PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法
StockSnap / Pixabay

PHPはバックエンド(サーバー側)のシステムを組むためのプログラミング言語です。PerlやPython、Rubyなどバックエンドのプログラミング言語は他にもありますが、今は圧倒的にPHPがよく使われています。

13001f60ac756516466ee14ffe82da9c - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

画像出典:W3Techs

Q-Success社のW3Techsという調査サービスでは、2022年2月で77.7%のシェアを持っていると伝えています。人気な言語のため、プログラミング初心者はPHPの勉強を始める人が多いです。本記事では、PHPを独学で学ぶためのロードマップと勉強方法をご紹介します。

2022年最新!おすすめレンタルサーバー
wpxshin top - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法
2021年5月31日にリリースされた、エックスサーバーのシステムをベースにしたシン・レンタルサーバー!

月額料金がスタンダードプランで1,540円〜(税込)なので、コスパよく爆速なサイト運営が可能に!

管理画面はエックスサーバーと同じで使いやすくなっているので、これからサイト運営をする方にはおすすめです!

\ Twitterでも口コミ良好! /

PHPの独学は難しい?

PHPの独学は難しくありません。きちんとした計画を立てて勉強を継続すれば、実務で活躍するための基本を習得できます。独学する上でポイントを3つご紹介するので、参考にしてみてください。

  • 独学は不可能ではない
  • 習得期間の目安は3か月
  • 学習の順番を意識する

1つ1つご紹介します。

独学は不可能ではない

独学は不可能ではありません。最近では、PHPの動画教材や良質な本がたくさん出ています。独学する際は、それらをベースとして学んでいくことになります。

もちろん、独学で実務レベルのスキルは身につきません。実務をこなして初めて、仕事としてやり遂げられるレベルのスキルを身につけることができます。

ただ、実務レベルで求められるスキルは基本技術の応用です。独学で基本技術をしっかり定着させれば、実務レベルのスキルを求められたときでも焦ることはないでしょう。

独学でも実務レベルを身につけたいという方は、PHPを使って本格的なWebアプリケーションを作ってみることをおすすめします。インターネットで検索すれば、チュートリアル付きのWebアプリケーションの作り方が見つかるのでそちらを試してみてください。

習得期間の目安は3か月

PHPの習得期間の目安は3ヶ月です。3ヶ月間でPHPの基礎からWebアプリケーションを作るまでを学習します。

1日の勉強時間としては、学生なら5時間〜、社会人なら2,3時間〜が目安です。社会人の場合は、平日の勉強時間が少ないので、休日は最低7時間は必要です。

PHPの学習内容と時間の目安は以下のようになります。

  • PHP、プログラミング言語の概要 10時間
  • PHPの学習環境作成(XAMPPを使用) 2時間
  • 変数、関数、条件分岐などの理解 50時間
  • データベースの勉強 20時間
  • Webアプリケーションの作成 100時間

最初の1ヶ月でデータベースの勉強まで終わらせて、残りの2ヶ月でWebアプリケーションを作成します。Webアプリケーションを作り始めるまでの学習は知識がメインになるので、リズムよく進めましょう。Webアプリケーションの作成は、学んできたことを確認しながら、じっくり進めるのがおすすめです。

学習の順番を意識する

学習の順番も意識してみましょう。初心者が挫折しやすい理由として、自分が何をやっているのかがわからない、ということがあります。

例えば、PHPは何のために学ぶのか、どんな場面で活躍するのかなどを意識しながら勉強すると吸収率がまったく変わってきます。インターネットの記事でPHPがどのように使われているかを調べてみるのもよいでしょう。

おすすめは、HTML/ CSSを学んだあとPHPを学ぶという順番で学習することです。HTML/ CSSでフロントエンドの技術や仕組みを学び、PHPとどのように関わるのかを知りましょう。次のロードマップで詳細に解説します。

未経験者向けPHP独学のロードマップ

未経験者や初心者が独学でPHPを学ぶためのロードマップを解説します。ロードマップは以下6つのステップに分かれており、この順番で学べばしっかりとしたPHPの技術が身につきます。

  1. HTMLとCSSの勉強
  2. PHPで覚えるべきことを学ぶ
  3. PHPをインストール
  4. データベースの理解
  5. フレームワークの理解
  6. アプリ作成

1つずつ見ていきましょう。

①HTMLとCSSの勉強

まずは、HTMLとCSSの勉強から始めます。なぜいきなりPHPから勉強しないのかと言うと、HTMLとCSSを学んだ後の方が、PHPを効率よく学べるからです。

PHPを学ぶと言っても、PHPだけ学べば良いわけではありません。PHPはサーバーサイド言語であり、Webアプリケーションを作成するための処理の一部を担っています。ブラウザやデータベースとやりとりをするので、当然フロントエンドやデータベースの知識も必要です。

