「AIの脅威!新世代サイバー攻撃と防衛技術」と題し、米国 VentureClef社 代表/アナリスト 宮本 和明氏によるライブセミナーを2021年10月13日(水)開催!! - PR TIMES|RBB TODAY

「AIの脅威!新世代サイバー攻撃と防衛技術」と題し、米国 VentureClef社 代表/アナリスト 宮本 和明氏によるライブセミナーを2021年10月13日(水)開催!!

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2021年10月13日(水)に下記セミナーを開催します。

■ライブ配信 ■アーカイブ配信 [テーマ] 【シリコンバレー・AIセキュリティ最前線】 AIの脅威!新世代サイバー攻撃と防衛技術 ~AIへの攻撃とAIを使った攻撃が米国社会を脅かす、AIで防衛できるか、次の標的は日本~


[セミナー詳細]
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21396

[講 師]
米国 VentureClef社 代表/アナリスト 宮本 和明 氏

[日 時]
2021年10月13日(水) 午前9時30分~12時30分

[重点講義内容]
AIの脆弱性と危険性が顕著になった。知的能力を持つAIであるが、そのアルゴリズムは脆弱で、サイバー攻撃の標的となる。AIへのサイバー攻撃は「Adversarial ML Threat」と呼ばれ、被害が拡大している。その手口は多彩で、教育データを改ざんしたり、アルゴリズムを盗み取るなど、AIは無防備であることが明らかになった。攻撃の対象は、ソフトウェアだけでなく、自動運転車やロボットなどに及び、社会生活が危険にさらされる。同時に、高度なAIを悪用した攻撃が広がり米国社会が不安定になっている。人間の言語能力に匹敵するAIが開発され、人間と同レベルのフェイクニュースが大量に生成されている。これは「Disinformation Explosion」と呼ばれFacebookなどを介して拡散している。更に、本人と見分けのつかないビデオや音声が生成され、AI世代の「振り込め詐欺」として被害が広がっている。各国でAI開発が加速する中、攻撃対象も広がり、次のターゲットは日本とも言われる。
サイバー攻撃を防衛するAIの開発が進んでいるが、防御技術は未熟で、その効果は限定的である。このため、米国はサイバー攻撃を国家安全保障の危機と捉え、IT大手と共同で技術開発を急いでいる。
このセミナーはビデオや音声などマルチメディアを用い、最新技術を分かりやすくビジュアルに解説する。

<1>AIへの攻撃:ソフトウェア
 1.AIへの攻撃手法と分類
 2.アルゴリズム教育プロセスへの攻撃
 3.アルゴリズム実行プロセスへの攻撃
 4.AIシステムを防御する技術
<2>AIへの攻撃:ハードウェア
 5.自動運転車への攻撃
 6.ロボットへの攻撃
 7.顔認識AIカメラへの攻撃
<3>AIを使った攻撃ほか
 8.大規模言語モデルを悪用した攻撃
 9.シンセティックメディアを悪用した攻撃
 10.ケーススタディ:AIが社員を解雇することは許されるか
 11.ランサムウェアによる大規模な攻撃
<4>AIでサイバー攻撃を防御
 12.Facebookの偽情報検知技術
 13.スパムフィルター
 14.フィッシングメール検知技術
 15.米国政府のサイバー攻撃防衛戦略
 16.質疑応答

【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: https://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、
創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する
情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top