「トップフリーランスで、生きる。」実在のフリーランスを起用した広告キャンペーンが11月29日(月)から配信開始! - PR TIMES|RBB TODAY

「トップフリーランスで、生きる。」実在のフリーランスを起用した広告キャンペーンが11月29日(月)から配信開始!

個性や情熱を表現した新しい「証明写真」を通して、スキルを活かした働き方の多様性を訴える

完全審査制のフリーランス・副業プラットフォームを運営する株式会社ソレクティブ(本社:東京都品川区、代表取締役:岩井 エリカ)は、11月29日(月)より、3名の実在のフリーランスを起用した広告キャンペーンを行うことをお知らせ致します。本来、没個性的に撮影される「証明写真」をモチーフに、色やグラデーション、コピーを重ねることで、個性や情熱、彼らのプライドを表現。自分のスキルを生かして働く人や挑戦し続ける人たちの背中を後押しします。


Sollective は、即戦力となるトップフリーランスと企業を繋ぎ、アジャイルなチーム作りによってそれぞれの可能性を引き出す完全審査制プラットフォームです。フリーランスと企業がチームを組むことによって、優秀なフリーランスがビジネスを変えるようなインパクトを与えていく機会を作りだすことを目的としています。
この度、Sollective が信じる「フリーランスの力」を体現する3名の実在のフリーランスを起用した広告キャンペーンを実施します。

■本キャンペーンの注目点

モデルは、実際にエンジニア、デザイナー、ビジネスの領域で活躍するフリーランス。
本来、没個性的な「証明写真」に色やグラデーションで個性や情熱を表現した新しい「証明写真」を表現。
トップフリーランスのプライドと本音を表現した意思を込めたコピー。




■クリエイティブストーリー
”写真に重ねられた色は個性、色のグラデーションは情熱の温度。
写真はそれぞれ真っ直ぐ見つめた証明写真のようだが、そこにはこれまで磨いてきたスキルに自信を持つ個性と情熱が色やグラデーション、コピーとなって表れている。これは「証明写真の裏面」”

本来、青色をバックに没個性的に撮影される「証明写真」。しかし本当は、その裏にそれぞれの「個性」と「情熱」が隠れています。「個性」や「情熱」に向き合って、それぞれが最高の力を発揮できたなら、その先にはきっとより良い社会が待っている。そんな Sollective の思いを表現しました。
この広告キャンペーンに共感する方々がそれぞれのスキルを活かして活躍できる世界をSollectiveは目指します。

本キャンペーンは、Twitter 上で11月29日(月)から配信開始致します。

<クリエイティブチーム>
Art Direction:Tsutomu Sueyoshi
Copy:Aya Suzuki
Photo:Daisuke Ito(SIGNO)
Hair & Make:Chisato Kou
Producer:Kensuke Utsumi / Yui Imai

■会社概要
名称  :株式会社ソレクティブ(英語名 : Sollective K.K.)
所在地 :東京都品川区上大崎
代表者 :岩井エリカ
創業日 :2020年1月
事業内容:「Sollective」の企画・開発・運営・販売
URL  :http://www.sollective.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top