HTMLとCSSは初心者にとっては比較的勉強しやすいプログラミング言語です。Webアプリケーション全体を学ぶために始めに勉強することとして適しています。HTMLとCSSで書いたコードが画面に反映されるので動作確認がしやすく、挫折しにくいです。

②PHPで覚えるべきことを学ぶ

HTMLとCSSを学んだ後は、PHPで覚えるべきことを学びます。覚えるべきこととは具体的には以下を指します。

  • セミコロン「;」を使う
  • 画面出力はechoを使う
  • 条件分岐
  • 繰り返し処理
  • 変数と関数

なぜこの5つを最初に学ぶかと言うと、PHPの処理はこの5つの基本技術を何度も使い回すことで成り立っているからです。内容自体は難しいものではないので、まずはこういうものがあるんだと思っていただければOKです。

ただし、できればより深いところまで学んでおきましょう。例えば、変数ならデータ型の種類を全て把握しておいたり、関数なら頻出の関数を覚えておいたりなどです。アプリケーションを作成する段階で基礎をフル活用するので、覚えておくと後々楽になります。

③PHPをインストール

PHPの覚えるべきことを学んだ後は、実際にPHPをインストールして学習を進めましょう。PHPはサーバーサイド言語であるため、動かすための環境を用意しなければなりません。WebサーバにPHPをインストールすることがメインになりますが、初心者の方には少し難しいでしょう。

サーバーサイド言語は、サーバー側で処理を行うプログラミング言語です。PHPの他に、PerlやPython、Javaなどがあります。ちなみに、PC側で処理を行うプログラミング言語をフロントサイド言語と言います。

そこで、後述する「XAMPP」を使ってPHPの学習環境を整えるのがおすすめです。XAMPPならソフトをインターネット上から無料でダウンロードしPCにインストールできます。画面上でWebサーバの起動を行えるので、初心者でもつまずくことなくPHPの勉強を始められます。

④データベースの理解

PHPをインストールし学習環境を整えた後は、データベースを理解するための勉強をしましょう。データベースとはデータが1箇所に集まっている場所のことを言います。分かりやすいデータの例は、ユーザー情報です。みなさんが会員制のサイトに登録するときの個人情報は、データベースに保存されています。

PHPはデータベースにデータを追加したり取得したりすることが可能です。また、Webアプリケーションではデータベースは必ず使用するので、データベースの基本を理解しておいてください。

データベースを理解する上で、「SQL」というプログラミング言語も学ぶ必要があります。SQLでデータベースにデータを追加・取得するためのコードを書いていきます。SQLもHTMLやCSS同様に、基礎の理解に重点をおいて勉強してください。

⑤フレームワークの理解

次はフレームワークを理解しましょう。ここまで、HTML/CSSでフロントエンドを学び、PHPとデータベースでバックエンドを学びました。Webアプリケーションの仕組みも理解できたところで、実務で使われるフレームワークを学んでいきます。

フレームワークとは、プログラムを効率よく書くための仕組みです。PHPにもフレームワークがあり、「Laravel」や「Cake PHP」などが有名です。フレームワークを使うことで、PHPで書いた場合に何行にもなるコードを1行で済ませることができたりします。

PHPのフレームワークはLaravelが実務で使われることが多いです。迷ったらLaravelを学びましょう。

⑥アプリ作成

最後にWebアプリケーションを作成します。Webアプリケーションとは、データベースを使って様々なデータを登録したり、表示したりできるサービスのことです。有名なところではTwitterもWebアプリケーションです。

Webアプリケーションの規模としては、最初は小規模のものを作りましょう。簡単な掲示板サービスやTwitterを模倣した簡易版投稿サービスがおすすめです。

Webアプリケーションの作成は、①〜⑤までのステップと比べて難しいです。最低でも1ヶ月はかかるものと思って、根気強く作成しましょう。作成したWebアプリケーションは、自分の実績として就活や営業で公開することになります。GitHubを使って、ソースコードを保存しておくとよいです。

