セキュリティスクリーニングの市場規模、2026年に101億米ドル到達予測 - PR TIMES|RBB TODAY

セキュリティスクリーニングの市場規模、2026年に101億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「セキュリティスクリーニングの世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):技術 (X線・金属探知・バイオメトリクス・質量分析・分光法)・エンドユーズ・用途 (人・手荷物&貨物・車両)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月27日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1009405-security-screening-market-covid-impact-analysis-by.html




セキュリティスクリーニングの市場規模は、2021年の75億米ドルからCAGR6.3%で成長し、2026年には101億米ドルに達すると予測されています。世界的なテロや不法移民の増加、公共の場でのセキュリティ強化ソリューションの需要の高まり、民間部門でのバイオメトリクスソリューションの需要の急増などが、セキュリティスクリーニング市場の成長の要因となっています。

COVID-19のセキュリティスクリーニング市場への影響

パンデミックの影響で、北米では飛行機の着陸が制限されたため、観光客の数が減り、セキュリティスクリーニングシステムの売上に影響を与えました。米国旅行業協会によると、米国の2020年の経済総生産は1.5兆米ドルとなり、2019年の2.6兆米ドルから急減しています。しかし、積極的なワクチン接種活動により、制限が緩和されるなど、地域の状況が変化しています。これにより、旅行・観光分野の再開が期待されています。しかし、即座にパンデミック前のレベルまで回復する事は難しいと言えます。

また、このパンデミックは、イタリア、フランス、英国などの欧州地域にも大きな被害をもたらしました。同地域では、2020年の入国観光客数が2019年と比較して約74%減少しました。このことは、欧州のセキュリティスクリーニングシステムの主要市場である航空分野に影響を与えています。しかし、ワクチン接種の増加に伴い、パンデミック前の状況に戻りつつあります。

APAC(アジア太平洋地域)では、インド、ニュージーランド、オーストラリアなどで旅行や移動の制限が厳しくなっており、セキュリティスクリーニング市場に影響が出ています。COVID-19の第2波はインドに大きな影響を与えており、患者数は1日あたり40万人以上に上り、感染率も上昇しています。また、大規模な集会が禁止されているため、セキュリティスクリーニング市場が低迷する可能性があります。さらに、観光地が閉鎖されたことで、各国の旅客数が減少しており、このことがアジア太平洋地域におけるセキュリティスクリーニングシステムの導入に影響を与える可能性があります。

牽引要因:世界的なテロ攻撃と不法移民の増加
近年、世界各地で不法移民やテロが増加していることから、セキュリティスクリーニングシステムの需要が高まっています。米国の2001年の911テロ、2007年のロンドン爆破事件、2008年のムンバイ攻撃、2019年のスリランカ・イースター爆破事件、2019年のニュージーランドのモスクでの大量銃撃事件などは、テロリストや個人による攻撃の一例です。X線全身スキャナーの使用により、個人の完全なX線画像が得られ、体に取り付けられた金属をハイライトすることができます。指紋スキャナーやフェイススキャナーなどの生体認証システムは、特に犯罪者の識別に使用されます。このように、テロ活動の増加に伴い、高効率のセキュリティシステムの需要も高まっています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1009405-security-screening-market-covid-impact-analysis-by.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top