クレジットカードが無くてもブログやホームページが作れるレンタルサーバーを探していませんか?

この記事ではクレジットカードが無くても契約できるレンタルサーバーを比較し、対応している支払い方法についてまとめました。

HTMLやWordPressでブログやホームページ作りを考えているなら、ぜひ参考にしてください。

 
運営者情報
ken logo 100x100 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

WordPressなどのインターネットサービスを利用して、WEBメディア制作などを行っている、株式会社ドミニオン 代表取締役 河村健一です。

約10年くらいの経験と知識を用いて、おすすめできるサービスやWordPressの始め方をご紹介しています。

Twitterでは日々、SEOに関することや近況を発信していますので、是非こちらもチェックしてみてください!

Twitter:https://twitter.com/ken84620459

人気レンタルサーバーのエックスサーバーもクレジットカードなしで契約可能!

xservertop - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

エックスサーバーはクレジットカードが無い方でも契約できます。

契約画面上でも利用料金のお支払いに対し、どのような請求方法で支払うか選択する案内ページがあります。

ブログやホームページ開設のためにレンタルサーバーを契約したいなら、クレジットカードなしでも契約できるエックスサーバーのご利用をご検討ください。

エックスサーバーの契約も考えているが、どの料金プランを選んだら良い判断に迷う方は、次の項目で料金プランのご説明をします。

ぜひ参考にしてください。

料金表とおすすめプラン

まずエックスサーバーの料金とプラン内容をまとめた表をご覧ください。

X10 X20 X30
3ヶ月 1,320円/月 2,640円/月 5,280円/月
6ヶ月 1,210円/月 2,420円/月 4,840円/月
12ヶ月 1,100円/月 2,200円/月 4,400円/月
24ヶ月 1,045円/月 2,090円/月 4,180円/月
36ヶ月 990円/月 1,980円/月 3,960円/月
初期費用(※1) 3,300円or0円 3,300円or0円 3,300円or0円
転送量 900GB/日 1200GB/日 1500GB/日
容量(SSD) 300GB/SSD 400GB/SSD 500GB/SSD
永久無料ドメイン △(※2)

※1:12ヶ月以上の契約やキャンペーン時のみ0円あり

※2:キャンペーン時に無料の時あり

レンタルサーバーの契約をエックスサーバーで進めるなら、おすすめの契約プランはXを10一択です。

おすすめプランがX10一択な理由は、どのプランを選んだとしてもエックスサーバーで受けられるサービスの質に違いが無いからです。

エックスサーバーはX10、X20、X30、合計3つの料金プランが用意されています。

3つの料金プランで違う点は、

  1. 利用時の月額料金
  2. 最大容量
  3. 1日の最大転送量
  4. 利用可能な永久無料独自ドメインの種類

以上4つのみです。

4つの違いの中で「利用可能な永久無料独自ドメインの種類」は、法人利用以外のメリットが一切ありません。

エックスサーバーが提供しているサーバーの高速処理、自動バックアップ機能、365日24時間対応のメールサポート、独自ドメインの追加上限が無限の機能は、どのプランを選んでも等しく受けられます。

作るサイトの規模感とアクセス数が試算できている場合を除き、エックスサーバーの契約はX10一択で問題ありません。

対応の支払い方法

エックスサーバーの支払い方法は、こちらに表でまとめたのでご覧ください。

サービス名 対応
銀行振込 対応(※1)
ペイジー 対応
Paidy(翌月後払い) 対応
コンビニ払い セブンイレブン
ファミリーマート
ミニストップ
デイリーヤマザキ
ローソン
セイコーマート
クレジットカード払い VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス・カード

※1:振込手数料は自己負担

エックスサーバーの支払いでクレジットカード払い以外を利用するなら、最もおすすめしたいのは翌月後払いと自動更新に対応しているPaidyです。

Paidyの支払い方法3つあり、

  1. 口座振替(手数料:無料)
  2. コンビニ(手数料:税込み356円)
  3. 銀行振込(手数料:無料、振込手数料:自己負担)

