コンピテントセル市場ータイプ別(化学的にコンピテントセル、エレクトロコンピテントセル)、アプリケーション別、エンドユーザー別(学術研究機関、CROなど)および地域別ー世界的な予測2030年 - PR TIMES|RBB TODAY

コンピテントセル市場ータイプ別(化学的にコンピテントセル、エレクトロコンピテントセル)、アプリケーション別、エンドユーザー別(学術研究機関、CROなど)および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.は、「コンピテントセル市場ー世界的な予測2030年」新レポートを2021年08月05日に発刊しました。この調査には、コンピテントセル市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-108502


コンピテントセル市場は、2022年に22.2億米ドルの市場価値から、2030年までに43.8億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に10.2%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/competent-cells-market/108502

新技術の出現による分子クローニング研究の進歩、および分子クローン製品と組換えタンパク質に対する商業的需要の高まりは、この市場の成長を推進するいくつかの重要な要因です。バイオテクノロジー分野での研究開発活動の数の増加は、コンピテントセル市場の成長を推進する主要な要因の1つとして機能します。また、COVID-19パンデミックによる組換えタンパク質発現や突然変異誘発などのセルクローニング活動への注目の高まり、およびウイルスプラスミドのクローンコピーを作成するためのコンピテントセルの需要の増加は、コンピテントセル市場の成長を牽引させます。分子クローニング研究の進歩のための公的および民間企業からの投資の増加は、コンピテントセル市場にさらに影響を与えます。さらに、資金調達、人口の増加、医療費の増加、製品に関する認識および医療費の急増という形での政府によるイニシアチブの拡大も、この市場の成長を後押しすると予想されます。

市場セグメント

コンピテントセル市場は、タイプ別(化学的にコンピテント、エレクトロコンピテント)、アプリケーション別(サブクローニング、ファージディスプレイライブラリーの生産、不安定なDNAクローニング、ハイスループットクローニング、突然変異誘発)、エンドユーザー別(学術研究機関、委託研究機関(CRO)、および製薬・バイオテクノロジー企業)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

エレクトロコンピテントセルセグメントは、予測期間中に最大なCAGRを登録すると予想されます。

タイプに基づいて、コンピテントセル市場は化学的にコンピテントセルとエレクトロコンピテントセルに分割されます。エレクトロコンピテントセルは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。エレクトロコンピテントセルは高い形質転換効率を提供し手ており、cDNAライブラリーの生成や遺伝子バンクの構築などの多くの分子生物学アプリケーションに適しています。これにより、このセグメントの成長が促進されると予想されます。

製薬・バイオテクノロジー企業セグメントは、予測期間中に最高の成長を目撃すると予想されます。

エンドユーザーに基づいて、コンピテントセル市場は、学術研究機関、委託研究機関(CRO)、および製薬・バイオテクノロジー企業に分割されます。製薬・バイオテクノロジー企業セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。これは主に、ゲノミクスおよびプロテオミクスベースの製品を開発するための研究への投資が増加しているためです。

地域概要

コンピテントセル市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、予測期間中に市場の最大のシェアを占めると予想されます。この市場の成長は、地域の主要な主要プレーヤーの存在、技術の進歩、バイオテクノロジーと製薬業界の成長、およびゲノミクスとプロテオミクスに基づく研究への傾向の高まりに起因する可能性があります。一方、アジア太平洋地域は、2022ー2030年の予測期間中に最も高い成長率を目撃すると予想されます。この成長は、研究活動の数の増加、およびインドなどの国での製造および研究活動への主要なプレーヤーによる投資の急増に起因しています。

市場の主要なキープレーヤー

コンピテントセル市場の主要なキープレーヤーには、Thermo Fisher Scientific、Inc.(米国)、Merck KGaA(ドイツ)、GenScript Biotech Corporation(中国)、Agilent Technologies、Inc.(米国)、Takara Bio、Inc.(日本)、Promega Corporation(米国)、Bio-Rad Laboratories、Inc。(米国)、QIAGEN NV(オランダ)、New England Biolabs、Inc.(米国)などがあります。この調査には、コンピテントセル市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108502

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top