ウェブサイト

どのホームページ作成ツールを使おうか迷われている方に、グーペ ・Jimdo・ペライチ・Wixの特徴や料金を比較しました。

筆者はどのサービスも利用したことがありますので、そちらの経験を踏まえてそれぞれのメリットやデメリットをお伝えし、利用がおすすめな方をご紹介します。

2022年最新!おすすめレンタルサーバー
wpxshin top - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?
2021年5月31日にリリースされた、エックスサーバーのシステムをベースにしたシン・レンタルサーバー!

月額料金がスタンダードプランで1,540円〜(税込)なので、コスパよく爆速なサイト運営が可能に!

管理画面はエックスサーバーと同じで使いやすくなっているので、これからサイト運営をする方にはおすすめです!

\ Twitterでも口コミ良好! /

グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixなどホームページ作成ツールの料金比較表

ツール(公式HP) プラン 初期費用 月額料金 年間料金 無料お試し期間
グーペ0 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ? エコノミー 3,300円 1,100円 16,500円 15日間
ライト 3,300円 1,650円 23,100円 15日間
スタンダード 3,300円 3,850円 49,500円 15日間
ジンドゥークリエイター Pro 0円 965円 11,580円 -
Business 0円 2,460円 29,520円 -
SEO Plus 0円 4,110円 49,320円 -
Platinum 0円 5,190円 62,280円 -
ジンドゥーAIビルダー Start 0円 990円 11,880円 -
Grow 0円 1,590円 19,080円 -
ペライチ0 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ? ライト 0円 1,078円 12,936円 30日間
レギュラー 0円 2,178円 26,136円 30日間
ビジネス 0円 3,278円 39,336円 30日間
Wix ドメイン接続 0円 550円 6,600円 -
ベーシック 0円 990円 11,880円 -
アドバンス 0円 1,430円 17,160円 -
VIP 0円 2,750円 33,000円 -

上記の料金比較表を確認すると、一見やすいのはWixのように見えますが、Wixには色々落とし穴があるので注意です。総合的に考えるとグーペが一番おすすめできるのですが、それぞれのメリットとデメリットの詳細をご紹介します。

グーペ(Goope)のメリットとデメリットと利用がおすすめな方

93da6136de7129716ba28441f4dcd18e 1 530x271 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

【公式サイト】https://goope.jp/

グーペは、上場企業のGMOペパボ株式会社が提供するホームページ作成サービスです。すでに10万人以上が利用しており、公式サイトにも掲載されているように、カフェ、サロン、保育園、ビジネス、マッサージ、レストランなど、様々な業態で利用されています。

グーペのメリットは初心者でも簡単におしゃれなホームページが作成できる点

グーペのメリットは、初心者でも簡単におしゃれなホームページを作れる点です。それ以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 無料お試し期間が15日間ある
  • 4,000種類以上のおしゃれなテンプレートがある
  • 月額1,100円〜低コストでサイトを運営することができる
  • お店の予約機能、メニュー作成機能、求人募集機能などがある
  • SNS連携機能がある
  • カレンダー、お問い合わせなどが最初から付いている
  • レンタルサーバー代が無料
  • 定期的に使い方などの無料セミナーがある
  • SEO対策ができる
  • 独自ドメインが使える

上記のように一般的なお店などのホームページを作るための機能が、最初から付いている点が特徴です。

グーペのデメリットはプランによって機能が制限される点

9b0522c8f8db654fd493a4e82dddfdbc 530x263 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

一方でデメリットは、エコノミープランでは以下のような機能が制限されている点です。

  • メルマガ機能
  • アクセス解析
  • お問い合わせフォームの項目編集機能
  • 二要素認証
  • 有料テンプレート使い放題

そのため、どのプランにするかは実際に無料お試し期間でグーペを利用してみてから決めるのがおすすめです。ただし、グーペは以下のように管理画面もみやすく、初心者でも使いやすくなっています。

edc12e47e855ddaecff5df89e932c0bd 530x342 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

エコノミープランであっても最初からフォトアルバムやカレンダー、フリーページやクーポン機能、ナビゲーションや店舗情報、スタッフ紹介や求人ページなどは付いていますので、まずはエコノミープランから始めてみるのも良いでしょう。

