発泡材の市場規模、2026年に1189億米ドル到達予測 - PR TIMES|RBB TODAY

発泡材の市場規模、2026年に1189億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「発泡材の世界市場 (~2026年):発泡材タイプ (ポリウレタン・ポリスチレン (EPS&XPS)・ポリオレフィン (PE・PP・EVA)・フェノール・PET)・タイプ (硬質・軟質)・エンドユーザー産業 (建設・包装・自動車・家具&寝具・フットウェア)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月29日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1013627-foam-market-by-type-polyurethane-polystyrene-eps.html




発泡材の市場規模は、2021年の939億米ドルからCAGR4.8%で成長し、2026年には1189億米ドルに達すると予測されています。同市場は、さまざまなエンドユース産業の成長が推進力となっています。また、中国、インド、ブラジルでは、インフラへの投資、新規住宅プロジェクト、非住宅ビルの改築などが増加しており、市場の成長を後押ししています。

COVID-19による発泡材市場への影響

COVID-19の発生により、塗料やコーティング剤の製造に使用される原材料の生産に支障が出ています。インド、中国、日本、シンガポール、タイなどのアジア諸国は、塗料やコーティング剤の製造拠点であり、これらの原材料の主要な供給元となっています。APAC(アジア太平洋地域)における新型コロナウイルスの発生は、これらの原材料の供給に影響を与えています。例えば、中国は樹脂の主要な供給国の一つであり、世界市場に100万トンの樹脂を輸出しています。原材料の供給が途絶えたことで、塗料やコーティング製品の生産量が減少しています。2020年4月には、すべての民間ビルや建設現場、政府の建設物、自動車のリファイン事業が大打撃を受けました。小売業者も市場の停止を受けて、すでに発注済みの塗料・コーティング製品の大量注文をキャンセルしています。全体として、建設・建築活動の停止により、流通業者レベルで塗料・コーティング製品の販売が制限されています。

牽引要因:主要な最終用途産業における発泡材の使用拡大

建築・建設業界では、鍛造、パイプインパイプ、ドア、ルーフボード、スラブなどに使用されています。PUフォームは、住宅や商業施設の壁や屋根の内装断熱材として広く使用されています。押出ポリスチレン素材は、工芸品や建築模型の製作にも使用されています。EPSは、軽量でありながら剛性が高く、優れた断熱性と高い耐衝撃性を備えているため、建築・建設用の素材として優れています。

包装は、あらゆる素材の安全性や断熱性を確保するために必要なもので、特に食品業界やネット通販ビジネスでは重要な役割を果たしています。製品の安全性や品質の維持に対する意識の高まりから、包装材に発泡材を使用するケースが増えています。

抑制要因:原材料価格の変動

原材料の価格と入手可能性は、製品コストを決定します。発泡材の製造に使用される主な原材料は、ベンゼン、トルエン、ポリオール、ホスゲンです。これらは石油由来の誘導体であり、石油の価格変動の影響を直接受けます。2018年から2019年にかけて、世界的な需要の高まりや、中東での紛争、外国の軍事介入などにより、石油価格は大きく変動し、発泡材市場にも影響を与えました。また、一貫した需要の増加は、一次化学物質や樹脂のキャパシティの制約と相まって、供給を逼迫させ、原料価格を上昇させています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1013627-foam-market-by-type-polyurethane-polystyrene-eps.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top