【オンド株式会社】サプライチェーン排出量(Scope1, Scope2, Scope3)自動算定ソフトウェア/システム(ベータ版)をリリース - PR TIMES|RBB TODAY

【オンド株式会社】サプライチェーン排出量(Scope1, Scope2, Scope3)自動算定ソフトウェア/システム(ベータ版)をリリース

サプライチェーン排出量の自動算定・リアルタイムでのモニタリングを可能とし、企業の脱炭素経営に係る先進的取組の実現を支援

オンド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:米田 光孝、以下「オンド」)は、サプライチェーン排出量(Scope1, Scope2, Scope3)自動算定ソフトウェア/システムのベータ版をリリースしたことをお知らせします。



サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェア/システム開発の背景

現在、加速度的に進行する地球温暖化の対策に向けて、企業のサプライチェーン全体の温室効果ガス排出量(以下、「サプライチェーン排出量」)の算定・削減に対する取組の重要性が高まっています。

しかし、サプライチェーン排出量の算定を行う企業は、多岐にわたる社内外の関係者からのデータ収集、Excelベースでの作業による効率性に関する課題や、リアルタイムに排出量を確認できない即時性の課題、算定ミスなどの正確性に関する課題、属人的な管理となる課題などを抱えています。
弊社のソフトウェアを活用することで、これらの課題を大きく解決することができます。


サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェア/システムの効果

サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェア/システムは、企業内のERP(基幹システム)と連携することで、リアルタイム且つ正確性の高い排出量の自動算定を行うことができます。

またIR等、算定業務の域を超える効果を発揮します。
排出量について情報非対称性のある経営層でも、簡単に理解できるダッシュボード機能を活用することで経営の意思決定を円滑にできることや、リアルタイムの排出量情報を経営指標にすることでIR効果にも繋がる等、脱炭素経営の支援ツールとしてお使いいただけます。




オンドのサービス

オンドは、2021年4月のサービス発表後、東証一部上場企業様から多数お問い合わせを頂いておりますが、サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェア提供だけでなく、共同事業として脱炭素領域の新事業を推進していくこと等、脱炭素化に関する先進的な取組の実現を支援します。

オンドは、サプライチェーン排出量の算定コンサルティングに加えて、LCA(ライフサイクルアセスメント)のコンサルティングや、CDP質問書・TCFD・SBT等の気候変動リスクに係る各種開示対応の支援を行っております。
サプライチェーン排出量の算定をまだ実施されていない企業様においては、ソフトウェアの導入と同時にサプライチェーン排出量の算定のコンサルティングを提供することも可能です。

オンドでは、サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェア/システムのベータ版のリリースに伴い、導入企業様を募集しておりますので、既にサプライチェーン排出量を算定しているか否かに関わらず、お気軽にお問合せください。

※サービスのより詳しい情報は、下記サイトをご覧ください。
URL: https://www.ond.earth/service


サービスに関するお問い合わせ

■初めての企業様:弊社HP(https://www.ond.earth)もしくは、メールアドレス(info@ond.earth)へご連絡ください。
■オンドの営業担当がお分かりの企業様:営業担当宛にご連絡ください。


会社概要

会社名:オンド株式会社 (ond Inc.)
代表者:米田 光孝
所在地:東京都港区南青山2丁目2番15号
事業内容:温室効果ガス関連業務に関するソフトウェア/システムの開発・提供、環境コンサルティング事業(サプライチェーン排出量(Scope1,Scope2,Scope3)算定支援、LCA・CDP・SBT・TCFD・RE100等開示支援)
HP:https://www.ond.earth
お問い合わせ先:info@ond.earth

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top