手術用ディスプレイ・PACSモニターの市場規模、2027年に9億9900万米ドル到達予測 - PR TIMES|RBB TODAY

手術用ディスプレイ・PACSモニターの市場規模、2027年に9億9900万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「外科用ディスプレイ・PACSモニターの世界市場 - 市場規模・シェア・COVID-19の影響分析 (2021年~2027年) MedCore:HD外科用ディスプレイ、4K外科用ディスプレイ、UHD 8メガピクセルディスプレイ、PACSモニター」(iData Research Inc.)の販売を8月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/ida1010057-surgical-display-pacs-monitor-market-size-share.html




手術用ディスプレイ・PACSモニターの市場規模は、2027年に9億9900万米ドルに達すると予測されています。

同市場は、Karl Storz、Stryker、オリンパスがシェアリーダーとなっています。調査対象国は70カ国以上に及び、HD、4K、8メガピクセルの超高精細(UHD)手術用ディスプレイとPACSモニターを対象としています。

手術用ディスプレイは、基本的に世界各国のすべての手術室(OR)に設置されています。手術室内では、手術用カメラで撮影した画像や動画、手術に関する情報などを表示します。手術用ディスプレイには、高輝度、高コントラスト、忠実な色再現が求められ、厳しい安全基準を満たす必要があります。そのため、一般的な家庭用電化製品のディスプレイよりも高額になります。

今後も、手術用ディスプレイ・PACSモニター市場全体の成長が見込まれています。最も重要なのは、平均販売価格と販売台数がプラスの成長を示していることです。また、4Kディスプレイへの移行や、ORに設置されているディスプレイの平均台数の増加も牽引要因となります。しかし、COVID-19により病院や施設の建設が遅れているため、同市場にマイナスの影響を与えています。

市場シェアの洞察

Karl Storz、Stryker、オリンパスが、手術用ディスプレイとPACSモニターの市場をコントロールしています。手術用ディスプレイとPACSモニター市場のリーダー的存在であるKarl Storzは、2020年の手術用ディスプレイ市場でトップのブランドとなりました。また、OR市場でのリーディング競合会社としての地位を、手術用ディスプレイの販売に活用しました。現在、同社は主にNDS Surgical Imaging(NDSsi)のディスプレイを販売しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/ida1010057-surgical-display-pacs-monitor-market-size-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top