オンラインショップ

ホームページ作成サービスのMakeShopとBASEはどちらを導入すべきでしょうか。運営コストやWebサイトのデザイン性など、特徴が大きく異なります。

この記事ではMakeShopとBASEを徹底的に比較します。

2022年最新!おすすめレンタルサーバー
wpxshin top - MakeShopとBaseを比較!メリットとデメリットと利用がおすすめな方を紹介
2021年5月31日にリリースされた、エックスサーバーのシステムをベースにしたシン・レンタルサーバー!

月額料金がスタンダードプランで1,540円〜(税込)なので、コスパよく爆速なサイト運営が可能に!

管理画面はエックスサーバーと同じで使いやすくなっているので、これからサイト運営をする方にはおすすめです!

\ Twitterでも口コミ良好! /

MakeShopとBASEを徹底比較!

MakeShopとBASEのメリット・デメリットを考慮した上で、それぞれの特徴を説明します。特徴は以下の3つです。

  • BASEは基本機能を無料で利用できる
  • MakeShopは集客を自動で行ってくれる
  • 機能性が豊富なのはMakeShop

MakeShopとBASEの特徴を理解した上で、自分に合ったネットショップを選びましょう。

BASEは基本機能を無料で利用できる

MakeShopとBASEの違いの一つ目は、BASEだと無料でネットショップを展開することができる点です。つまり、無料で自分自身のお店を持てるのがBASEです。

MakeShopは集客を自動で行ってくれる

違いの二つ目は、BASEだと自力で集客を行う必要がありますが、MakeShopだと自動で集客が可能な点です。ネットショップで大きく稼ぎたい場合、インフルエンサー以外ならば、BASEだと少し不利になるでしょう。

機能性が豊富なのはMakeShop

MakeShopとBASEとでは、機能性の多さが全く違います。BASEは月額利用料金が無料なことから、機能はある程度限られます。ですが、MakeShopであれば、651もの機能があり、多種多様に展開可能です。

651の機能には、例えば、以下のような機能があります。

  • オリジナルデザイン編集
  • 商品データのダウンロード、アップロード
  • ラッピング、のし、ギフト対応機能

この他にも、便利な機能がたくさんあります。詳細は公式サイトに掲載されているので、自分に必要な機能について確認してみましょう。

あわせてチェック

BASEとMakeShop以外にもホームページ作成サービスは複数あります。ほかのサービスも比較し、あなたが使いやすいものを導入しましょう。

MakeShopでネットショップを開設するメリット

ce5dee9689992b28910ad6ec1135f9d4 - MakeShopとBaseを比較!メリットとデメリットと利用がおすすめな方を紹介

画像出典:MakeShop公式サイト

MakeShopでネットショップを開設するメリットは以下の5つです。

  • 10年連続サービス利用流通総額No.1の実績
  • 売上手数料が0円
  • 業界No.1の651機能が利用できる
  • ECのプロから直接有益な情報を学べる
  • 長期利用で最大30%割引に

10年連続サービス利用流通総額No.1の実績

東証一部上場企業のGMOインターネットグループが運営しており、導入実績店舗数が22,000以上ある安心感があります。さらに、ASP業界でサービス利用流通総額が9年連続でNo.1の実績を持っています。

売上手数料が0円

また、売上手数料が0円のため、どんなにショップから製品が売れても手数料がかかりません。売上手数料が0円のネットショップはほとんどないので、MakeShopの強みと言えます。

業界No.1の651機能が利用できる

MakeShopでは、業界No.1の651機能が利用できます。例えば、以下のような機能があります。

  • 独自デザイン
  • 商品登録数10,000点
  • グループメール50万通
  • スマートフォン対応
  • テンプレート173種類

MakeShopの機能を使いこなすことができれば、ネットショップに必要な機能をすべて実装することができるでしょう。注意点としては、プランによって使えない機能があるということです。事前に公式サイトでチェックすることをおすすめします。

ECのプロから直接有益な情報を学べる

MakeShopは、セミナー、電話相談を定期的に行っています。ECのプロからネットショップで成功するためのコツやアドバイスをもらうことができます。成功者の有益な情報をもらえるので、かなり貴重でしょう。

カスタマーサービスやECアドバイザーなどが充実。MakeShopの評判でも、サポート力の高さに魅力を感じている人が多数います。

長期利用で最大30%割引に

さらに、MakeShopは長期利用特典として、月額利用料が最大で30%割引になるというメリットがあります。これにより、他社よりもお得に多機能のネットショップを活用することが可能です。

\ショップ売上高No.1!/

MakeShopでネットショップを開設するデメリット

MakeShopでネットショップを開設するデメリットは以下の3つです。

  • ランニングコストがかかってしまう
  • しっかりと戦略を立てて勉強しなければ成功できない
  • 無料体験期間が短い

それぞれ確認していきましょう。

ランニングコストがかかってしまう

MakeShopでネットショップを展開していく場合、どうしてもランニングコストがかかってしまいます。15日間は無料でトライアル利用することが可能ですが、それ以降は月額10,000円~かかってしまいます。ランニングコストを抑えたい人にはネックになるでしょう。

しっかりと戦略を立てて勉強しなければ成功できない

MakeShopに限らず、ネットショップで成功しようと思えば、かなりの勉強量が必要になります。以下の知識はネットショップを成功させるために必須になります。

  • SEOやSNSを利用した集客
  • 売上を高めるノウハウ
  • ECサイトを構築するためのHTML/CSSの基本知識
  • 決済方法
  • 受注してから発送までの流れ