以上の形式から選択します。

ガス代や電気代の支払いを忘れやすい自覚がある場合は、Paidyの口座振替で設定した銀行口座から自動引落に設定しましょう。

2番目におすすめの振込方法は、コンビニ支払いです。

エックスサーバーにログインして請求書を自分で発行する必要ですが、銀行振込と違い手数料が発生しません。

ネットバンクを開通させていない場合は、コンビニ払いで対応しましょう。

3番目におすすめの方法はペイジーです。

みずほ銀行のみずほダイレクト、ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクト、その他ネットバンクを利用している場合は、ネット上で振込ができるペイジーのご利用がおすすめです。

ペイジーを利用すれば通常の銀行振込と違い、手数料が掛かりません。

ただし自分で支払いの設定をする以上、どこかで支払い忘れを起こす可能性があります。

支払いを溜めやすい、忘れやすい場合はPaidyの口座振替でエックスサーバーの支払い契約を行いましょう。

支払い方法の変更手順

エックスサーバーの支払い方法の変更手順は簡単です。

エックスサーバーの管理画面にログインし、上部にある「料金支払い」を選択します。

xseversiharai1 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

料金支払いを選択すると、エックスサーバーで契約中のプランが表示されるので、チェックマークを付けましょう。

筆者はX10プランかつクレジットカードの引き落としを選択中で、毎月自動更新の設定です。

xseversiharai2 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

プランと契約レンタルサーバーに間違いがなければ、下へスクロールして契約期間の選択です。

xseversiharai3 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

契約期間は

  1. 3ヶ月:割引なし
  2. 6ヶ月:660円割引
  3. 12ヶ月:2,640円割引
  4. 24ヶ月:6,600円割引
  5. 36ヶ月:11,880円割引

となりますので、支払うなら最低でも12ヶ月以上のまとめ払いがおすすめです。

支払い期間を決めたら「支払方法を選択する」を押して、支払い方法を決めに行きましょう。

請求書に記述してある契約プラン・契約期間・金額に間違いが無ければ、支払い方法の選択に移ります。

xseversiharai4 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

それぞれで支払い方法の設定方法が違うため、Paidy、コンビニ払い、銀行振込、ペイジーの順番で画像と共にお伝えします。

Paidyで支払う方法

Paidyの横にある「○」にチェックマークをつけたら、「決済画面へ進む」を押してください。

xseversiharai5 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

自動更新の設定を行う場合は、空いているボックスにチェックマークを入れてください。

自動更新を行わないならチェックボックスは空いたままにし、「支払いをする」に進めばエックスサーバーから請求書が届きます。

コンビニ払い方法

Paidyと同じくコンビニ払いの部分にチェックを付けたら、「決済画面へ進む」を押しましょう。

xseversiharai6 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

進んだページで記入する項目は

  1. どのコンビニで払うか
  2. 苗字と名前
  3. 氏名(カナ)
  4. 電話番号
  5. メールアドレス

以上5つの記述です。

記述が完了したら「確認画面へ進む」を押してください。

支払い方法と契約の最終確認画面が出ますので、問題が無ければ決済を通してください。

xseversiharai7 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

支払いは各コンビニのレジに紙や画面を提示し、バーコードで読み取ってもらってください。

銀行振込の方法

銀行振込を選択して進むと、メールアドレス宛に支払いに関する情報が送られます。

xseversiharai8 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

「お支払いの手続きを行う」を選択すると、登録メールアドレス宛にエックスサーバーの振込情報が送られてきます。

そちらをネットバンク経由、ATM、銀行窓口で支払えば、契約完了です。

ペイジーの方法

最後にペイジー払いですが、途中までが銀行口座の記述と同じです。

進んだページで記入する項目は

  1. 苗字と名前
  2. 氏名(カナ)
  3. 電話番号
  4. メールアドレス

以上4つがペイジー支払いの記述で必要なので、間違い無く記述を進めましょう。

ペイジーの記述も問題が無く、契約の金額も間違いが無ければ「お支払い手続きを行う」を選択してください。

xseversiharai9 - クレジットカードなしでも契約できるおすすめレンタルサーバー5社を紹介!

