【業務提携】株式会社batton、 株式会社メディエイターとユーザーの利用拡大に伴う業務提携を発表 - PR TIMES|RBB TODAY

【業務提携】株式会社batton、 株式会社メディエイターとユーザーの利用拡大に伴う業務提携を発表

株式会社batton(所在地:東京都港区、代表取締役社長:川人寛徳)はパソコンを始めとする情報/通信機器の販売を行う株式会社メディエイター (本社:福岡県福岡市中央区 、代表:黒木英隆 )と業務提携契約を締結したことをお知らせいたします。


【提携内容】
株式会社メディエイター よりbatton(RPA)ユーザーに向けて利用に必要な環境を構築したPCのレンタル


◆提携の背景

新型コロナウイルス感染症によりテレワークが急激に普及しており、ITツールがより注目を浴びている。
そんな中、RPAが再注目されている。

・マイクロソフトがRPAツール「Power Automate Desktop(PAD)」を無償提供。

・「ドン・キホーテ」「ユニー」「長崎屋」などで知られる、株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)では、プラットフォーム「UiPath」を導入することで、ドン・キホーテに関連する約170の業務を自動化。

・常石造船株式会社ではBlue Prism(RPAツール)を本格導入したと発表。単純業務の自動化を進めることで、来年度は7000時間の業務時間削減を見込む。

上記のニュース以外にもRPAに関するニュースが沢山ある。
このことからRPAの需要は増加しており、注目度が高く、また業界を問わずインパクトを与えていることが分かる。
しかし、実際RPAを導入するのはハードルが高く導入した企業の8割が失敗しているという現実もある。


株式会社battonは、ノーコードRPA「batton」を販売・運営する中で中小企業が抱える様々な業務に関わった。その中で導入時に環境を整えることがRPAの導入を成功させる要因であると考える。
導入環境とは担当者や企業の社内体制、通信環境、RPA用機材(パソコン)の事である。

導入環境の一つであるRPA用機材つまりパソコンは現在沢山の種類がありスペックも様々である。
実際にどれがRPAに向いている機材なのかは分かりづらい。
また、購入しても初期設定を行うのに時間がかかる等、導入を阻害する要因がいくつか存在する。


株式会社battonは、これらのRPA導入に関するハードルを下げる為、
情報/通信機器の買取・販売やパソコンの全国通販を展開する株式会社メディエイター と業務提携をする運びとなった。




株式会社メディエイターは2003年の創業より実績を積み重ね、パソコンやタブレットなどのデジタルデバイスの販売・修理・買取・パソコンレンタルといったトータルサポートを実現し、店舗(パソコン市場)を全国に展開している。

さらに、経験豊富なオペレーターが、あらゆるお客様の要望やご相談にお応えし、ご購入後も快適なパソコンライフのお手伝いができるよう、万全のアフターサポートを実施。スピーディな問題解決に努め、高い顧客満足度を実現している。


株式会社メディエイターはbattonの顧客やbattonを導入する企業に対し、battonの利用に必要な初期設定やツールのダウンロードが完了した状態でレンタルを行う。

これにより、あらかじめ必要な準備の整ったパソコンをレンタルするため、パソコンを購入した場合よりも短時間で使用を開始することができる。また、料金は月額となるため初期費用も抑えることができる。
レンタルパソコンのラインナップは全て「batton」の利用に適したパソコンであり、商品選定も容易となる。さらに、レンタル期間中はパソコンの機種変更も可能なため、常に最新のパソコンを利用することができる。


この業務提携により、RPAに導入を行いやすくすることで中小企業のDX化の推進を目指す。


◆企業情報

■株式会社batton
代表者:代表取締役社長 川人寛徳
TEL:03-4346-4166
URL:https://lp.batton.cloud/
E-Mail:info@batton.co.jp
事業内容:人工知能搭載型RPA「batton」の開発、販売

■株式会社メディエイター
所在地:福岡県福岡市中央区大名2丁目9番35号 トウセン天神ビル8階
代表者:代表取締役社長 黒木英隆
設立:2003年8月20日
URL:http://mediator-net.jp/company/
事業内容:
・情報/通信機器の買取・販売
・「パソコン市場(店舗)」の全国展開
・パソコンの全国通販
・サポート/コールセンターの運営
・オリジナル商品の開発・製造

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top