国際航業、2020年 ドバイ国際博覧会 日本館に高精度・リアルタイム位置測位環境を構築 - PR TIMES|RBB TODAY

国際航業、2020年 ドバイ国際博覧会 日本館に高精度・リアルタイム位置測位環境を構築

国際航業(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:土方 聡、以下「国際航業」)は、現在(開催期間2021年10月1日~2022年3月31日)アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで開催されている「2020年 ドバイ国際博覧会」に出展中の日本館において、来場者の位置情報を高精度・リアルタイムに取得できる測位環境を構築し、効果的な演出に向け技術協力を行っています。



日本館のテーマ「Where ideas meet アイディアの出会い」に沿って、日本館では様々なコンテンツを最新のテクノロジーで魅せる演出効果の高い展示空間を構築しています。来場者は各ゾーンを進みながら、「多様な出会いを大切にすることで、新しいアイディアが生まれ、交流し、未来がよりよい方向に変わりゆくこと」を分かり易く身をもって体感することができます。

演出の見どころの一つに、その日、その時、日本館に集まった来場者の行動がデータ化され、「クライマックスシーン」が形成されるというユニークな仕掛けがありますが、この演出は、来場者の位置情報を高精度かつリアルタイムに取得することが求められます。そのため、最新の技術ノウハウを持つ当社が位置測位環境を整えることに協力し、日本館の演出効果を一層高めることに貢献しています。

今回、以下の技術協力を行っています。
<技術協力>
Bluetooth(R)無線技術ベースで高精度・リアルタイム位置測位(最高10cm)に対応する測位システムQuuppa Intelligent Locating System™の性能を最大限に引き出せる位置・測位環境の導入コンサルティング、システム設計・設置・運営、およびアプリケーションと位置情報連携の開発支援。

<設置機器>
・Quuppaロケーター(電波送受信機):47基 ※館内に設置
・Quuppaタグ(電波送信機):1,000個 ※館内で来場者に貸与する観覧専用スマートフォンのストラップに装着して提供

高精度・リアルタイム位置測位Quuppa Intelligent Locating System™について、詳しくはこちら(https://biz.kkc.co.jp/software/lbs/quuppa/)をご覧ください。

当社は、Quuppa Intelligent Locating System™を提供するQuuppa Oy(本社:フィンランド、CEO:Kimmo Kalliola)に、国内で唯一「Premium Partner(プレミアムパートナー)」に認定された代理店(VAR※1)です。
※1 VAR:Value Added Resellerの略。付加価値再販売契約により、製品やサービスに機能を付加して再販する事業者のこと

当社は長年にわたり空間情報に関する技術と経験を活かして、これまでも製造、建設、物流や、商業施設、エンタテインメントなど、様々な事業分野のお客様の課題解決のために、高精度・リアルタイム屋内外位置測位システムに関するコンサルティング、システム設計・導入およびアプリケーションの提供や開発を支援してまいりました。今後も、お客様の課題分析から現場の運用まで、ワンストップでサービスを提供してまいります。

2020年 ドバイ国際博覧会について
・名称:2020年 ドバイ国際博覧会(Expo 2020 Dubai)
・会期:2021年10月1日~2022年3月31日
・開催地:アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ
・テーマ:「Connecting Minds, Creating the Future(心をつなぎ、未来を創る)」
・公式サイト:https://www.expo2020dubai.com

日本館について
・2020年 ドバイ国際博覧会 日本館公式ウェブサイト:https://expo2020-dubai.go.jp/ja/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top