特に、MakeShopだと機能性が豊富で使いこなすのが大変です。成功するためには努力することが大切なので、楽して稼ぎたい人には不向きです。

無料体験期間が短い

MakeShopだと無料お試し期間が15日間しかないため、1ヶ月無料で利用したいという方には短く感じてしまうでしょう。例えば、Shopifyであれば1ヶ月ほど無料で利用できますので、比較してみるのも良いでしょう。

BASEでネットショップを開設するメリット

121749a0c8e26eb77a87b5fb0e640030 - MakeShopとBaseを比較!メリットとデメリットと利用がおすすめな方を紹介

画像出典:BASE公式サイト

BASEでネットショップを開設するメリットは以下の3つです。

  • 無料でネットショップを開設できる
  • 専門的な知識がなくても大丈夫
  • 商品の追加が簡単で楽

無料でネットショップを開設できる

BASEを利用するメリットで一番嬉しいのは、無料でネットショップを開設することができる点です。ほとんどのネットショップの場合、ネットショップを展開していくのに月額料金がかかりますが、BASEは無料です。他社にない大きなアドバンテージといえます。

BASEの評判でも、コストをかけずホームページを制作できることに魅力を感じている人が多数います。

専門的な知識がなくても大丈夫

BASEには専門知識が不要というメリットもあります。

多くのネットショップではある程度専門知識が必要になりますが、BASEだと面倒な手続きや知識は不要です。ただし、成功するにはある程度の努力は必要になります。

商品の追加が簡単で楽

さらに、商品の追加方法がとても簡単で楽ということもあります。BASEの商品管理画面から容易に追加できるために、苦労することなく行えるのが特徴です。

\ネットショップ開設実績5年連続No.1!/

BASEでネットショップを開設するデメリット

6f93e7b4dc1f23446c684da6ddfb6654 - MakeShopとBaseを比較!メリットとデメリットと利用がおすすめな方を紹介

画像出典:BASE公式サイト デザイン

BASEでネットショップを開設するデメリットは以下の4つです。

  • 集客は自分自身で行なう必要がある
  • 無料テンプレートの数が少ない
  • わからないことは自分で調べる
  • 決済手数料がかかる

それぞれ見ていきましょう。

集客は自分自身で行なう必要がある

BASEでは、自身でSNSなどを使って集客していくことになるために、集客を他人任せにしたい人にはデメリットになります。SEO(検索エンジン上位表示対策)を意識したサイト作りであったり、自身でいろいろ営業していく必要があります。

無料テンプレートの数が少ない

BASEには無料テンプレートがいくつかありますが、種類が少ないのがデメリットです。そのために、もっと良いデザインにしたいという場合、有料テンプレートを購入することになるでしょう。結果的に、売り上げアップが期待できます。

わからないことは自分で調べる

サポートがほとんどないため、わからないことがあってもほとんど全てを自力で解決する必要があります。基本的な機能を無料で利用できる分、サポート体制が十分に整っていません。

決済手数料がかかる

MakeShopと異なり、BASEには決済手数料が3.6%+40円かかります。月額料金がない分この点で費用がかかるのが特徴です。

MakeShopがおすすめなのは実績豊富なネットショップを使いたい方

eabaa4e091e15fc4bde21a2544fed378 - MakeShopとBaseを比較!メリットとデメリットと利用がおすすめな方を紹介

画像出典:MakeShop公式サイト

MakeShopがおすすめできるのは以下のような人です。

  • 豊富なテンプレート、機能で勝負したい
  • 集客を自動で行ってくれるネットショップが良い
  • サポート体勢がしっかりとしているところを探している
  • 稼ぐためのノウハウが整っている
  • 実績が豊富で安心できるネットショップでしたい

上記のような人であれば、MakeShopは非常におすすめです。

MakeShopであれば、安心してネットショップを展開していけますし、機能性がかなり良いのも特徴の1つとしてあります。

MakeShopは自動的に集客を行ってくれるために、BASEより簡単に顧客を集めることができます。東証一部上場企業が運営していることもありサポート体勢も万全です。MakeShopは大きく稼ぎたい方に向いています。

\ショップ売上高No.1!/

BASEがおすすめなのは集客に自信がある方

BASEをおすすめできるのは下記のような人です。

  • 無料でネットショップを展開して自分のお店を持ちたい
  • 操作方法が簡単で専門知識がいらないサイトが良い
  • 自力で集客を行うことができる

以上のような方であれば、BASEはとても合っているでしょう。基本利用料金が完全無料なのがBASEです(その分決済手数料がかかります)。

初期費用をかけることなく自分のお店を持てるので、誰でも手軽にネットショップを展開していけるのがBASEになります。インフルエンサーのように、かなり知名度があって集客面は問題ないという場合、BASEで稼いでいくことは難しくないでしょう。

知識も不要なため、ネットショップ初心者でも問題ないのがBASEのメリットです。ただし、ウェブマーケティングの初心者が顧客を集客するのは、少し難易度が高いでしょう。初期費用をかけずに始めて、ウェブマーケティングを学びながら運営していきたい方にBASEは特におすすめです。

\ネットショップ開設実績5年連続No.1!/
おすすめの記事