支払いが完了したらエックスサーバーの支払い方法は固定されます。

改めて支払い方法を変更したい場合は、同じ手順で変更を行ってください。

クレジットカードなしで契約可能なレンタルサーバーを比較

各レンタルサーバーが対応している、クレジットカード払い以外の支払い方法を比較してみましょう。

各対応に関しては○とバツマークの2つで表示します。

エックスサーバー ロリポップ ConoHa WING mixhost さくらのレンタルサーバ
銀行振込
コンビニ払い × ×
ペイジー × × ×
Paidy × × ×
請求書払い × × × ×
口座振替 ○(※1) × × ×
プリペイドカード × × × ×
ポイントチャージ × × × ×
キャリア決済 × ○(※2) × × ×

※1:Paidy利用時のみ口座振替に対応

※2:キャリア決済はおさいぽ!決済のチャージによる対応

支払い方法の柔軟性は、

  1. さくらのレンタルサーバ
  2. エックスサーバー
  3. ロリポップ
  4. ConoHa WING
  5. mixhost

です。

自動更新を有効にしないと怖い方は、

  1. エックスサーバー:Paidy
  2. ロリポップ:おさいぽ!決済
  3. さくらのレンタルサーバ:口座振替

以上3つのレンタルサーバーで提供されている支払いを適用すれば、払い忘れの心配がありません。

各レンタルサーバーの料金比較表

次に各レンタルサーバーの料金比較表です。

料金比較をする基準は、最も安いプランでWordPressをインストールし、ブログやホームページの運営ができるプランです。

料金は12ヶ月一括契約した場合の表記です。

プラン 初期費用(税込) 料金(税込)
エックスサーバー X10 0円(※1) 13,200円
ConoHa WING WINGパック(スタンダード) 0円 10,728円
mixhost スタンダード 0円 12,936円
ロリポップ ライト 1,650円 3,960円
さくらのレンタルサーバ スタンダード 1,048円 5,238円

※1:キャンペーン時の場合を適用

WordPressを安い料金プランで使えるサービス会社を順番に並べると、

  1. ロリポップ
  2. さくらのレンタルサーバ
  3. ConoHa WING
  4. mixhost
  5. エックスサーバー

です。

WordPressを使うだけなら、ロリポップ・ライトプランの「初期費用+12ヶ月まとめ払いで5,610円」が最も安いコストで使えます。

次はレンタルサーバー5社の詳細な料金プラン、支払い方法の再まとめ、評判をお伝えします。

エックスサーバー(料金・支払い方法・評判)

エックスサーバーの料金プラン、容量、1日の転送量上限を表でまとめたので、ご覧ください。

X10 X20 X30
3ヶ月 1,320円/月 2,640円/月 5,280円/月
6ヶ月 1,210円/月 2,420円/月 4,840円/月
12ヶ月 1,100円/月 2,200円/月 4,400円/月
24ヶ月 1,045円/月 2,090円/月 4,180円/月
36ヶ月 990円/月 1,980円/月 3,960円/月
初期費用(※1) 3,300円or0円 3,300円or0円 3,300円or0円
転送量 900GB/日 1200GB/日 1500GB/日
容量(SSD) 300GB/SSD 400GB/SSD 500GB/SSD
永久無料独自ドメイン △(※2)

※1:12ヶ月以上の契約やキャンペーン時のみ0円あり

※2:キャンペーン時に無料の時あり

エックスサーバーのプランは個人、法人を問わずX10一択です。

料金が安いだけではなく、最大容量と転送量上限も十分な量が確保されています。

常時2,000人以上にサイトを閲覧されても、表示されなかったり落ちたりもしません。

エックスサーバーは一般的なブログ、ホームページ運営をするなら不自由なく使えるレンタルサーバーです。

支払い方法のまとめ

エックスサーバーの支払い方法は、こちらに表でまとめたのでご覧ください。

サービス名 対応
銀行振込 対応(※1)
ペイジー 対応
Paidy(翌月後払い) 対応
コンビニ払い セブンイレブン
ファミリーマート
ミニストップ
デイリーヤマザキ
ローソン
セイコーマート
クレジットカード払い VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス・カード

※1:振込手数料は自己負担

評判や口コミ

エックスサーバーの評判や口コミで最も触れられるのは料金面です。

料金が150円くらい安くなればという声もありました。

一方、エックスサーバーのサービス面とサーバースペックから考えれば、料金は良心的であるという意見もあります。

不満を持つ方のケースは、簡単なホームページを1つ持ちたい場合です。

満足する方のケースは、複数サイトやアフィリエイトを目的としたブログ、またはある程度のアクセスが見込める企業ホームページを作る場合です。

それ以外のカスタマーサポート、サーバースペックに関しては、不満の声はありません

総合的に見ればエックスサーバーは、安心して利用し続けられるレンタルサーバーです。

10日間の無料お試し期間もありますので、エックスサーバーの契約に進みたい場合は、こちらから公式サイトでお申し込みしてみてください。

ロリポップ(料金・支払い方法・評判)