副業におすすめの言語

PHPはプログラミングの副業におすすめの言語です。独学でスキルを身につけたら、副業にも挑戦して副収入を手に入れましょう。

PHPの勉強方法

PHPの勉強方法をご紹介します。PHPの勉強方法は以下3つになります。

  • 学習アプリ・入門サイト
  • サンプルプログラムの模写

1つの方法で勉強するか、複数の方法を取り入れて勉強するかはあなた次第です。一番やりやすい方法で勉強してみてください。

1つ目は本です。独学の場合は、おそらく多くの人が本で勉強しているでしょう。本で独学すると次のようなメリットがあります。

  • 体系的に学びやすい
  • いつでも勉強できる
  • 自分の実力に合った内容を勉強できる
  • 情報の信頼性が高い

PHP関連の本はたくさん出版されています。特に初心者向けの本は、中級者や上級者向けに比べて圧倒的に多いです。まだ、PHPの本を見たことがない方は、書店に行って試し読みをしてみましょう。

また、本の場合だと内容の信頼性が限りなく高いです。プロのエンジニアが監修しているので、間違った情報はほぼありません。

欠点としては、情報が古くなると使えなくなるということです。PHPの場合は現在PHP8.xが主流となっています。8.x以下のバージョンで書かれている本は、すでに使われないか廃れていく内容が掲載されています。最新バージョンに対応した内容の本を買いましょう。

学習アプリ・入門サイト

2306458fbc6ef11f002ac660e1d1d4e2 - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

画像出典:ドットインストール公式サイト

2つ目は学習アプリ・入門サイトです。インターネット上で公開されている学習のためのアプリケーションやWebサイトで勉強します。有名なものだと、以下のような学習アプリ・入門サイトがあります。

どのサイトもプログラミングの基本を学ぶことができ、もちろんPHPも学習可能です。学習は主に動画教材を見ながら、自分のPCで手を動かして進めるスタイルです。初心者の方は、無料で公開されている動画だけでも十分PHPの基本を学べます。

初心者が挫折しにくいように、ランク制度や現在のスキルレベルを教えてくれる仕組みもあります。本で進める勉強方法が嫌いな方は、動画で楽しく学ぶとよいでしょう。

サンプルプログラムの模写

10f4fee7cc550bf9c3986d9cd03517b1 - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

画像出典:PHP公式リファレンス サンプル一覧

最後はサンプルプログラムの模写です。こちらは、サンプルプログラムを模写しながら勉強を進めていくスタイルです。本や動画教材と違って、実際にサンプルプログラムを書きながら内容を理解していきます。

サンプルプログラムは、PHP公式サイトのサンプル一覧を模写すると良いでしょう。PHPの公式サイトであるため、信頼性が保証されています。もし困ったときでも公式のリファレンス(説明書)を見て解決できるでしょう。

プロのエンジニアは、PHPのプログラミングでわからないことがあった場合に、公式のリファレンスをまず読みます。初心者のうちからエンジニアが実務で行う問題解決方法に慣れておくと、あとでとても楽になります。PHP公式サイトで学ぶことは、最も確実性の高い方法です。

API連携やWebアプリ作成など、PHPでできることは数多くあります。

PHPの勉強環境を整えるならXAMPPがおすすめ

af609cf29158368656c32963aa6a2373 - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

画像出典:XAMPP公式サイト

PHPを勉強するためには、PHPを使うための勉強環境を整えなければいけません。結論から言うと、PHPの勉強環境はXAMPPで整えるのがおすすめです。

XAMPPはPHPを動かすための環境を一括で整えてくれるアプリケーションです。PHPを動かすためにはPHPが使えるWebサーバが必要なのですが、初心者には難しいのでおすすめできません。XAMPPを使えば、自分のPC上にWebサーバを作ってくれるので難しい設定は必要ありません。

XAMPPのインストールから設定方法までをご説明します。

  1. XAMPPをダウンロードする
  2. XAMPPをPCにインストールする
  3. Webサーバを起動する

順を追って解説します。

①XAMPPをダウンロードする

まずはXAMPPをダウンロードします。XAMPPの公式サイトからデータをダウンロードしてください。

8ab748cba15e73e996bf0107f79265f5 - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

画像出典:XAMPP公式サイト

お使いのPCのOSに合ったものをクリックしてダウンロードします。ほとんどの方が、OS X(Mac)かWindowsを選ぶことになると思います。異なるOSのデータをダウンロードしてもインストールに失敗するので、まずは自分のPCのOSが何なのかを調べておきましょう。

