テーマは、フィックス・ワンカット!「ギャラリーN映画展」 - PR TIMES|RBB TODAY

テーマは、フィックス・ワンカット!「ギャラリーN映画展」

追加ゲスト決定&クラウドファンディング開始

 名古屋のアートギャラリー・ギャラリーN(名古屋市千種区鏡池通3-5-1、代表:二宮由利香)が、2022年4月、映画と現代アートが交わる新しい形の映画祭「ギャラリーN映画展」を開催。現在、上映作品の募集を開始しています。(公式HP:https://gallerynfilm.com/)


 第一回目となる2022年は、「フィックス・ワンカット」で撮られた短編作品がテーマ。
選ばれた作品は、ギャラリー内に設置されたモニターやプロジェクター、ブラウン管テレビなどで展示上映。来場者は、アート作品を鑑賞する感覚で応募作品を鑑賞します。




 2022年4月16日(土)には、名古屋のミニシアター・シネマスコーレで特別上映会も開催。ゲスト審査員として、映画監督・深田晃司氏(第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞『淵に立つ』など)にくわえ、新たに、『セノーテ』(監督:小田香)、『空に聞く』(監督:小森はるか)など、近年、気鋭の映画作家たちのプロデュースを担当している愛知県立美術館主任学芸員・越後谷卓司氏の来場が決定。グランプリ(賞金10万円)・準グランプリなどを決めます。




 また、クラウドファンディングもスタート。上映作品をオンラインで鑑賞できるコースをはじめ、ギャラリーNゆかりの作家たちが手掛けたアート作品つきのコースなど、7つのコースを用意。映画好きはもちろん、アートファンも要チェックです。
※詳細は、クラウドファンディング公式ページ(https://cf.gallerynfilm.com/) にて

【ギャラリーN 映画展 概要】


○開催期間:2022年4月2日(土)-4月17日(日)
・ギャラリー展示上映:2022年4月2日(土)-4月17日(日)
会場:ギャラリーN (名古屋市千種区鏡池通3-5-1)
・特別上映会:2022年4月16日(土)19:00-21:30予定
会場:シネマスコーレ(名古屋市中村区椿町8-12アートビル1F)

・公式ホームページ:https://gallerynfilm.com/
・公式YouTube 映画展PR動画:https://youtu.be/BwRZ4-neP-g


〇作品募集期間 2021年9月20日(月)~2022年1月30日(日)

〇募集内容
フィックス(固定カメラ)で撮影された1カットの実写映像作品
・作品の長さ:1分以上、15分以内 ※スタートからエンドクレジット等までを含む総尺
・応募資格: プロ・アマ問いません
・出品料:無料
※ストーリー性、ドラマ性のあるものが好ましい。
明確なストーリーがないものでも、映像表現として訴えかけるものがある作品は可。

 上映作品は一般公募します。プロ・アマ問わず、使用する機材に制約もなし。デジタル一眼カメラはもちろん、スマホで撮影してもOKです。「フィックス(固定カメラ)」「1カット」という制約の中から生まれたひらめきを映像にしてご応募ください。自分の作品を色んな人に広めたい、芸術作品としての映像を撮ってみたい、初めてだけど映像を撮ってみたい、なにより映画・芸術が好き、という方、大歓迎です。

〇応募方法
ギャラリーN映画展公式ホームページ(https://gallerynfilm.com/) <応募フォーム>よりエントリー
〇選考方法
審査の上、展示上映作品を決定。展示上映作品の公表は、2022年3月中旬を目途に、映画展HPなどで行う予定です。

〇審査員
映画監督・深田晃司(『本気のしるし〈劇場版〉』『淵に立つ』など)
愛知県立美術館主任学芸員・越後谷卓司(『セノーテ』『空に聞く』プロデュース担当)
ギャラリーN ・二宮拓也、ほか

〇クラウドファンディングについて
・クラウドファンディング実施期間 : 2021年10月31日(日)- 2022年1月8日(土)
※詳細は、クラウドファンディング公式ページ
https://cf.gallerynfilm.com/) にて

<galleryN概要>


名称:「ギャラリーN (gallery N)」 所在地: 名古屋市千種区鏡池通3-5-1
 gallery Nは日本のコンテンポラリーアートを世界に発信するギャラリーとして2008年に設立しました。 ギャラリーをコミュニケーションの場と考え、gallery Nに集う様々な人たちが作品や作家と直接触れ合える場を提供します。 設計はSUPPOSE DESIGN OFFICEの谷尻誠氏が行い、住宅とアートを結びつける建築物として注目を集めています。 gallery N ははこれから活躍する若い作家を中心に紹介し、鑑賞者と作家の活動をより多くの人に知っていただけるよう、 できるだけ作家自身の言葉で作品を紹介し、作家の活動の場を広げていきたいと考えています。


・公式ホームページ:https://www.f-g-n.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top