AI ビューティテック企業Revieveが日本におけるビジネス体制を拡大 - PR TIMES|RBB TODAY

AI ビューティテック企業Revieveが日本におけるビジネス体制を拡大

加藤 幹之氏と伊達 朗氏がアドバイザリーボードに就任


AIビューティプラットフォームを提供するRevieve Oy(所在地:フィンランドヘルシンキ、CEO&Co-Founder:Sampo Parkkinen、以下「Revieve」)は、日本における体制を拡大し、リテール企業、ブランド企業に対するサービス提供を推進していくことを目的とし、本日、加藤 幹之氏と伊達 朗氏をアドバイザリーボードに迎え入れましたことをお知らせします。今後、両氏のテクノロジー及び化粧品業界における技術的知見、ビジネスの知見を生かしRevieveが提供するSaaSプラットフォーム基盤(AIビューティプラットフォーム)の日本における展開、サービスの向上を図って参ります。

<Revieve Chairman ディーン・デビアスからのコメント>
「加藤氏のオープンイノベーションやテクノロジーに対する幅広い知見は、当社にとって大きな財産となるでしょう。また、伊達氏は化粧品業界において長く革新的な技術開発をリードしてきた実績があります。2人のリーダーを新たにエグゼクティブチームに迎えることを誇りに思います。Revieveは今後日本においてサービスを支える人材を強化し、弊社の技術とサービスを日本のクライアント企業様に提供していくことで、日本のビューティー及びヘルスケア業界のデジタルトランスフォーメーションに貢献して参ります。」


<両氏のプロフィール>
加藤 幹之:グローバルなオープンイノベーションの推進者であり、現在、株式会社エムケーネクストの代表取締役社長を務める。以前はXinova社とインテレクチュアル・ベンチャーズ社でEVP兼日本代表を務め、富士通では30年以上にわたり法律・知財部門の責任者、富士通米国マネージメントサービス社(シリコンバレー)会長兼CEOなど様々な役職を歴任。東京大学法学部とミシガン大学ロースクール(LL.M.)卒業。ニューヨーク州とワシントンDC弁護士。著書「Interface on Trial」「Interface on Trial 2.1」等。




伊達 郎:京都大学大学院医学研究科で博士号を取得した後、P&Gに20年間勤務し、基礎研究、製品開発、イノベーションデザイン、技術マーケティング、ブランディイング等に従事、国際的なブランドのビジネス構築,海外展開に貢献、その他、産学協同プロジェクト、多数の企業間とのオープンイノベーションプロジェクトを経験。 その後、ピエールファーブル・グループの副社長兼サイエンティフィック・メディカル・ディレクターを経て、現在は株式会社シーアイディビーテックのCEOを務める。京都大学大学院医学研究科修了。博士(工学)、医学修士、MPH、薬学士、薬剤師。




<Revieveについて>
Revieveは、自社開発した最先端のAI/ARテクノロジーを活用し、パーソナライズ・エクスペリエンスを提供するテクノロジー企業です。ブランド企業や小売業者をパートナーとして、独自のテクノロジーである「Revieve Health-Beauty-Wellness Platform」を通じて、スキンケア、コスメティックブランドのブランド体験を変革しています。
また、AIサンケア・アドバイザー、AIニュートリション・アドバイザーなど、健康・美容・ウェルネス業界のあらゆる側面を網羅した、信頼性の高いモジュールを開発し実装しています。Revieveは、資生堂EMEA&US、Ulta Beauty、A.S.Watson、No7を始めとする、健康、美容、ウェルネスにおけるトップブランド企業に対して世界中でサービス展開しています。

■Revieve 会社概要
会社名:Revieve Oy
代表者:Sampo Parkkinen
所在地:フィンランド Köydenpunojankatu 2 a D, 00180 Helsinki
コーポレートサイトURL:https://www.revieve.jp/

■Revieve及び本プレスリリースへのお問い合わせ
HP:https://www.revieve.jp/contact
TEL:03-4400-9612

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top