コミュニケーションアプリ「LINE」、本日、誕生から10 周年 - PR TIMES|RBB TODAY

コミュニケーションアプリ「LINE」、本日、誕生から10 周年

すべてのユーザーの皆さまに感謝の想いを込め、記念動画「10 年分のありがとう」を公開

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下「当社」)は、6月23日をもって、コミュニケーションアプリ「LINE」がサービス開始から10 周年を迎えましたことを、お知らせいたします。なお、ユーザーの皆さまへの10年間の感謝を込め、記念動画「10年分のありがとう」および10周年特別サイトを、本日公開いたしました。


・記念動画「10 年分のありがとう」:https://lin.ee/dETkSMv/xssq/pr
・10 周年特別サイト:https://10th-anniversary.line.me/jp/



2011年6月23日、「LINE」は、家族や友人、恋人など身近にいる大切な人とコミュニケーションをとることができるサービスとして誕生しました。「大切な人と繋がることができ、絆を強くするコミュニケーション手段が必要だ」という想いの元、2011年3月に開発を開始し、誕生した「LINE」は本日、誕生から10 周年を迎えます。ご利用くださっている全ての皆さまに、改めて感謝申し上げます。ありがとうございます。

「LINE」は、世界中の人と人、人とサービスなどあらゆるものとの関係性や距離を「縮める」「近づける」という 「CLOSING THE DISTANCE」をミッションとしています。サービス誕生以降、”コミュニケーション”を軸に、大切な人とのつながりから始まり、便利な情報、よく行くお店、お気に入りのエンタメ、医療、お金など、ユーザーの皆さまと様々なものの距離を縮め、日常に寄り添う体験の提供を目指しています。

現在、「LINE」は、国内8,800万人、台湾、タイ、インドネシアなどを始めグローバルで1億8,700万人のユーザーの皆さまに日常的にご利用いただいています。10年目を迎え、ここまで歩んでくることができたのは、ユーザーの皆さまが「LINE」を選び、ご利用いただいていることに他なりません。

当社は、コアバリューとして「WOW」を掲げており、これは「ユーザーを感動させる初めての体験」であり、「思わず友だちに教えたくなるような驚き」を意味します。これからの10年に向け、ユーザーの皆さまや社会にとっての安心や安全、使いやすさを追求し、引き続き、真に価値のある「WOW」をご提供するため、挑戦を続けてまいります。

■特別サイトにて、10 年間の感謝を表現した記念動画を公開
この度、サービス開始10周年を迎えたことに感謝を込め、記念動画「10年分のありがとう」を公開いたしました。本動画では、「水曜日のカンパネラ」のケンモチヒデフミさん*1にオリジナル楽曲を制作いただきました。また、本楽曲は、18歳のシンガーソングライターで、オリジナル楽曲がTikTok上の累計再生回数3億回を突破しているsui さん*2に歌っていただいています。なお、10 周年特別サイトにおいては、誕生以降、コミュニケーションツールからライフプラットフォームへと進化してきた「LINEのあゆみ」を、併せて公開しております。

・記念動画「10 年分のありがとう」:https://lin.ee/dETkSMv/xssq/pr
・10周年特別サイト:https://10th-anniversary.line.me/jp/

*1:KENMOCHI HIDEFUMI OFFICIAL WEBSITE:https://kenmochihidefumi.com/
*2:sui|Creators|TikTok Creators Showcase:https://creators-tiktok.jp/creator/258/





当社は、11年目に向け、引き続き、「CLOSING THE DISTANCE」を実現するべく、ユーザーの皆さまや社会にとっての安心や安全、わかりやすさ、利便性を追求し、日常に寄り添えるサービスとなることを目指してまいります。そして、 ユーザーの皆さまおよび社会からの期待にお応えできる存在となり、時代の変化に合わせ、「LINE」を通した「WOW」な体験をご提供するための挑戦を続けてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top