3Dバイオプリンティング市場ーコンポーネント別(3Dバイオプリンター、バイオインク)、材料別(ヒドロゲル、生細胞など)、アプリケーション別、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年 - PR TIMES|RBB TODAY

3Dバイオプリンティング市場ーコンポーネント別(3Dバイオプリンター、バイオインク)、材料別(ヒドロゲル、生細胞など)、アプリケーション別、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.が「3Dバイオプリンティング市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年09月23日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-61865


3Dバイオプリンティング市場は、2022年に943百万億米ドルの市場価値から、2030年までに3,458百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に20.4%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/3d-bioprinting-market/61865

3Dバイオプリンティング市場の成長は、主に3Dバイオプリンターと生体材料の技術的進歩、製薬と化粧品業界での3Dバイオプリンティングの使用の増加、およびバイオプリンティングの研究活動をサポートするための公的および民間の資金の増加によって推進されています。3Dバイオプリンティング分野における主要な技術的進歩は、皮膚組織の発達、癌治療、骨と軟骨の発達、肝臓のモデリングなど、さまざまな医療用途で行われています。これはまた、予測期間中に3Dバイオプリンティング市場のこの成長をサポートしています。3Dバイオプリンティングには最近いくつかの傾向があります。3Dバイオプリンターは、動物実験の必要性を大幅に減らすことが期待される薬物検査と臨床試験アプリケーションの決定的な重要性を保持しています。

しかし、熟練した専門家の不足、および高い開発と生産コストは、3Dバイオプリンティング市場の成長を妨げる可能性があります。

3Dバイオプリンティング市場セグメント

3Dバイオプリンティング市場は、コンポーネント別(3Dバイオプリンター(磁気3Dバイオプリンティング、レーザー支援バイオプリンティング、インクジェット3Dバイオプリンティング、マイクロエクストルージョンバイオプリンティング)、バイオインク(天然、合成、ハイブリッド))、材料別(ヒドロゲル、生細胞、細胞外マトリックス)、アプリケーション別(研究アプリケーション、臨床アプリケーション)、エンドユーザー別(研究機関・学術機関、バイオ医薬品会社、病院)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

マイクロエクストルージョンサブセグメントは、3Dバイオプリンターセグメントの最大のシェアを占めました。

コンポーネントに基づいて、3Dバイオプリンティング市場は3Dバイオプリンターとバイオインクに分割されます。3Dバイオプリンターセグメントは、磁気3Dバイオプリンティング、レーザー支援バイオプリンティング、インクジェット3Dバイオプリンティング、マイクロエクストルージョンバイオプリンティングなどにさらに細分化されています。一方、バイオインクセグメントは、天然、合成、およびハイブリッドのバイオインクにさらに細分化されています。マイクロエクストルージョンバイオプリンティングセグメントは、2019年に市場の最大のシェアを占めています。これは、セグメントの技術的進歩、と研究活動の増加によるものです。

材料に基づいて、生細胞セグメントは2019年にトップの市場シェアを保持しました。

材料に基づいて、3Dバイオプリンティング市場は、ヒドロゲル、細胞外マトリックス、生細胞、およびその他の生体材料に分割されます。3Dバイオプリンティングで生細胞を使用するための研究開発活動の増加は、生細胞セグメントの成長を促進しています。生細胞には、定義された方法で患者固有の組織を作製する能力があります。3Dバイオプリンティングの進歩につれ、科学者や研究者は3Dバイオプリンティングの生体材料として生細胞を利用しています。これらの細胞は、外科的移植のために生体組織や臓器構造を印刷するために使用できます。しかし、3Dバイオプリンティングでの幹細胞の使用に関連する倫理的な問題は、セグメントの成長を妨げる可能性があります。

3Dバイオプリンティング市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。米国は、2019年に世界の3Dバイオプリンティング市場で大きなシェアを占めました。新製品の発売や3Dバイオプリンティング技術の技術的進歩、とこの地域の主要企業の存在などの要因が、米国の3Dバイオプリンティング市場の成長を後押ししています。さらに、広範な研究活動と3Dバイオプリンティングへの資金提供により、米国の3Dバイオプリンティング市場の成長が促進されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

3Dバイオプリンティング市場の主要なキープレーヤー

3Dバイオプリンティング市場の主要なキープレーヤーには、Organovo Holdings Inc.(米国)、CELLINK(スウェーデン)、Allevi Inc.(米国)、Aspect Biosystems Ltd.(カナダ)、EnvisionTEC GmbH(ドイツ)、Cyfuse Biomedical K.K. (日本)、Poietis(フランス)、TeVido BioDevices(米国)、Nano3D Biosciences、Inc.(米国)、ROKIT Healthcare(韓国)、Digilab Inc.(米国)、regenHU(スイス)、GeSiM(ドイツ)、Advanced Solutions Life Sciences(米国)、Regenovo Biotechnology Co.、Ltd.(中国)などがあります。この調査には、3Dバイオプリンティング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61865

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top