インテリジェントドキュメントプロセッシングの市場規模、2026年に37億米ドル到達予測 - PR TIMES|RBB TODAY

インテリジェントドキュメントプロセッシングの市場規模、2026年に37億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インテリジェントドキュメントプロセッシング (IDP) の世界市場 (~2026年):コンポーネント (ソリューション・サービス)・展開モード (クラウド・オンプレミス)・組織規模・技術・産業 (BFSI・政府・ヘルスケア・ライフサイエンス)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月28日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1009660-intelligent-document-processing-market-by.html




インテリジェントドキュメントプロセッシングの市場規模は、2021年の8億米ドルからCAGR36.8%で成長し、2026年には37億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、大量の半構造化・非構造化文書を、正確かつ迅速に処理する必要性の高まりと、デジタルトランスフォーメーションへの投資が増加していること、クラウドベースのドキュメントプロセッシングソリューションの導入が進んでいることなどが挙げられます。

COVID-19によるインテリジェントドキュメントプロセッシング市場への影響

インテリジェントドキュメントプロセッシングソリューションは、企業の主要なビジネスプロセスの自動化を支援します。例えば、顧客の配送プロセスの自動化、銀行が融資を承認するために様々なチャネルから送られてくる信用申請書の分類、身分証明書のオンライン検証、法的文書における条項の検出などが挙げられます。COVID-19パンデミックにより、組織内のインテリジェントな文書処理の利用が加速しました。ロックダウンにより、従業員は物理的な文書へのアクセスに制限がかけられています。その結果、デジタル化の需要が高まり、2021年にはインテリジェントドキュメントプロセッシングによるドキュメントの自動化が必要になると考えられています。

牽引要因:大量の半構造化非構造化文書処理へのニーズ

企業データの約80%を占める非構造化データを、従来のツールで自動化することは困難です。企業が成長すると、顧客数、プロセス数、そして最終的には文書数も増加します。競争力を維持するために、企業は、より大量の半構造化・非構造化文書を処理する必要があります。大量のドキュメントを手作業で処理するには、膨大な時間がかかります。インテリジェントデータプロセッシングは、インテリジェントデータキャプチャーとも呼ばれ、ドキュメント処理作業を効率化するプロセスです。どのような種類のファイルを処理する場合でも、インテリジェントドキュメント処理は、ドキュメントスキャンのジョブを実行するように設計されています。インテリジェントドキュメントプロセッシングは、紙面と電子の両方のドキュメントに対応します。データキャプチャは、あらゆる組織の情報管理を容易にします。ドキュメントはデジタルフォーマットに変換されるので、情報の整理はより速く、より効率的になります。

抑制要因:ガバナンスとコンプライアンス要件への対応

すべての業種の企業は、ガバナンスとコンプライアンスの要件を遵守する必要があります。今日、多くの企業が、SOX法(Sarbanes-Oxley Act)、GDPR(General Data Protection Regulation)、HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act)、情報公開法(Freedom of Information Act)などの連邦規制や義務に準拠するために、ITシステムや内部プロセスに大幅な変更を加えています。ガバナンスやコンプライアンスの要件が変化すると、自動化されたワークフローは、新たな変化に応じてリセットする必要があります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1009660-intelligent-document-processing-market-by.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top