ロリポップの各料金プラン、容量、転送量上限はこちらです。

エコノミー ライト スタンダード ハイスピード エンタープライズ
1ヶ月 110円 440円 660円 1,100円 2,530円
3ヶ月 110円 418円 660円 1,100円 2,530円
6ヶ月 110円 385円 550円 825円 2,200円
12ヶ月 110円 330円 550円 825円 2,200円
24ヶ月 110円 275円 550円 693円 2,200円
36ヶ月 110円 220円 550円 550円 2,200円
初期費用 1,650円 1,650円 1,650円 0円 3,300円
最大容量 20GB/SSD 160GB/SSD 200GB/SSD 320GB/SSD 1TB/SSD
転送量上限 200GB/日 500GB/日 700GB/日 900GB/日 1.2TB/日
永久無料独自ドメイン 無料あり

ロリポップの注意点は、最も安いエコノミープランはWordPressのインストールが不可能な点です。

WordPressを利用したい方は、ライトプラン、スタンダード、ハイスピード、エンタープライズから選びましょう。

ライト、スタンダードを選ぶ方は飲食店、個人事業主の方、フリーランスのイラストレーターのホームページにおすすめです。

アフィリエイトが主目的なら、ハイスピードプラン以上を選ぶのが妥当です。

支払い方法一覧

ロリポップの支払い方法は、こちらの表をご覧ください。

エックスサーバーの支払い方法は、こちらに表でまとめたのでご覧ください。

サービス名 対応
銀行振込 対応(※1)
おさいぽ!決済 対応
コンビニ払い(※2) セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
セイコーマート
クレジットカード払い VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス・カード

※1:振込手数料は自己負担

※2:事務手数料に165円必要

ロリポップの支払いで気をつけたいのは、原則デビットカードが利用できないことと、コンビニ支払いに事務手数料が掛かることです。

手数料不要にしたい場合は、おさいぽ!決済のご利用がおすすめです。

おさいぽ!決済はSuicaカードと同じチャージ式で、キャリア決済に対応しています。

auユーザー、ドコモユーザーの方でクレジットカード払い以外を利用したい方は、おさいぽ!決済で支払いましょう。

キャリア払いはポイント還元もあります。

還元されたポイントも再びおさいぽ!決済に使えるので、支払いに使うなら上手に利用していきましょう。

評判や口コミ

ロリポップで最も困ることは、上位プランから下位プランに変更を受け付けない点です。

ライトプランからスタンダードプランは変更できますが、ハイスピードプランからスタンダードプランは移行できません。

料金はできるだけ安く抑えたいのがユーザーとしての意見です。

それが抑えられないようになっている仕様は、あまり好ましくない状況でしょう。

一方、おさいぽ!決済を経由した、キャリア決済に対応している点は好評です。

レンタルサーバーの運営歴も長く安いプランでもWordPressを利用できるため、安心・信頼・安さで評価する方もいました。

趣味やWordPressの知識を身につけるためことを目的とするなら、ロリポップは最もおすすめできるレンタルサーバーです。

ロリポップも10日間の無料お試し体験がありますので、サーバーのスペックや速度の確認のため、気になるならお申し込みしてみてください。

ConoHa WING(料金・支払い方法・評判)

ConoHa WINGは料金プランは通常とWINGパックに分かれています。

まずは通常版の料金プランからお伝えします。

通常料金
通常プラン リザーブドプラン
ベーシック スタンダード プレミアム ベーシック スタンダード プレミアム
時間 2.2円/時 4.4円/時 8.8円/時 2.8円/時 5.5円/時 11円/時
1ヶ月 最大1,320円 最大2,640円 最大5,280円 最大1,650円 最大3,300円 最大6,600円
初期費用 0円 0円 0円 0円 0円 0円
最大容量 300GB/SSD 400GB/SSD 500GB/SSD 300GB/SSD 400GB/SSD 500GB/SSD
転送量上限 27.0TB/月 36.0TB/月 45.0TB/月 27.0TB/月 36.0TB/月 45.0TB/月
永久無料独自ドメイン 1個のみ

