国民の大多数が加入する保険の本当の価値が届くように!から生まれたhokanの歴史を紹介 - PR TIMES|RBB TODAY

国民の大多数が加入する保険の本当の価値が届くように!から生まれたhokanの歴史を紹介

保険営業の業務を補完し、顧客情報を保管するクラウドサービス「hokan(R)」を提供する株式会社hokan(ホカン、本社:東京都千代田区、代表取締役 尾花政篤、以下hokan) は、創業から4周年を迎えました。2017年8月1日に国民の大多数が加入する保険の本当の価値が届いてほしいという想いから創業し、2021年8月で5期目に突入します。これを記念して起業から現在に至るまでの歴史を振り返るインフォグラフィックを公開します。



一枚のインフォグラフィックは以下リンクよりご覧ください。
リンク:
https://note.com/hokan_inc/n/n833d8cd592a1



「8割以上の国民が加入する保険からマイナスイメージを払拭したい」から誕生したhokan

保険は国民の8割以上が加入する、日本人にとっては馴染みある金融商品であるのに対して「複雑で難しそう」というマイナスイメージがつきやすいです。しかしながら、もしもの時に家族などの大切な方が困らないように備えたいという「想い」をのせられる金融商品でもあります。

マイナスイメージを払拭するため、保険のプロである保険代理店の複雑な業務を補完して、事務作業を簡略化し、代理店がお客様に保険の価値を伝えられる時間を増やせるシステムを作ろうと決めたことから「hokan(R)️」は誕生しました。

4年の月日を経て、組織も大きく成長し、導入いただく代理店の方々のお声を反映させることで、プロダクトも進化してきました。今後も組織をより拡大させ、深い業界理解と洗練された技術を用い、業界の変化にも臨機応変に対応できるサービスの開発に努めてまいります。そして、代理店の方がお客様の対応をはじめとする”人”だからこそできる業務に注力できるよう、引き続きサポートしてまいります。

なお、2021年度は組織規模を現在の倍に拡大させ、次のラウンドの資金調達に向け、事業成長を図ってまいります。また、セキュリティや品質向上に注力し、昨今懸念されるサイバーセキュリティの観点からも安全なプロダクト開発に努めます。


hokan(R)️ について

「契約管理を強みに変える」クラウド型顧客・契約管理サービス

hokan(R)️ は、見込み顧客の発見から契約成立さらに保全までの一連の流れをオールインワンで管理できるクラウドサービスです。新規契約獲得時に蓄積した情報をもとに、保全まで丁寧に実施できるよう保険営業をサポートすることで、煩雑になりがちな事務作業を軽減します。ひいては、保険の価値がお客様に正しく適切に伝わる世界を実現してまいります。


株式会社 hokan について

「保険業界をアップデートする」ことを目指し、保険代理店創業者と保険業界を担当していたITコンサルタントが創業し、保険代理店向け顧客・契約管理サービス「hokan(R)️」を中心に、メディアの運営や保険会社向けITコンサルティングサービスを提供しております。創業以降、多くの保険業界関係者に支えていただきながらソフトウェアサービスを提供してきた知見を活かし、最新の技術を保険業界にきちんと適用することで、誰もが正しく適切に保険の価値を享受できる社会をつくってまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top