【大人気セミナー動画を公開】なぜ93%もの技能実習生が、出国前にN4の社内模擬試験に合格できるのか?世界最高レベルと呼ばれるミャンマー・ユニティの日本語教育について徹底解説 - PR TIMES|RBB TODAY

【大人気セミナー動画を公開】なぜ93%もの技能実習生が、出国前にN4の社内模擬試験に合格できるのか?世界最高レベルと呼ばれるミャンマー・ユニティの日本語教育について徹底解説

大変ご好評いただいたセミナーの動画を、お申込みいただいた方限定で公開いたします!

ミャンマー政府認定No.1人材送り出し機関「ミャンマー・ユニティ」は、新型コロナ蔓延の当初からオンライン日本語教育を充実させ、監理団体様や受け入れ企業様に高い評価をいただいております。ミャンマーの歴史的教育背景から現在実施しているオンライン教育までをご説明している<監理団体向けセミナー>「ミャンマー・ユニティの日本語教育のすべて」を2022年1月19日(水)11時より開催しましたが、今回その録画動画の公開をいたします。





セミナーの録画視聴可能

大変ご好評いただいた前回のセミナーの動画を、お申込みいただいた方限定で公開いたします!ミャンマー・ユニティは新型コロナ蔓延の当初からオンライン日本語教育を充実させ、監理団体様や受け入れ企業様に高い評価をいただいております。ミャンマー・ユニティの日本語教育と、他の送り出し機関の教育はどこが違うのでしょうか?なぜ93%もの技能実習生が、ミャンマー出国前にN4の社内模擬試験に合格できるのでしょうか?世界最高レベルと呼ばれるミャンマー・ユニティの日本語教育についてを詳細にお応えしてしております。


セミナー内容

1.なぜミャンマーなのか?
2.ミャンマー・ユニティの技能実習送り出し実績
3.ミャンマー・ユニティが選ばれる理由
4.ミャンマーの歴史的教育背景と教育システム
5.ミャンマー・ユニティのオンライン教育とカリキュラムの紹介
6.UJLAC 日本語学校での日本語教育について
7.介護技能実習生への日本語教育について
8.ミャンマー人への日本語教育について~他国と比較して~
9.入国前技能実習生の日本語オンライン教育授業の見学動画
10.質疑応答


このような方々におすすめです!

・送り出し機関の日本語教育について不満がある
・受け入れた技能実習生の日本語レベルが低すぎて困っている
・送り出し機関の説明にウソや食い違いがあると思う
・日本で働くには、入国前の日本語教育が最も大切だと思う
・優れた日本語教育ができる送り出し機関と組みたい

▼セミナー録画視聴申し込みはこちら
https://www.myanmarunity.jp/pages/16672/


◆登壇者



ミャンマー・ユニティ 最高顧問
北中 彰

株式会社スリーイーホールディングス 代表取締役CEO、ミャンマー・ユニティ最高顧問 1960年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学卒業後、コンピューターサービス株式会社(現SCSK株式会社)に入社。のち1990年12月に株式会社オフィックス(現株式会社スリーイーホールディングス)を創業し、代表取締役就任。トナーカートリッジ、インクカートリッジにおける環境問題に着目し、カートリッジリサイクル事業のパイオニアとなる。
2012年よりミャンマーに進出。のち2013年5月ミャンマーに「ミャンマー・ユニティ」を設立し、最高顧問に就任。2019年12月にミャンマー国内での総送り出し人数No.1となり労働大臣より表彰を受ける。現在までに累計1381名の技能実習生を日本へ送り出している。現在では、ミャンマー有数の日本企業経営者として、日本の少子高齢化による人材不足問題に着目し、全国で技能実習や特定技能など外国人雇用に関する講演会および情報発信を精力的に行っている。
そのほか、3E Global Co.,Ltd Chairman、3E Yangon Co.,Ltd Chairman、株式会社サップ代表取締役、オフィネット・ドットコム株式会社代表取締役。
日本の言語・文化・ビジネス習慣に通じた質の高い外国人が、 日本のビジネス社会で最大限に活躍できる環境を整えることを目的として設立された一般社団法人外国人雇用協議会理事
「外国人活躍支援サミット2021」実行委員長



ミャンマー・ユニティ 事業責任者
大澤 夕子

大学卒業後、2001年に株式会社スリーイーホールディングスに入社。入社3年後、香港にて現地子会社を立ち上げ、貿易等のビジネスに従事する。2011年にはじめてミャンマーを訪問し、当時のミャンマー人の素晴らしい人柄と勤勉な国民性に惹かれ、2012年からミャンマーで事業を展開。のち2013年5月ミャンマーに「ミャンマー・ユニティ」を設立し、事業責任者に就任。ミャンマーの発展と日本への貢献のため、様々なビジネスやサービスの展開に尽力。現在はミャンマー・ユニティはじめ、スリーイーグループの海外事業全般を統括している。



ミャンマー・ユニティについて




会社名:ミャンマー・ユニティ(Myanmar Unity Co.,Ltd)
所在地:Unity Tower, YS 3, Kandawgyi Yeik Mon, No.137, Upper Pansoedan Road, Mingalar Taungnyunt Township, Yangon, Myanmar
代表者:代表取締役 チョー・ミン・トン
ライセンス:ミャンマー国政府公認送出ライセンス License No.54/2016
設立:2013年5月
資本金:5,500,000円

【日本駐在営業部】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-2-11渡東ビルディングアネックス303
MAIL:info@m-unity.com
TEL:03-5809-2216
FAX:050-5577-5664

会社HP:
https://www.myanmarunity.jp/


ミャンマー・ユニティは、今まで1381名(うち介護185名)の優秀な人材を日本企業へ送り出しており、ミャンマー政府より、2019年のミャンマーNo.1人材送り出し機関として表彰されました。ミャンマー・ユニティ運営の「UJLAC日本語学校」および「UKWTC介護学校」では、「1人ひとりを大切に」という教育ポリシーのもと、日本で働くために必要な“生きた日本語教育・日本の介護現場に通用する介護技術の習得”に力を入れた独自のカリキュラムを実施しています。これまで日本へ送り出した技能実習生の職種は、介護、建設、溶接、食品加工、金属加工など多岐にわたり、ミャンマー国民がひとつでも多くのことを学べる社会づくり、もっと多くのことを学びたいと思える環境づくりを創造していけるよう活動しています。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top