次にWINGパック適用時の料金をお伝えします。

WINGパック適用時
通常プラン リザーブドプラン
ベーシック スタンダード プレミアム ベーシック スタンダード プレミアム
3ヶ月 1,138円/月 2,530円/月 5,060円/月 1,540円/月 3,190円/月 6,380円/月
6ヶ月 1,034円/月 2,365円/月 4,730円/月 1,430円/月 3,025円/月 6,050円/月
12ヶ月 891円/月 2,145円/月 1,430円/月 1,320円/月 2,805円/月 5,610円/月
24ヶ月 842円/月 2,035円/月 3,025円/月 1,265円/月 2,695円/月 5,390円/月
36ヶ月 792円/月 1,925円/月 6,050円/月 1,210円/月 2,585円/月 5,170円/月
初期費用 0円 0円 0円 0円 0円 0円
最大容量 300GB/SSD 400GB/SSD 500GB/SSD 300GB/SSD 400GB/SSD 500GB/SSD
転送量上限 27.0TB/月 36.0TB/月 45.0TB/月 27.0TB/月 36.0TB/月 45.0TB/月
永久無料ドメイン 2個あり

通常料金とWINGパックの大きな違いは、料金割引と無料ドメインの贈呈量です。

WINGパックを利用すると契約期間に応じて最大40%割引が受けられ、さらに無料ドメインも2個に増えます。

ただしWINGパックは割引の都合上、全て一括払いになります。

レンタルサーバーを初めて利用する方には、難しい決断を迫られるサービス会社さんです。

WINGパックを申し込む場合は、初月無料期間を利用してサーバーの特性を知り、長く使えると納得できたら本契約へ進みましょう。

支払い方法一覧

ConoHa WINGの支払い方法は、こちらをご覧ください。

支払い方法 対応
クレジットカード払い VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス・カード
ダイナーズクラブカード
ConoHaチャージ クレジットカード決済
Amazon Pay
銀行決済(ペイジー)※
コンビニ払い※
PayPal
Alipay
ConoHaカード 対応

※:手数料に150円/件が必要

ConoHa WINGの支払いは多いように見えて少ないのが現状です。

クレジットカード払いが使えない場合、現実的な利用はペイジー、コンビニ払い、ConoHaカード払いです。

ConoHaカードは公式ページや販売店から購入するプリペイドカードです。

ペイジー、コンビニ払いにある手数料は不要ですが、購入までに少し時間が掛かります。

クレジットカードが無い場合は、主にConoHaチャージの利用になるでしょう。

評判や口コミ

ネックとなる部分は、料金や支払い方法です。

料金は基本まとめ払いが推奨されているかのように感じさせられ、支払いもクレジットカード払いを基準に考えられています。

一方、サーバーのスペック自体に不満点は無く、無料ドメインや初月無料のお試し期間が好評です。

WordPressを初めて導入する方には、契約時にインストール済みの状態で引き渡すサービスもあり、そちらも助かるという声がありました。

その他、企業サイトやブロガーが利用しており、短い運営歴ながら安心して使えることもユーザーから評価されています。

mixhost(料金・支払い方法・評判)

mixhostの各料金プラン、容量、転送量上限はこちらです。

スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
3ヶ月 1,518円/月 1,529円/月 3,069円/月 6,149円/月 12,309円/月
6ヶ月 1,298円/月 1,309円/月 2,629円/月 5,269円/月 10,549円/月
12ヶ月 1,078円/月 1,089円/月 2,189円/月 4,389円/月 8,789円/月
24ヶ月 1,023円/月 1,034円/月 4,389円/月 4,169円/月 8,349円/月
36ヶ月 968円/月 979円/月 8,789円/月 3,949円/月 7,909円/月
初期費用 0円 0円 0円 0円 0円
最大容量 250GB/SSD 350GB/SSD 450GB/SSD 550GB/SSD 650GB/SSD
転送量上限 18TB/月 24TB/月 30TB/月 36TB/月 42TB/月
永久無料独自ドメイン 12ヶ月以上の契約であり

mixhostはエックスサーバー、ConoHa WINGと近い料金プランです。

アダルトコンテンツを作るならmixhost、作らないならエックスサーバーかConoHa WINGです。

支払い方法一覧

支払い方法 対応
銀行振込 対応(※)
クレジットカード VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス・カード
ダイナーズクラブカード