②XAMPPをPCにインストールする

ダウンロードしたファイルを開くと、XAMPPをPCにインストールするための画面が開きます。特に変更する設定はないので、「next」を押し続けるとインストールが完了します。 Macの場合はダウンロードしたファイルを開くと下の画面が開くので、アイコンをダブルクリックするとインストール可能です。

17a495b2d2851f64456efbe316f21547 - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

アイコン上でダブルクリックを押すと、インストールが始まります。以後は、XAMPPのアイコンをダブルクリックしてXAMPPを起動します。

③Webサーバを起動する

PHPでプログラミングする際は、Webサーバを起動しておかなければなりません。XAMPPを開くと設定画面が表示されるので、「general」タブの「start」を押してXAMPPを起動します。

次に「Services」タブで「Apache」と「MySQL」を「start」を押して起動させましょう。それぞれ緑のマークが付いていれば起動しています。

※MacPCの場合の説明です。WindowsPCの場合は、若干異なります。

これで、XAMPPの初期設定は完了です。以後は、XAMPPアプリケーションの中の「htdocs」というフォルダにphpファイルを作成していきます。作成したphpファイルは、ブラウザに「http://localhost/test.php」のようにURLを入力すると表示されます。

PHPを独学で学ぶメリット

PHPを独学で学ぶメリットは以下の3つです。

  • 需要がある
  • 実務ですぐに使える
  • 初心者でも学びやすい

PHPを学び始める前にメリットを理解しておけば、挫折しにくくなります。丁寧に確認してみましょう。

需要がある

PHPは需要のあるプログラミング言語です。世界中で人気があるため、多くのWebサービスのサーバーサイド言語として採用されています。

a32849b3f59392cd8b62bd471de32b87 - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

画像出典:doda公式サイト

転職サイト「doda」では、PHPの求人が3,383件ヒットしました。一方、同じサーバーサイド言語であるPerlの場合は、432件でした。PHPがまだまだ需要のあるプログラミング言語であることが分かります。

転職の場合は、PHPの技術はもちろん、Webアプリケーションを作るための知識も必要になります。初心者の場合は、実務経験でアピールできません。自作したWebアプリケーションをポートフォリオとして見せることで、他者との差別化を図っていきましょう。

実務ですぐに使える

PHPは先述したように、高い需要があるプログラミング言語です。そのため、ほとんどの会社、案件でPHPを使えます。もちろん、PHPをサーバーサイド言語として選択しない会社もありますが、本質はPHPと同じです。別のプログラミング言語でもすぐに習得できるでしょう。

実務で使うための技術としてPHPをもっておけば、いずれかのプロジェクトや案件で活躍できます。他のプログラミング言語よりも簡単に処理が書けるので、実務レベルのスキルもすぐに習得できます。

また、フリーランスや副業で仕事をしていきたい場合は、PHPを習得しておくと仕事に困りません。高単価の仕事もたくさんあるので、実績を積めば年収を上げていくこともできます。

初心者でも学びやすい

PHPは初心者でも学びやすいプログラミング言語です。なぜかというと、PHPはスクリプト言語と呼ばれるプログラミング言語であり、気軽に処理を実行できるからです。

例えば、同じサーバーサイド言語のJavaはコンパイル言語と呼ばれ、実行前にコンパイルという作業を行います。また、PHPに比べて、同じ処理を行うときでも複雑なコードを書く必要があります。

初心者の方は、できるだけ簡単にプログラミング学習を進めていくのが、挫折しないポイントです。その点、PHPはサーバーサイド言語の中で最も初心者が学ぶのに適している言語と言えます。

PHPの独学は挫折することもある

PHPの独学は挫折することもあります。PHPに限らず、プログラミングの独学は一般的に挫折しやすいと言われています。

挫折しやすい原因は以下の通りです。

  • 強制力がない
  • 自分の現在地が分からない
  • 励ましあえる仲間がいない
  • 相談できる相手がいない
  • 進路が明確に分からない

以上の理由で、1人で勉強を続けることに限界を感じる人もいるでしょう。そのような方には、プログラミングスクールがおすすめです。プログラミングスクールに通うことで、上記の問題をすべて解決できます。

独学と違って、入校料や授業料は数十万円かかってしまいます。しかし、将来的に考えれば、数十万円で一生使えるプログラミングスキルを習得可能です。独学が厳しい方は、プログラミングスクールに通うことが一番の解決策です。

