ラフール、アデコ社と提携。企業の組織課題特定と解決のためのサーベイツール「Adeccoエンゲージメントサーベイ」の提供を開始! - PR TIMES|RBB TODAY

ラフール、アデコ社と提携。企業の組織課題特定と解決のためのサーベイツール「Adeccoエンゲージメントサーベイ」の提供を開始!

変化ある環境下でも生産性高い組織づくりを

「個人が変われば、 組織が変わる」組織改善ツール『ラフールサーベイ』を提供する株式会社ラフール(本社:東京都中央区、代表取締役社長:結木啓太、代表取締役副社長:小梨明人、以下「ラフール」)は、人財サービスのグローバルリーダーであるAdecco Groupの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎)の人財派遣およびアウトソーシング事業のブランドであるAdecco(以下「Adecco」)と提携し、企業の組織課題特定と解決のためのサーベイツールである『Adeccoエンゲージメントサーベイ』の提供を開始しました。



企業として、多様な価値観を持つ社員の働き方やダイバーシティなどに対応するとともに、Withコロナ時代におけるニューノーマルな働き方が求められる中、経営陣や人事部門の課題は山積みです。HR総研が実施した「現在の採用・人材育成・配置・人材ポートフォリオに関する課題について」の調査※1 によると、組織が抱える人事課題として「次世代リーダー育成」が最も多く56%、次いで「マネジメントスキル向上」が42%、「新卒採用」が41%、「キャリア採用」が37%などとなっています。

そんな状況下だからこそ企業ができることはなにか。それはどんな状況であっても社員がパフォーマンス高く仕事ができる環境や制度を整え、企業の業績向上を支援することです。当社は「個人が変われば、組織が変わる」組織改善サーベイ『ラフールサーベイ』を通して、より多くの企業を組織の改善、業績向上へ導きたいという想いから事業を展開しております。

Adecco Groupは人財サービスのグローバルリーダーとして、仕事を通じて躍動する人財と、人財が躍動できる環境の創出により、社会へ変革をもたらすことを目指しています。

そこで双方のもつ強みを活かし、企業の組織課題特定と解決のためのサーベイツール『Adeccoエンゲージメントサーベイ』の提供を開始いたしました。

※1 出典:HR総研 人事の課題とキャリアに関する調査 結果報告【人事の課題編】


■ 『Adeccoエンゲージメントサーベイ』とは
『Adeccoエンゲージメントサーベイ』は、企業が組織の状態を把握し、人事をはじめとした組織における課題を特定することを目的としたサーベイツールです。「Adeccoエンゲージメントサーベイ」は、大学などの教育機関や精神科医、臨床心理士といった専門家の知見を取り入れた独自の調査項目によって網羅的にサーベイを行います。そして、その結果を約3,000社・18万人以上の社員のメンタルヘルスに関するデータベースを活用しながら多角的に分析することで、様々な組織課題を可視化することができます。

『Adeccoエンゲージメントサーベイ』Webページ
https://www.adecco.co.jp/client/service/hr-solution/engagement_survey


■『Adeccoエンゲージメントサーベイ』の特徴

特長1.:経営陣、人事担当者の負担が増えない仕組みを構築
HR Techの発展により、サービスやツールを導入した企業様も増えてきました。しかし一方で、「サービスを導入したものの、負担が増えてしまい課題対策に向き合えない」といった声を多く、『Adeccoエンゲージメントサーベイ』ではサービス導入時の設定や操作が簡単にできるように設計しています。また、徹底的なカスタマーサクセスのサポート体制も構築し、これまでシステムを導入したことのない企業でも簡単に運用できるようにしています。

特長2.:社員ひとりひとりが変わるためのマイページを用意
従来のサーベイツールでは、経営陣や担当者様が組織を変えるため、「組織の状態を可視化する」ことを重視したサービスが一般的です。一方、『Adeccoエンゲージメントサーベイ』では、従来の機能に加え、「働く個人が自身の意識変革につなげることができる」ため、サーベイを回答いただいた従業員様ご自身の結果を閲覧できるマイページなども用意しています。心身の健康状態やエンゲージメントなど、自⼰認知の向上やセ ルフケアの促進の一助となります。

特長3.:組織課題の要因特定から課題解決の施策をレコメンドする機能を搭載
『Adeccoエンゲージメントサーベイ』では、社員の状態を可視化するだけでなく、個人のメンタルやフィジカル状態が悪化している要因を分析する機能を搭載しています。また、課題に対しての施策をレコメンドするため、どのような施策を行うべきか思い悩む必要がありません。経営者や人事担当者が施策を行う上での工数を削減し、組織課題に直結した施策を実施することでコスト削減や業務効率の向上を実現します。


大きな外的要因により、働き方、組織のあり方が根本から見直される今、働く従業員様、企業を管理する立場の方々の不安を取り除くこと、そして変化ある環境下でも生産性高い組織づくりを行うということ、加えてご担当者様のご負担を少しでも軽くできれば幸いです。

当社では、今後も引き続き、お客様のご意見、ご要望を参考に、ご活用いただきやすいサービスにしていけるよう開発・運営を進め、『Adeccoエンゲージメントサーベイ』におけるサービス体験の向上に取り組むことで、組織の健康経営、従業員様の心身の健康促進をサポートしてまいります。


■ ラフールについて
・社名:株式会社ラフール
・本社所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-9-5 日進ビル7階
・設立:2011年11月30日
・代表者:代表取締役社長 結木啓太、代表取締役副社長 小梨明人
・事業内容:メンタルヘルステック事業(ラフールサーベイの開発・運営)、スリープテック事業、保育園事業
・URL:http://www.lafool.co.jp


■『ラフールサーベイ』について

企業の健康経営が注目されつつあり、企業で働く従業員様の心身の健康が重要視されています。『ラフールサーベイ』は人事施策の効果を定量化し、従業員、管理職、企業と立場の異なる人達が共通認識をもち、共通言語化できるサーベイツールです。従業員・管理職・企業の三方向から「行動変容」を促し、組織の改善、業績向上へ導きます。

最大の特長は、約3,000社の従業員18万人以上のメンタルヘルスデータから、大学や臨床心理⼠の知見を取り入れた独自の調査項目を従来のストレスチェックに加えることにより、多角的な分析ができる点です。組織エンゲージメント・ハラスメントリスク・離職リスクなども含めた包括的な診断が可能です。

■ アデコ株式会社について
アデコ株式会社は、世界60の国と地域で事業を展開する人財サービスのグローバルリーダー、The Adecco Group(アデコグループ)の日本法人です。コンサルテーションを通じ、働くすべての人々のキャリア形成を支援すると同時に、人財派遣、人財紹介、アウトソーシングをはじめ、企業の多岐にわたる業務を最適化するソリューションを提供します。Adecco Groupは、“Making the future work for everyone”をビジョンとして掲げ、すべての働く人々の未来の仕事を創造することを目指し、さらなるサービスの強化に取り組んでいます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top