無人水上車両 (USV)の市場規模、2026年に10億3,800万米ドル到達予測 - PR TIMES|RBB TODAY

無人水上車両 (USV)の市場規模、2026年に10億3,800万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「無人水上艇 (USV) の世界市場 (~2026年):タイプ (遠隔操作型・自律型)・システム (推進力・ペイロード・コンポーネント・ソフトウェア・シャーシ素材・通信)・用途・船体タイプ・耐久時間・サイズ・速度・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を1月17日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1043180-unmanned-surface-vehicle-market-by-type-remotely.html




無人水上車両 (USV)の市場規模は、2021年の6億1,600万米ドルからCAGR11.0%で成長し、2026年には10億3,800万米ドルに達すると予測されています。北米地域は、新技術の導入や無人水上車両の需要の増加により、高い成長を遂げており投資も増加していることから、今後の同市場を支配すると思われます。

COVID-19の市場への影響

無人水上車両市場には、Lockheed Martin Corporation(米国)、Israel Aerospace Industries Ltd. (イスラエル)、Northrop Grumman Corporation (米国)、L3Harris Technologies, Inc. L3Harris Technologies(英国)、Textron Inc. (米国)、Rafael Advanced Defense Systems Ltd. (イスラエル)、ECA Group (米国) (イスラエル)、ECA Group(フランス)、Teledyne Technologies(米国)、Elbit Systems(イスラエル)などの大手企業が参加しています。

無人水上車両の研究開発は常に進化していますが、各国が防衛予算を削減していることが、この技術の成長の妨げになっている可能性があります。製造活動では、輸出入規制のために運用・運営活動が困難に直面しています。

牽引要因:水質モニタリングと海洋データマッピングの需要増加

無人水上車両には様々なセンサーが搭載されており、主に海洋調査やデータマッピングに使用されており、水質、温度、塩分、pH値、海流などを測定し、海洋のダイナミクスを理解するために使用されます。また、自律的に航行して水質に関する情報を収集し、陸上のオペレーターにリアルタイムで報告する事が出来ます。無人水上車両を使った水質検査は、特定の事象や場所をタイムリーに検査・捕捉することで、自然の変動を定量化して、モデリング作業を推進・校正する仕組みを提供するという点で、手動の採水技術に比べて優れています。また、高品質で高解像度の海洋データを収集することで、内陸および沖合での水路調査を可能にします。無人水上車両は、最大15ノットの風の中でも効果的に活動することができ、樹木、浮遊ノード、ブイ、ボート、カヌーなどの水中の障害物を検出することができます。そのため、水質モニタリングや海洋データのマッピングに使用するケースが増えており、無人水上機市場の成長を促進すると予想されています。

抑制要因:UVセキュリティなど低コストな代替品の存在

無人水上車両は、無人地上車(UGV)、無人航空機(UAV)、無人水中車(UUV)に比べて、製造コストが高いため、導入が限られています。また、製造総数も他の無人システムに比べて少ないのが現状です。無人水上車両のメーカーは、調達コストと運用コストの削減に注力していまが、石油・ガス探査や捜索・救助活動などの様々な用途で、小型UUVに徐々に取って代わられています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1043180-unmanned-surface-vehicle-market-by-type-remotely.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top