インティメート・マージャー、3rd Party Cookieに依存しない広告効果測定基盤の開発 - PR TIMES|RBB TODAY

インティメート・マージャー、3rd Party Cookieに依存しない広告効果測定基盤の開発

~第一弾はアフィリエイト広告効果計測機能を提供開始~

国内最大級パブリックDMPを提供するデータプラットフォームカンパニーの株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島 亮次、以下当社)は、Googleタグマネージャーの新しい機能のサーバーサイドGTMと連携することで、3rd party Cookieを活用せずにITP(Intelligent Tracking Prevention)環境下でアフィリエイト広告の効果計測できる機能を提供開始したことをお知らせします。




昨今、プラットフォームによるプライバシー対策が強化されており、GoogleはChromeでの3rd Party Cookieサポートを2023年に終了すると発表し、AppleはブラウザであるSafariのITP(Intelligent Tracking Prevention)アップデートにより3rd Party Cookieおよび1st Party Cookieの一部をブロックしました。これらのCookie規制の影響によって、従来のWeb広告の効果測定やターゲティングに利用できるオーディエンスデータ(行動履歴や興味関心など)の読み取りが困難になることでAd Tech領域は変化を要されている状況です。

このような背景を受けて、当社は基盤となるデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」やネットワークデータ環境の構築支援サービス「IM-CDP」をアップデートし続け、共通IDソリューション「IM-UID」や機械学習を活用したリアルタイムオーディエンス解析技術、メディア向けのデータ利用同意管理プラットフォーム「IM-CMP」など、3rd Party Cookieに依存しないサービスの提供を行ってまいりました。

これら基盤サービスや技術を活用し、2021年8月に3rd Party Cookieに依存しないターゲティング広告プラン「IMポストCookieアドネットワーク」の提供を開始しました。そして今回、Googleタグマネージャーの新しい機能のサーバーサイドGTMと連携することで、3rd party Cookieを活用せずにITP環境下でアフィリエイト広告の効果を計測できる機能を開発しました。この機能により、ITP規制の影響で困難になっていたアフィリエイト広告の効果計測が可能になり、企業は従来通りに無駄なくアフィリエイト広告を活用できます。なお、今後も、当社の成果報酬型ディスプレイ広告運用サービス「Performance DMP」の連携先を中心に、対応するアフィリエイトサービスを追加していく予定です。

当社は、消費者のプライバシーに配慮しつつ、DX時代の企業のプライバシーガバナンスへの対応を目指し、今後も”データとAI技術”を活用したプロダクト開発・マーケティングの支援を推進してまいります。

■インティメート・マージャーについて(https://corp.intimatemerger.com/
「世の中のさまざまな領域における、データを使った効率化」をミッションに掲げ、国内DMP市場導入シェアNo.1(※1)のデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」を保有するデータマーケティングカンパニー。約4.7億のオーディエンスデータ(※2)と高度な分析技術を掛け合わせたデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」の提供・構築支援、データ活用に関するコンサルティングサービスを提供しています。また、プライバシー保護に関する取り組みとして、一般社団法人 日本経済団体連合会が掲げる「個人データ適正利用経営宣言」に賛同しています。今後はSales TechやFin Tech、Privacy TechなどのX-Tech領域に事業を展開し「データビジネスのプロデューサー集団」を目指します。

※1出典元:「DataSign Webサービス調査レポート 2021.2」
※2一定期間内に計測された重複のないブラウザの数を示します。多くの場合、ブラウザの識別にはCookieが利用され、一定期間内に計測された重複のないCookieの数のことを示します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top