【6/15(水)】オンラインセミナー「成功するマーケターが実践する”外注業者との取り組み例”」を開催 - PR TIMES|RBB TODAY

【6/15(水)】オンラインセミナー「成功するマーケターが実践する”外注業者との取り組み例”」を開催

 地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役会長CGO:荻原猛、以下ソウルドアウト)は、2022年6月15日(水)にオンラインセミナー「成功するマーケターが実践する”外注業者との取り組み例”」を開催いたします。 ▶お申し込みはこちら https://lp.kuroten.jp/20220615.html?fbclid=IwAR0RbYQs7lv4Ezk012xtL1GVuz4FjezYC23G7F4E2ijlvrCtUFyEkNQnGAY






背景

昨今のマーケティング需要の高まりにより、社内に一定のスキルやノウハウをお持ちの企業様は増えています。一方で、「Google以外の広告運用には手が回らない」「コンテンツ発信が成果につながらない」など、BtoBマーケティング組織のリソースや、スキルの課題は多く耳にします。コロナ禍によるリードタイムの長期化やCPAの高騰で、より課題が顕著になり「内製か、外注か」「外注ベンダーを使うならどのように社内と棲み分けし、活用するのが良いのか?」などと悩まれる企業様も少なくありません。

そこで、本ウェビナーでは、上流のマーケティング戦略から下流の配信コンテンツ設計までの「インハウスマーケティング」と「外注ベンダー」それぞれの特徴と使い分けを解説し、理想のインハウス運用体制や、外注の上手な活用方法など幅広くお話しします。


こんな方におすすめ

・BtoB事業のマーケティング担当者
・リードナーチャリング(顧客育成)を強化したい方
・社内のマーケティングリソースが足りていない企業
・マーケ戦略からチャネル、コンテンツなど幅広くキャッチアップしたい方


イベント概要





登壇者プロフィール



ソウルドアウト株式会社 マーケティングカンパニー 執行役員COO
浅見 剛
アパレルメーカーを経て、2008年に株式会社オプトへ入社。2010年に同グループよりソウルドアウト株式会社の立ち上げに参画。
営業、メディア、新規事業部門の本部長を歴任し、2021年4月より現職。


エキサイト株式会社 執行役員
大熊 勇樹
デザイン会社、ベンチャー企業での管理職を経て大手ITグループ企業の統括マネージャーを経験。
2017年株式会社ギブリーに社長室付入社。執行役員として新規事業開発、商材開発に携わり、WEB接客ツール【SYNALIO(シナリオ)】開発の指揮を取る。
2021年4月、当社に入社し、執行役員就任。SaaS事業部を管掌。


※ソウルドアウトとは
ソウルドアウトグループは、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長をデジタルマーケティング、ソフトウェア、メディア制作・運営、DXの領域で支援しています。全国に20の拠点を持ち、対面営業を重視する地域密着型で、地方中小企業の課題やその独自性を理解し、それぞれにマッチしたソリューションを提供。事業のスタートアップから既存事業のアクセラレートまで、テクノロジーを活用し、顧客の成長ステージに合わせた提案によって、日本全国の中小・ベンチャー企業が秘めている潜在能力を引き出し、寄り添うスタンスで共に挑戦しています。

公式Facebookにて最新情報を更新中!
https://www.facebook.com/SOLDOUTjp/
いいね!をしてフォローをしていただければ、ニュースや新しいコンテンツのお知らせが届きます。

※会社概要
■会社名:ソウルドアウト株式会社
■本社:〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル19F
■代表者:代表取締役会長CGO 荻原猛
■ホームページ:https://www.sold-out.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top