※:手数料は自己負担

mixhostの支払い方法は柔軟性に欠けています。

銀行振込は常に手数料も掛かるため、mixhostを利用するなら楽天銀行も必ず開設しておきましょう。

クレジットカード払いの場合は、デビットカードやプリペイドカードの支払いも対応しています。

評判や口コミ

mixhosの評価に関しては、やや厳しい評判や口コミが多いです。

サーバースペックや料金面は妥当でも、対応や表示速度が遅かったり、料金の支払いに関して柔軟性が欠けている点が不評です。

事実、クレジットカードと銀行振込のみだと、ユーザーとしては不便さを感じます。

しかしmixhostの場合は、他のレンタルサーバーで禁止されている「アダルトコンテンツ」の利用許可があるのは大きいです。

アフィリエイト目的のアダルトや、成人向けイラストレーターさんのホームページ作りならmixhost一択です。

本命のレンタルサーバーを契約があり、サブ候補のレンタルサーバーを求める場合は、mixhostが第一候補に名乗り出るでしょう。

mixhostは30日間の返金保証がありますので、お試し体験をしたい場合は公式サイトから申し込むのがおすすめです。

さくらのレンタルサーバ(料金・支払い方法・評判)

ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージドHDD マネージドSSD
1ヶ月 131円/月 524円/月 1,571円/月 2,619円/月 4,714円/月 13,200円/月 19,800円/月
12ヶ月 1,571円/年 5,238円/年 15,714円/年 26,191円/年 47,143円/年 145,200円/年 217,800円/年
初期費用 1,048円 1,048円 1,048円 5,238円 5,238円 49,500円 60,500円
最大容量 10GB/HDD 100GB/HDD 200GB/HDD 300GB/HDD 500GB/HDD 700GB/HDD 360GB/SDD
転送量上限 200GB/日 700GB/日 800GB/日 900GB/日 1,000GB/日 1,000GB/日
永久無料独自ドメイン なし

さくらのレンタルサーバの料金プランはシンプルです。

利用料金の支払いですが、毎月払いか1年分まとめ払いの二択です。

毎月払いより1年まとめ払いのほうが1ヶ月分安くなるため、長期利用を考えているならまとめ払いを選択しましょう。

毎月払いを選択した場合は、初期費用+2ヶ月分の利用料金を支払い、3ヶ月目から毎月払いになります。

WordPressの利用を考えているなら、スタンダードプラン以上を選ぶようにしましょう。

比較対象は同じく安いプランでWordPressを始められるロリポップです。

ロリポップ・ライトプランの「初期費用+12ヶ月まとめ払いで5,610円」で、さくらのレンタルサーバのスタンダードプランは「初期費用+12ヶ月まとめ払いで6,286円」と678円も高いです。

さくらのレンタルサーバとロリポップで悩むなら、支払い方法の柔軟性と上位・下位プランに移動できるかを考慮して、利用を考えましょう。

支払い方法一覧

さくらのレンタルサーバの支払いは、とても多くのサービスに対応しています。

支払い方法 対応
銀行振込 対応(※)
請求書払い(コンビニ) 対応
請求書払い(LINEPay払い) 対応
ゆうちょ銀行・郵便局 対応
自動口座振替 対応
クレジットカード払い VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス・カード
ダイナーズクラブカード

