ウクライナ人道危機 日赤から国際赤十字に3億円の追加資金援助を実施 - PR TIMES|RBB TODAY

ウクライナ人道危機 日赤から国際赤十字に3億円の追加資金援助を実施

~引き続き、皆さまからの温かいご支援をお願いいたします~

日本赤十字社は、ウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国と、その他の国々における赤十字の救援活動を支援するため、国際赤十字・赤新月社連盟(連盟)、赤十字国際委員会(ICRC)の緊急救援アピール(資金援助要請)に対して、3億円の追加資金援助を実施しました。 連盟とICRCに1億5,000万円ずつ送金し、各地で赤十字の中立な人道支援活動に使用されます。これまで、日本赤十字社から連盟とICRCへ送金した合計額は50億2,000万円(連盟・ICRCともに25億1,000万円ずつ)にのぼります。(使途詳細は、下記「赤十字の活動実績」を参照。) 3月2日から受付を開始しました「ウクライナ人道危機救援金」は、現在も多くの皆さまからのご支援をいただいております。皆さまの継続的なご寄付の下、これまで同人道危機に対し50億円を超える国際赤十字への送金ができましたこと、心より感謝申し上げます。お寄せいただきましたご寄付は、これらも赤十字による現地の支援活動に迅速に生かしてまいります。





■日赤職員の活動状況
紛争が激化して以来、これまで日赤からウクライナ、モルドバ、ハンガリー、ポーランドに職員を派遣し、支援を継続してきました。今後も更なる支援の拡大を検討しています。



【 ウクライナ派遣職員】



大島 隆嗣  診療放射線技師
(日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院)

7月中旬、日赤はウクライナの仮設診療所での医療活動の補助のため、同国赤十字社へ可搬型のX線撮影装置を寄贈。
現地の放射線技師にその操作方法を指導するために、大島技師をウジュホロドへ派遣しました。


■日赤などの活動をまとめた動画の制作
紛争が激化してから6月までの日本赤十字社の活動やICRC、IFRCの活動を動画にまとめ、YouTubeに掲載しています。日本赤十字社の活動として、ウクライナ人道危機救援金の受け付け・送金、ウクライナ国内及び周辺国への職員の派遣について紹介しています。

【YouTube】
チャンネル名:JapaneseRedCrossPR
動画タイトル:【日本赤十字社】ウクライナ人道危機 ~紛争激化から5か月~ 日本赤十字社の活動
視聴URL:https://www.youtube.com/watch?v=HL_fSopteb4

■ウクライナ赤十字社の活動
紛争が激化して以来、ウクライナ赤十字社は国内183の支部に所属する500人の職員と8,000人以上のボランティアと共に最前線で支援活動を展開してきました。これまで約548万人の人々に支援を届けています。(7月14日現在)

活動概要



■連盟および周辺国の赤十字社の活動
連盟や、紛争の影響を受けている周辺国の赤十字社(ポーランド・ハンガリー・スロバキア・モルドバ・ルーマニア・ロシア・ベラルーシ)では、これまで114,000人以上のボランティアと共に避難民のニーズに沿った支援を拡大し、375万人へ届けました。(6月30日現在)
国際赤十字では、引き続き、状況とニーズに応じた支援を展開する予定です。

連盟の活動概要



周辺国の赤十字社の活動概要






日本赤十字社では「ウクライナ人道危機救援金」を、2022年9月30日まで受け付けております。
引き続き、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

受付期間: 2022年3月2日(水)~2022年9月30日(金)
詳   細: 日本赤十字社WEBサイト 
https://www.jrc.or.jp/contribute/help/ukraine/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top