすめです。

  1. 個人ブログを開設
  2. 数記事書いてポートフォリオ作成
  3. クラウドソーシングに登録
  4. 案件に応募
  5. ライティング案件受注

①個人ブログを開設

まずは、個人ブログを開設しましょう。最終的に案件を受注するためには、記事を執筆した実績が必要です。個人ブログならば、自分の好きなように記事を執筆でき、記事をまとめて管理することができます。

個人ブログはWordPressで始めるのがおすすめです。副業Webライターは基本的にWordPressで記事を執筆するからです。

Web 上の43%のサイトが WordPress を使っています。個人ブログから大規模なニュースサイトまで用途はさまざまです。

Webサイトの43%がWordPressで作られています。WordPressで記事を書くことに慣れておけば受注できる業務範囲が広がるもの。収入アップが期待できるでしょう。

WordPressの始め方は簡単です。実績作りや記事執筆を練習するため、WordPressで個人ブログを開設しましょう。

②数記事書いてポートフォリオ作成

ブログを開設したら、ポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオは作品集のことです。副業Webライターは、個人ブログ上で執筆した記事がポートフォリオになります。

ポートフォリオを作成しておくと、お仕事を依頼する相手に自分のスキルレベルを知ってもらうことができます。副業Webライターは自分のポートフォリオを持って仕事を探す、と覚えておいてください。

執筆する記事の種類としては、自分の興味がある分野を書くのがおすすめです。できれば、副業Webライターとして長く執筆できる種類が良いです。

③クラウドソーシングに登録

ポートフォリオを作成した後は、クラウドソーシングに登録しましょう。クラウドソーシングは、インターネット上で案件を受発注できる場所です。登録するクラウドソーシングは以下3つがおすすめです。

他にもクラウドソーシングはありますが、上記3つに案件が集中しています。それぞれに登録しておきましょう。登録する際は、本人証明と秘密保持契約(NDA)を忘れずに結んでおいてください。発注する側に、より信頼感を与えることができます。

プロフィールもしっかりと書いておきましょう。プロフィールを書く際は、これまでの経歴や得意分野、副業Webライターの仕事を受注していることを伝えるようにしてください。

④案件に応募

クラウドソーシングに登録したら、案件に応募していきます。ライティングカテゴリーから副業案件を探しましょう。

dbb6dcbe7325c3202a17d1cb2e9f59c4 - 【未経験OK】Webライターの副業で稼ぐロードマップ

6905ca598a5acf8d3ea3a6184fcfd5b5 - 【未経験OK】Webライターの副業で稼ぐロードマップ

画像出典:ココナラ公式サイト

ココナラの場合は、上1枚目の画像のように、「仕事・相談を探す」→「ライティング・ネーミング」→「文章・記事の作成」をクリックしてください。すると、2枚目の画像のように、「文章・記事の作成」に関連した依頼の一覧を見ることができます。

応募したい依頼があれば、クリックすることで詳細の確認が可能です。提案する場合は、「提案する」ボタンから提案しましょう。

⑤ライティング案件受注

自分の提案をクライアントが採用すれば、案件受注となります。受注後は、クラウドソーシングのチャット機能を使ってメッセージをやりとりしてください。

案件によっては、SlackやChatworkなどの外部サービスを通じてやりとりを行う場合もあります。ココナラの場合は、外部サービスの使用が禁止されているので注意してください。

案件を受注できた後は、クライアントの指示に従って記事を執筆していきましょう。最初のうちは不明点が多いと思いますので、クライアントに確認しながら仕事を進めてください。

副業Webライター評判に関してよくある質問

副業Webライターに関してよくある質問と回答をまとめました。副業を始める前に疑問を解消しましょう。

  • 副業禁止されている会社でもWebライターはやっていい?
  • 未経験Webライターの収入目安はどのくらい?
  • Webライティングに必要なツールは?
  • スマホでも副業Webライターの仕事はできる?

副業禁止されている会社でもWebライターはやっていい?

副業を禁止されている会社の場合は、やめておいた方がよいでしょう。本業あっての副業なので、もしバレてしまうと本業に少なからず影響が出ます。コンプライアンスに厳しい会社であれば、解雇されるかもしれません。

何より、副業のお仕事を依頼してくれるクライアントに迷惑が掛かってしまいます。もし続けられなくなると、契約違反として対応される可能性もあります。

それでも副業Webライターをやりたいならば、転職を考えましょう。幸いにも、昔に比べて副業が可能な会社は増えています。副業Webライターを始める前に、生活基盤を整えることから始めてください。

未経験Webライターの収入目安はどのくらい?

未経験Webライターの収入目安は、1ヶ月で1〜5万円ほどです。未経験のうちは文字単価が低いので、これ以上を稼ぐのは副業としては難しいです。

例えば、文字単価が1円として1記事に10,000文字を執筆するとしたら、5記事書けば5万円になります。しかし、副業として作業できる時間は1日3時間ほどでしょうから、1記事に3〜4日はかかるでしょう。このペースで書ければ1ヶ月で10記事ですが、副業以外の時間も考慮すると、1週間に1記事が現実的なところです。

もちろん、文字単価を上げられればより少ない時間で稼ぐことが可能です。まずは継続的に記事を執筆し実績をつくることを目指しましょう。

Webライティングに必要なツールは?

Webライティングに最低限必要なツールは以下の4つです。

  • パソコン(ノート・デスクトップどちらでもOK)
  • コピペチェックツール
  • 校正ツール
  • 文字カウントツール

パソコンは必須ツールです。ノート型の方がどこでも作業できる利点があるのでおすすめですが、デスクトップでも問題ありません。

コピペチェックツールは、自分の記事にほかの記事からコピーしてきた内容がないかをチェックするツールです。コピペはライティングのルールではNG。ほかの記事を参考にした場合、最終チェックで使います。

校正ツールは、文章に入力ミスや誤った表現がないかをチェックしてくれるツールです。コピペチェックツール同様、記事を執筆後に最終確認として使いましょう。

文字カウントツールは、文字をカウントするツールです。競合記事に比べて文字数が少なくないかや1つの見出しに対して文字数が少なくないかを確認します。

ツール おすすめサイト
コピペチェックツール CopyContentDetector®
校正ツール 文賢Enno
文字カウントツール 文字数カウント

スマホでも副業Webライターの仕事はできる?

スマホで副業Webライターの仕事は難しいです。スマホでもキーボードを繋いで文字入力はできますが、画面サイズが小さいのでパソコンで見た場合のレイアウトが分かりません。

また、ライティングに必要なツールもスマホでは使いづらいです。ディレクターはライターがPCで作業をする前提で、エクセルファイルやドキュメントファイルを渡します。スマホだとファイル形式が対応していない場合があるので厳しいです。

副業Webライターを始める際にパソコンをもっていないならば、初期投資と思って購入しておきましょう。

未経験でも副業Webライターで稼げる

未経験でも副業Webライターとして稼ぐことは可能です。自分でライターの仕事を探すのが難しい方は、ランサーズやクラウドワークスに記事執筆の公開依頼がたくさんあります。

副業として稼ぐ場合は、本業に支障が出ないよう1ヶ月に書ける本数を決めておきましょう。コンスタントに執筆することでスキルアップ。より良い記事を書けるようになり、文字単価を上げる交渉もできます。

Webライターの副業は未経験でも挑戦できます。すぐに収益化を目指したい人は、ライティング講座でスキルを身につけるのがおすすめです。

\まずは無料カウンセリングから!/

関連記事:ウェブフリの評判

おすすめの記事