酪農DXを推進する新サービス「Farmnote Compass」を提供開始 - PR TIMES|RBB TODAY

酪農DXを推進する新サービス「Farmnote Compass」を提供開始

遠隔で専門性の高い経営分析が月額5,000円~

酪農デジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)のリーディングカンパニー、株式会社ファームノート(本社:北海道帯広市、代表取締役 下村 瑛史 以下、ファームノート)は、酪農家向けに獣医師などのプロフェッショナルが酪農経営上の課題を抽出し、解決策を提示するサービス「Farmnote Compass」の提供を本日から開始します。


Farmnote Compassについて

当社では、次世代の生産手法や予防を中心とした生産概念「アニマルライフケア(※1)」を提唱してまいりました。経済動物の快適性と経済性を両立させるには、疾病予防等の獣医療を手軽に受けられることと、収益性と再現性の高い酪農経営が必須となります。

「Farmnote Compass」は、クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」などから抽出した情報やデータに基づいて課題を抽出し、最適なPDCA(計画・実行・検証・行動)を回せる環境づくりをご支援するサービスです。

疾病予防や繁殖成績向上施策などの獣医療に必要な環境づくりを低価格で構築できます。実証実験にご参加いただいた生産者の中には、1年間で平均分娩間隔が25日間短縮できた方もいらっしゃいました。

生産者の皆さまの悩みに応え、持続可能な農業の実現に向け、営農指導をともに推進する事業者様(Compassソリューションパートナー)と共創してまいります。


Farmnote Compassを活用したソリューション提案について

「Farmnote Compass」は、主に300頭以下の生産者様に対し、飼料会社や動物医薬品メーカーなど、各業界の専門家の方々(Compassソリューションパートナー)と連携し、課題把握から対策提案までをカバーできるパートナー体制を新たに構築いたします。

2022年までにCompassソリューション・パートナー制度を確立し、生産者のあらゆる課題に対し総合的に解決策を提案できる体制を整えていきます。なお生産者への「Farmnote Compass」のご提供価格は月額5千円(初回無料)からです。2024年までに2,000件の生産者の皆さまにご利用いただくことを目指します。


Farmnote Compassの利用・提供について

Farmnote Compassは、Farmnote Cloud及びFarmnote Colorをご利用頂いていない方にもご提供可能です。ご利用にあたっては弊社営業もしくはCompassソリューションパートナー経由でお申し込み可能です。
Farmnote Compassは初回のみ無料提供を行います。(2021年12月末迄にお申し込み頂いた方が対象となります。)

ファームノートはIoT (※2)と最新の生産技術を駆使することで、高次元での酪農DXを推進していきます。酪農産業の生産性を底上げし「誰もが酪農を始められ、続けられる世界」を創るために貢献してまいります。

※1)アニマルライフケアとは、経済動物のライフサイクルをコントロールする人間の進化によって経済動物の快適性と経済性を両立させ、人間と動物双方の利益最大化を目指す取り組みです。
※2)従来インターネットに接続されていなかった様々なモノ(センサー機器、車、電子機器など)が、ネットワークを通じてサーバーやクラウドサービスに接続され、相互に情報交換をする仕組み。Internet of Thingsの略。


ファームノートについて

「世界の農業の頭脳を創る」をビジョンに、農業とインターネットを融合させることで競争力が高い農業を実現することで産業構造を変え、世界の食糧問題解決を目指しています。クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」と牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」等を展開しています。各種製品を約1,600生産者(有償ユーザー数)、契約頭数約32万頭(2021年8月時点、参考:日本の飼養頭数380万頭)の規模で提供しています。

本社:北海道帯広市公園東町1丁目3-14
代表: 代表取締役 下村 瑛史
設立: 2016年12月
URL:https://farmnote.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top