PHPを学べるおすすめのプログラミングスクール

PHPを学べるおすすめのプログラミングスクールをご紹介します。今回ご紹介するスクールは以下3つです。

  • CodeCamp
  • TechAchademy
  • プログラマカレッジ

ご紹介する中で、自分の勉強方法に合ったスクールを探してみてください。

CodeCamp

36c83be989db330dbe1575afd77725c2 - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

画像出典:CodeCamp公式サイト

「CodeCamp」は完全オンラインのマンツーマンレッスンを提供する、大手のプログラミングスクールです。2012年よりサービスを開始しており、公式サイトによれば、現在までに50,000名以上の受講者数の実績があるそうです。

PHPを学ぶならば、「Webマスターコース」を受講しましょう。本記事のロードマップで紹介したHTML/CSSやLaravalを学べるコースで、現役エンジニアによる個別指導が受けられます。

料金 入学金 受講期間
2ヶ月プラン 165,000円 33,000円 60日間
4ヶ月プラン 275,000円 33,000円 120日間
6ヶ月プラン 330,000円 33,000円 180日間

※料金、入学金は税込の価格です

プランは期間によって3つに分かれています。最大の6ヶ月プランで330,000円ですが、他社のプランよりも比較的抑えめな価格です。初心者の方で、できるだけお金をかけたくない方は、CodeCampがおすすめです。

オンラインで現役エンジニアから学べる

CodeCampの評判は?メリット・デメリットからおすすめのコースを紹介

TechAcademy

044876dfd5999682c5cfe88b7590ccf3 - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

画像出典:TechAcademy公式サイト

「TechAcademy」は完全オンラインのプログラミングスクールです。オンラインテキストで自習しつつ、不明点があればSlackで現役エンジニアのメンターに質問する形式です。

TechAcademyで学ぶならば、PHP/Laravelコースを選びましょう。HTML/CSSはもちろん、SQLやGitHubなど実務で必須のスキルも合わせて学習できます。

さらに、Laravelを使って、掲示板アプリやTwitterクローンなど初心者に最適なレベルのWebアプリケーションを作れます。

料金 受講期間 メンタリング
4週間プラン 社会人 174,900円
学生 163,900円
4週間 7回
8週間プラン 社会人 229,900円
学生 196,900円
8週間 15回
12週間プラン 社会人 284,900円
学生 229,900円
12週間 23回
16週間プラン 社会人 339,900円
学生 262,900円
16週間 31回

※料金は税込の価格です

※受講期間は、指定の期間が決まっているので詳しくは公式サイトをご覧ください

学生は社会人に比べて、割安で受講可能です。また、パーソナルメンターとメンタリングを繰り返すことで初心者でも挫折せずに勉強を進められます。自分の勉強方法に自信がない方は、充実したメンター制度が整っているTechAcademyがおすすめです。

挫折しにくいメンターサポートあり

TechAcademyのwordpressコースとは?評判やメリット・デメリットを比較しておすすめな方を紹介

プログラマカレッジ

f9bcc7f5a8cf0492be90bfa8444ab1ab - PHPの独学は難しい?未経験者向けロードマップと勉強方法

画像出典:プログラマカレッジ公式サイト

プログラマカレッジは、プログラマ就職を支援するプログラミングスクールです。プログラマ就職を専門としているので、実務で使う技術を無駄なく学ぶことができます。

コースとしては1つのみで、学べる技術は以下の通りです。

  • HTML
  • CSS
  • Java
  • PHP
  • Ruby
  • MySQL
  • Git GitHub
  • Bootstrap
  • JavaScript
  • jQuery

最終的には、上記の技術を使ってECサイトやWebアプリケーションを作成します。上記の技術を習得してWebアプリケーションを作れるようになれば、実務で戦力となるための基礎は身についています。

プログラマカレッジの最大の特徴としては、受講料が無料であることです。カリキュラムも全て無料です。ただし、就職先として紹介される会社はプログラマカレッジの提携会社であることは知っておきましょう。

受講料無料でプログラミングを学べる

PHPを独学で学ぼう

PHPは独学でも習得可能なプログラミング言語です。PHPを習得できれば、IT業界では仕事に困ることはありません。また、今後新たなプログラミング言語が主流となっても、PHPの基礎を土台として習得しやすいです。

昔に比べて、PHPを学ぶための環境は整っています。やる気と継続力があれば、IT会社への就職やフリーランスとして個人で仕事をすることも可能です。

今回の記事を参考に、PHPを独学で学んでみましょう!

おすすめの記事