グーペの利用がおすすめな方

以上を踏まえるとグーペは以下のような方におすすめです。

  • ホームページ作成の初心者の方
  • おしゃれなホームページを作りたい方
  • 運営会社に安心感が欲しい方
  • 電話サポートが欲しい方
  • 飲食店、美容院、ネイルサロン、塾、事務所などを運営している方
  • 個人事業主やクリエイターの方

上記のような方は、まずは一度グーペの無料お試し期間を利用されてみてはいかがでしょうか。

ジンドゥー(Jimdo)のメリットとデメリットと利用がおすすめな方

9e7025adf2ce8ac8fb034ae3ee8fcafd 530x271 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

【公式サイト】https://www.jimdo.com/jp/

ジンドゥーには、作成アシスタント付きで初心者向けの「ジンドゥー AI ビルダー」と、ブログやショップ機能を搭載したコーディング可能な「ジンドゥークリエイター」の2つのホームページ作成プランがあります。ジンドゥーの主なメリットとデメリットをまとめると以下となります。

ジンドゥーのメリット

  • コーディング不要で、初心者でもホームページ作成が可能
  • レンタルサーバーの契約が不要
  • 有料プランの初回契約期間は独自ドメインが無料(ドメイン取得もジンドゥーで可能)
  • 有料プランは優先してサポートを受けられる
  • 操作や活用方法でわからないことがあれば、全国に約60箇所あるJimdoCafeに相談可能
  • 個人から中小企業まで、国内170万サイトがジンドゥーを利用中
  • 運営企業は安心のKDDIグループ
  • 公式運営のハウツーサイトで作り方を学べる

ジンドゥーのデメリット

  • 予約フォーム機能がない
  • 電話に夜サポートがない
  • ホームページデータのバックアップができない
  • ホームページにJimdoの文字が入ってしまう(あまりおしゃれではない)
  • 手抜きサイトのような印象を与えてしまう

上記を踏まえると、ジンドゥーは見た目よりもホームページ作成の簡単さなどを求める方におすすめです。

筆者個人的にはドメインが独自ドメインでない(jimdoの文字が入っている)と手抜きサイトのように思ってしまいますし、サイトにもjimdoが入っていると、かなりリテラシーがない方が作っているホームページだと感じてしまいます。このようなデメリットも受け入れられるのであれば、jimdoは以下のような方におすすめです。

ジンドゥーAIビルダーの利用がおすすめな方

  • ホームページ制作が初めての方
  • スマホだけでホームページを作成・運営したい方
  • とにかくホームページを持ちたい方

ジンドゥークリエイターの利用がおすすめな方

  • 具体的に作りたいホームページがある方
  • ホームページのデザインをカスタマイズしていきたい方
  • ブログも運用したい方

Jimdoの場合は無料プランがありますので、どんなものか実際にサイトで操作して見るのは良いかと思われます。

ペライチのメリットとデメリット

18bd9a370de51e9dcee7bc43719e4dfa 530x271 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?
【公式サイト】https://peraichi.com/

ペライチは、初心者でも簡単にホームページが作れるサービスです。

最初の30日間は無料で使えますので、どんなものか試しに使ってみるサービスとしては良いでしょう。登録ユーザー数も20万人を超えており、個人だけでなく法人にも多く利用されているサービスです。そんなペライチのメリットとデメリットをまとめると以下に集約されます。

ペライチのメリット

  • かなり簡単にランディングページを作れる

ペライチのデメリット

  • デザインがいまいち
  • コンテンツを増やし辛いためSEO対策がそこまでできない

ペライチの利用がおすすめな方はランディングページを作りたい方

要は、ペライチはランディングページを作りたい方におすすめです。

法人などで簡単にLPを作ってABテストを行いたい場合であったり、ちょっとしたページを作りたい方にはおすすめです。逆に言えば本格的なホームページを作りたい方や、サイトにコンテンツを増やしていきたい方にはおすすめできません。

