RYZEN 9 4900Hプロセッサ搭載のCHUWIミニPC「RZBOX」性能紹介 - PR TIMES|RBB TODAY

RYZEN 9 4900Hプロセッサ搭載のCHUWIミニPC「RZBOX」性能紹介

パソコン・タブレットメーカーCHUWI(ツーウェイ)は、2021年9月7日(火)~10月12日(火)まで、ミニPC「RZBOX」のクラウドファンディング事前キャンペーンと抽選キャンペーンを同時開催いたします。



10月にCHUWI公式ストアでクラウドファンディング予定のミニPC「RZBOX」は、より多くの皆様に快適な使用体験をお楽しみいただくため、最安モデルが500ドル以下(約55,000円)とお求めやすい価格となっております。

9月7日(火)~10月12日(火)まで、特設ページにてメルマガをご登録いただいた方には、超早割価格をご提供いたします。
さらに、10名様にRZBOX1台をプレゼントする抽選キャンペーンも同時開催いたします。

特設ページ:https://promotion.chuwi.com/chuwi-rzbox-amd-ryzen9-mini-pc/index.php/jp


製品の特徴


小型かつ大容量のミニPC

RZBOXのサイズは177×188×61mmで、従来のデスクトップPCより90%もコンパクト。バッグにサッと入れて気軽に持ち運べます。筐体はフルメタルを採用し、放熱性も抜群です。このほか、2つのメモリスロットと2つのNVMe SSDスロットを装備しており、お好みに合わせて拡張可能です。


優れたパフォーマンス

RZBOXに搭載されたRyzen9 4900HプロセッサはZen 2アーキテクチャを採用し、8コア16スレッド、周波数は3.3GHz~4.4GHzです。TDPは35W~54Wで、低消費電力と高性能を両立しています。


動画編集からゲーミングまでこなせる

Ryzen9 4900Hが内蔵するAMD Radeon Vega 8グラフィックスは、7nmプロセスで製造され、クロック数は最大1750MHz、HEVCとVP9の動画コーデック対応で4K60出力が可能です。画像・動画のエンコードやレンダリングなどの処理はもちろん、ゲーミングでの高いパフォーマンスも期待できます。
ゲームを実際にプレイしてみると、「オーバーウォッチ」ではフレームレート約68FPS、「フォートナイト」と「APEX」では約60FPSを維持しました。


PCMark10のベンチマークテストでは、Essentialsスコアは9004点、Productivityスコアは7838点、Digital Content Creationスコアは5099点でした。高性能を発揮しながら、負荷の重い作業を行っても安定した温度を維持します。



ベンチマークテスト


CPU Benchmark:シングルコア1129、マルチコア6745
GeekBench 4:シングルコア4896、マルチコア24779
CPU-Z:シングルスレッド535.7、マルチスレッド5467.2
Cinebench R20:シングルコア502cb、マルチコア4163cb
CINEBENCH R23:シングルコア1285pts、マルチコア10791pts







製品仕様

製品名:RZBOX
サイズ:177.5×188.0×61.5(H)mm
重量:1350g
CPU:AMD Ryzen™ 9 4900H
RAM:0/16GB
ROM:0/512GB
Bluetooth:5.2
Wi-Fi:2.4G/5G

<事前キャンペーン>
https://promotion.chuwi.com/chuwi-rzbox-amd-ryzen9-mini-pc/index.php/jp
<CHUWI JP公式サイト>
https://www.chuwi.com/jp
<公式ストア>
https://store.chuwi.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top