※:振込手数料は自己負担

手数料でお得なのは、クレジットカード払い、自動口座振替の2つです。

請求書払いのLINEPay、コンビニ払い、ゆうちょ銀行・郵便局は、利用に330円の手数料が発生します。

マネージドサーバ契約の場合は請求書の手数料がありません。

しかし個人利用でマネージドサーバ契約は稀なので、クレジットカードが無い場合は自動口座振替のご利用がおすすめです。

評判や口コミ

さくらのレンタルサーバは長い運営歴からくる安心感支払い方法の柔軟性が高く評価されています。

アフィリエイト目的で利用したり、複数サイトを作る前提で運営したいケースでは、コストパフォーマンスが悩みの種です。

格安でホームページ運営ができるため、アフィリエイト以外でブログを持ちたい方から評判が良いです。

ロリポップと同様に趣味や個人事業主の小規模サイトに使うなら、さくらのレンタルサーバはとてもおすすめです。

さくらのレンタルサーバは2週間の無料お試し期間がありますので、気になる場合は公式サイトから申し込み、サイト表示速度などを体験して本契約を行いましょう。

クレジットカード以外での支払いに関する注意点

原則クレジットカード払い以外の支払い方法は、自動更新の設定が有効化ができない支払い方しかありません。

自動更新が無い場合で最も恐ろしいことは、支払いを忘れてサイト表示が止められることでしょう。

サイトが停止してしまうと、その間のアフィリエイトや広告収益が発生しません。

支払いに不安がある場合は、自動更新と同じシステムになる口座振替をご利用ください。

また振込手数料がある銀行振込や、手紙型の請求書払いの手数料も避けましょう。

手数料356円の支払い方法を12ヶ月続けたとしたら、4,272円も余分にお金を使っている計算になります。

4,272円に関してはエックスサーバーX10プランなら約3ヶ月分ロリポップのハイスピードプランなら約4ヶ月分の利用料金と同じです。

無駄なコストを減らすためにも、必ず振込手数料が無い銀行口座を作ったり、支払手数料が無い払い方を選択するのがおすすめです。

レンタルサーバーのクレジットカード支払いに関するQ&A

レンタルサーバーのクレジットカード払いは、共通の注意事項があります。

クレジットカードのQ&Aとして、全4つの項目にまとめたので参考にしてください。

自動更新をやめることはできる?

各レンタルサーバー毎に自動更新の設定は設けられているため、不要な場合はご自身で変更できます。

自動更新を止める時は別の支払い方法に設定が必要です。

別の支払い方法に自分が対応できるか調べてから設定しましょう。

デビットカードは利用できる?

デビットカードはクレジットカード払いと同じ対応です。

2つの違いは利用直後に銀行口座から引き落とされるか、翌月や翌々月にカード会社から請求が来て支払うかの違いです。

デビットカードなら自動更新の設定に対応できるため、所持している場合はご利用がおすすめです。

キャリア決済の利用はできる?

エックスサーバーやConoHa WINGはキャリア決済に対応していません。

キャリア決済に対応しているレンタルサーバーは、ロリポップサーバーのみです。

ロリポップはGMOのおさいぽ!決済があります。

おさいぽ!決済はチャージしてあるポイントで決済を通します。

イメージとしては交通機関ICカードのSuicaカードと同じ仕組みです。

おさいぽ!決済のチャージに対応している支払い方法は、

  1. クレジットカード決済
  2. 銀行振込
  3. コンビニ決済
  4. PayPal決済
  5. WebMoney決済
  6. auかんたん決済
  7. ドコモ払い

以上7つです。

残念ながらソフトバンクユーザーの方は利用できません。

おさいぽ!決済はロリポップサーバーの自動更新契約にも対応しているため、支払い忘れをしやすい方かつクレジットカード払い以外を求める場合はおすすめの方法です。

毎月支払いにできる?

基本は全てのレンタルサーバーで毎月支払いは対応しています。

ただし毎月払いの場合も支払い方法は、クレジットカードのみのケースが多いです。

銀行振込、ペイジー、コンビニ払いに対応していない場合は毎月払いにできません。

また毎月支払いの場合は、レンタルサーバー会社が提供しているまとめ払いの割引を受けられないケースがあります。

まとめ払いのほうが安くなる場合かつ長期利用が決まっているなら、自動引き落とし以外で毎月払いに変更するのは止めましょう。

まとめ

改めてまとめると、エックスサーバーを筆頭にクレジットカードを所持していなくても契約できるレンタルサーバーはあります。

支払いを忘れやすい場合や毎月の手続きが面倒と感じる場合は、

  1. エックスサーバー:Paidy
  2. ロリポップ:おさいぽ!決済
  3. さくらのレンタルサーバ:口座振替

以上3つのレンタルサーバーを利用すれば、利用料金を自動で引き落としてくれます。

その中でも長期に渡ってブログやホームページを作ったり、複数のサイトを運営する気があるならサービスとスペック面で優秀なエックスサーバーがおすすめです。

エックスサーバーは10日間の無料お試し期間や、お得な初期費用無料となるキャンペーンも開催しています。

ご利用をご検討している場合は下記ボタンからお申し込みください。

おすすめの記事