SEO対策やしっかりとしたウェブサイトを作りたい方にはワードプレスがおすすめ

office 625892 640 530x352 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

コツコツとサイトにコンテンツを増やしていきたい方は、当サイトと同じようにワードプレスでサイト運営をされるのが一番おすすめです。

当サイトはレンタルサーバーのエックスサーバーに契約し、そこからワードプレスをインストールしてサイトを運営しています。ワードプレスでのサイト運営を行うにあたっては、ある程度のワードプレスやレンタルサーバーの知識、ウェブマーケティングのスキルなどが必要になってきますが、誰でも最初は初心者です。

コツコツとサイトを運営していくことで、徐々にアクセス数を集めることができ、サイトが成長していきます。当サイトの場合は、エックスサーバーのスタンダードプランを契約し、年間13,200円でサイトを運営しています。最初は難しく感じるかもしれませんが、エックスサーバーからワードプレスを簡単インストールして始めることができますので、慣れてしまえば簡単です。

しっかりとしたSEO対策(検索エンジン上位表示対策)を行い、サイトに集客をしたい人や、アクセス数を増加させたい方などには、ワードプレスでのサイト運営がおすすめです。

エックスサーバーの公式サイトへ0 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

エックスサーバーでワードプレスを始める方法はこちら

ウィックス(Wix)のメリットとデメリット

9153b7a64a4e5f31433941239d9be165 530x240 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

続いてWixもホームページを簡単に作れるツールです。ただし、Wixは上記のワードプレスなどと比べて、利用者数が圧倒的に少ないため、ネットにもあまり情報がない点が特徴です。

ウィックス(Wix)のメリット

  • 簡単にホームページを作れる

ウィックス(Wix)のメリット

  • あまりカッコ良いサイトが作れない
  • サイトにwixの文字が入ってしまう
  • 手抜きサイトのように見える
  • ネットにあまり情報がない

上記を踏まえると、正直筆者としてはあまりおすすめできるサービスではないと感じています。少なくとも筆者はwixでサイトを運営しようとはあまり思いません。。インターネットやパソコンが苦手な方には、ページキットの方がおすすめです。

パソコンが苦手!そんな超初心者の方にはPAGEKit(ページキット)がおすすめ

fe7b8e0b9de3e6c0d684586c92f517ad 530x268 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?
【公式サイト】https://www.p-kit.com/

主なホームページ作成ツールは上記になりますが、さらに超初心者向けのツールが良い方にはPAGEKit(ページキット)がおすすめです。

ページキットは上記のホームページ作成ツールよりも、さらに簡単にホームページが作れます。本当に3ステップでホームページが作れますので、とにかくこのような操作が苦手な方にはおすすめのツールです。PAGEKitの始め方は本当にとても簡単ですので最後にご紹介します。

まずはこちらからPAGEKitの公式サイトへに移動します。「30日間完全無料でお試し」ボタンをクリックすると、会社名を入力するページに進みます。

1. 会社名を入力

PageKit 1 530x350 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

こちらでまずは会社名を入力します。会社名はホームページのタイトルになります。

2. 業種を入力

580f891989ab735bb0cfd92e494a2f0a 530x484 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

こちらから「業種」を選択します。企業だけでなく、不動産や病院など様々な業種がありますので、該当するものを選択します。

3. デザインを選択

965aae056635da14f8a464ea714d7188 530x282 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

そうすると、かなりの数のデザインがありますので、そちらから好きなものを選んで見ます。

4. HPの完成を確認(プレビュー画面が表示)

a79c35894471a08802939908675eb63d 530x268 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

そうするとプレビュー画面が表示されます。こちらで完成イメージが異なる場合は、前の画面に戻って選択し直します。

5. 会社情報を入力して30日間無料お試しにお申込み

b6d8a52322e7fc5e43e6d08e5186381d 530x506 - 【徹底比較】グーペ・Jimdo・ペライチ・Wixの料金・メリット・デメリットは?初心者におすすめはどれ?

そして最後に、ユーザーIDやメールアドレス、パスワードや会社情報などを入力してお申し込みをすれば完了です。

PAGEKitはホームページを見ながら編集したい箇所をクリックして編集でき、メールサポートもあるため、超初心者向けのサービスです。若干デザインは他のホームページ作成ツールと比べると見劣りしますが、主な機能は全て揃っており、料金面でも他のサービスより高い訳でもありませんので、本当に超初心者の方は利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事