新聞広告の日プロジェクト「高齢者にこそ、最新のスマホサービスを。」 - PR TIMES|RBB TODAY

新聞広告の日プロジェクト「高齢者にこそ、最新のスマホサービスを。」

賛同企業4社の広告を本日朝刊に掲載

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:中村史郎)は、 本日「新聞広告の日(10月20日)」の朝刊に、賛同企業4社※の合同プロジェクトとして、高齢者のスマートフォンでのサービス(スマホサービス)利用を啓発する広告特集「高齢者にこそ、最新のスマホサービスを。」を掲載しました。 ※WED株式会社、株式会社タニタ、株式会社出前館、株式会社Mobility Technologiesの合計4社(五十音順)



本広告特集では、賛同企業の商品・サービスを、高齢者がスマートフォンを使って利用するシーンを紹介しています。その使い方までわかりやすく解説することで、スマホサービスによって高齢者が受けることのできるメリットを訴求します。
9月に「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」を目指す、とのメッセージとともにデジタル庁が発足するなど、社会全般にDXへの関心が高まっています。生活者においても、コロナ禍で行動が制限されるなか、デジタルの活用が加速化し、消費生活そのものが変化しています。
高齢者も、最新のスマホサービスを使いこなすことで、生活そして人生がより豊かになる。-そうしたメッセージをこめ、スマホサービスの価値を広く発信するために、本プロジェクトを立案しました。
高齢者層が社会の大きな割合を占める今の日本において、その行動は社会に大きな影響を与えます。高齢者が読者に多く、高齢者および社会の抱える課題の解決に向けたメッセージを発信するのに適した新聞広告は、DXを推進するうえでも大きな可能性を持ったメディアになると思います。

【プロジェクト概要】
名称:新聞広告の日プロジェクト「高齢者にこそ、最新のスマホサービスを。」
掲載日:2021年10月20日(水) 朝日新聞全国版朝刊
主催:朝日新聞社
企画:The Breakthrough Company GO
協賛:WED株式会社、株式会社タニタ、株式会社出前館、株式会社Mobility Technologies 計4社(五十音順)

【各企業の広告ビジュアル】
広告主 WED株式会社 
サービス名: レシート買取アプリ「ONE」

広告主 株式会社タニタ
サービス名: オンラインマルシェ「Sante! モール」

広告主 株式会社出前館
サービス名: 「出前館」

広告主 株式会社Mobility Technologies
サービス名: タクシーアプリ「GO」

【新聞広告の日プロジェクト「高齢者にこそ、最新のスマホサービスを。」 コピー】
人生は、
いつからでも変えられる。
あなたの指先で。


「スマホって難しそう」
そんな風に思っているかもしれません。
でもね、実は、おじいちゃん、おばあちゃんこそ、
最新のアプリやサービスを使いこなせば、
毎日の暮らしがもっと便利に、楽しくなるはず。
3人に1人は、高齢者になる時代。
3人に1人が、もっと明るい未来をその手に持っていると言える。
あなたの指先から、すべては動き始める。
世界だって簡単に変わる。
おじいちゃん、おばあちゃんにこそ、スマホで最新のサービスを。

【新聞広告の日】
一般社団法人日本新聞協会(東京都千代田区、会長:山口寿一)が1958年(昭和33年)、日ごろの広告出稿に感謝するとともに、新聞広告を広くPRする目的で、10月20日を「新聞広告の日」に制定。
一昨年は、「新聞広告の日プロジェクト 朝日新聞社×左ききのエレンPowered by JINS」と題して、話題沸騰中のWEB発マンガ「左ききのエレン」とコラボレーション。朝日新聞内の見開き2ページ(30段)をすべて漫画で掲載。ブレーン「読者が選ぶ広告グランプリ2019BEST5」を受賞。「第40回新聞広告賞 新聞社企画・マーケティング部門」で新聞広告賞を受賞。
昨年は、賛同企業6社との合同プロジェクトとして、「#広告しようぜ」プロジェクトを実施。6社の企業が、それぞれの企業活動に沿ったテーマの広告を募集。応募作品の中から選ばれた広告を、後日実際に朝日新聞にその企業の広告として掲載。


【WED株式会社について】
『消費の未来を追求する』をミッションに掲げ、累計利用者数約300万人のレシート買取アプリONEを開発・運営。スーパーやコンビニのレシートやオンラインショッピングの領収書データを1~10円で買取り、これまで収集したレシートは1億枚以上にのぼります。ONEでは"毎日のお買い物を楽しく・お得に"をコンセプトに、お買い物に関するニュースの配信やお得にお買い物ができるショッピング機能などのサービスも展開しています。

【オンラインマルシェSante!モールについて】
全国の生産者がそれぞれ自慢の食材を持ち寄る期間限定のオンラインマルシェ。それが「Sante!モール」です。タニタを中心とした実行委員会が、全国の生産者を応援しながら、各地から集まる様々な食材をお取り寄せ。バリアフリーの仕組みで、誰もが簡単に楽しめるショップです。また、独自の食オブザイヤーも実施。なじみ深いお米、お肉、日本酒、お取り寄せグルメ、スイーツの5つのカテゴリーを設け、利用者の投票などを基に、それぞれ2021年のナンバーワンを決めるコンテンツも用意しています。

【株式会社出前館について】
『出前館』は、アプリやサイトから簡単に注文でき、さまざまなシーンで活用可能な全国47都道府県に展開する国内最大級のデリバリーサービスです。2000年に開始以降、加盟店舗数は拡大し、現在80,000店舗以上になりました。フードデリバリーサービスとして始まった『出前館』は、昨今では日用品の配送など“ラストワンマイル”の領域までサービスを推し拡げ、進化し続けています。

【株式会社Mobility Technologiesについて】
Mobility Technologiesは「移動で人を幸せに。」をミッションに、No.1※タクシーアプリ「GO」や、事故削減支援を行う次世代AIドラレコサービス「DRIVE CHART」など、日本のモビリティ産業をアップデートする様々なITサービスの提供を行っています。
※App Annie調べ|タクシー配車関連アプリにおける日本国内ダウンロード数(iOS/Google Play合算値) 調査期間:2020年10月1日~2021年9月30日

企画:【The Breakthrough Company GOについて】
電通・博報堂より独立した三浦崇宏と福本龍馬によって設立。通常の広告・PR会社の領域を超えて、“事業クリエイティブ”を標榜。クリエイティビティを核に大企業の新規事業立ち上げから事業成長のサポートまで手がける。また、PR発想とクリエイティブを掛け合わせた、ニュースになるプロモーションを得意とする。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top