【CreativePocket株式会社】ベビパシャが「BabyTech(R) Award Japan 2021」 認定マークを取得しました! - PR TIMES|RBB TODAY

【CreativePocket株式会社】ベビパシャが「BabyTech(R) Award Japan 2021」 認定マークを取得しました!

CreativePocket株式会社(東京都新宿区西新宿、代表:福田慎也)が開発を行っている、赤ちゃんの撮影に特化した商品「ベビパシャ」が「BabyTech(R) Award Japan 2021」記念と記録部門の一次審査を通過し「BabyTech(R) Award Japan 2021 Qualified 認定」を受けました。






『ベビパシャ』とは

赤ちゃんのハイハイ期・ずりばい期に特化し、赤ちゃんとママ・パパの子育て成長記録に特化した撮影デバイスです。現在、商品化に向け製品の開発を進めています。

【ベビパシャの特徴】

赤ちゃんと同じ目線で撮影ができる!
ベビパシャは機体の高さが赤ちゃんの目線に合わせて設計されています。
赤ちゃん目線で「赤ちゃんの表情」や「ママ・パパの子育て風景」を撮影することができます。

赤ちゃんのハイハイに合わせた速度で走行する!
ベビパシャの動くスピードを目安にしています。
赤ちゃんがじっとしている間は滑らかに、時には勢いよく動き、手が届かない程度の距離を維持して走行します。

柔らかさ愛着を感じるデザインでお家に馴染む形!
ベビパシャのプロダクトデザインは被写体となる赤ちゃんの柔らかさ、丸み、質感を参考に愛着を感じるデザインにしています。赤ちゃんにも優しい安全設計でどんなお家の中にも馴染む形にしています。

ベビパシャの商品紹介ページはこちら
▶︎https://memorico.jp/babypasha/





BabyTech(R) Award Japan 2021とは?




ベビーテック商品を表彰するコンテストです。
IoT・ICT技術で育児をより安全安心、効率化をもたらす商品・サービスをベビーテックと呼び、近年世界中で拡大を続けています。

日本でも、育児の記録、家族間情報共有、知育、母体と胎児の健康管理、保育事業者の従業員の管理などに有用であるとの評価のもと導入がはじまっています。昨年NHKで放送されたベビーテック特集では「2021年はベビーテック元年」と報道されるなど、関心が高まっているテクノロジー分野です。

一次審査通過商品の一覧はコチラ
▶︎https://babytech.jp/2021/09/btaj2021_qualified_list/

主催者:株式会社パパスマイル
▶︎https://www.papasmile.jp/



CreativePocket株式会社



CreativePocket株式会社は「ものづくりに、ワクワクと企みをー」をビジネスコンセプトに、2020年5月12日に設立したスタートアップ企業です。
デジタルマーケティングの支援事業をメインで行なっており、自社D2C事業として、第一子のハイハイ期の赤ちゃんに向けた自社商品の開発を行っています。今後も子育て世帯を中心とした新しいサービスやものづくりに取り組んでいきます。

会社HP
▶︎https://creative-pocket.co.jp/

同社子育て事業
子育てメディア『memorico(メモリコ)』
▶︎https://memorico.jp/





CreativePocket株式会社では、子育てメディア『memorico(メモリコ)』の運用を行っています。子育て世帯に役立つ情報発信を行うことで、赤ちゃんが生まれてから訪れるたくさんの「はじめて」をサポートし、ママ・パパのお悩みを解決することを目指しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top