「PREDICO for Financial Intelligence」をイーデザイン損保に提供 - PR TIMES|RBB TODAY

「PREDICO for Financial Intelligence」をイーデザイン損保に提供

~PKSHAアルゴリズムによる不正検知ソリューション事業が保険業界へ拡大~

 株式会社PKSHA Technology(代表取締役:上野山 勝也、以下「PKSHA」)は、当社が提供するアルゴリズムモジュール「PREDICO for Financial Intelligence」が、イーデザイン損害保険株式会社(取締役社長 桑原 茂雄、以下「イーデザイン損保」)の自動車保険事業における保険金の不正請求検知に導入されることをお知らせします。


 本取組みでは、イーデザイン損保より学習データと業界知見の提供を受け、当社が保有するアルゴリズムモジュールである「PREDICO for Financial Intelligence」を、自動車保険業界向けにカスタマイズし導入します。このアルゴリズムモジュールは保険金請求の不正手口を学習し、高い精度で疑わしい請求案件を検出することで、保険金詐欺被害を抑止します。

 保険金の不正請求対策は、健全かつ安定的な損害保険制度の運営や保険事業の信頼維持および公平性確保の観点から、保険業界全体の重要課題となっています。一方で近年における不正請求の手口の複雑化・巧妙化によって、その対策には幅広い不正パターンの理解と高度な専門性が求められている状況です。当社の機械学習アルゴリズムは、不正の疑われる請求を高速・効率的かつ高精度に自動検出します。担当者が最終的な判断に集中できる業務フローの構築が実現でき、査定業務の高度化と不正請求への支払い抑止に貢献します。

 「PREDICO for Financial Intelligence」は既にクレジットカード決済事業でも多くの企業に導入が進み、カードの不正利用抑止に貢献しています。この取組をさらに今回は保険業界へと拡大することで、PKSHAの不正検知ソリューション事業の活用領域が金融・保険の幅広い業界領域へと拡大します。

 今後も当社は複数の業界大手企業との連携を推進するとともに、金融・保険業界全体のリスク・不正対策業務の効率化・高度化を実現し、未来のソフトウエアの社会実装を推進してまいります。

■ 「PREDICO for Financial Intelligence」について
 「PREDICO for Financial Intelligence」は、PKSHAが展開する機械学習を用いた予測エンジン「PREDICO」を金融サービス向けに特化させたアルゴリズムモジュールです。様々なユースケース向けにカスタマイズすることで、与信スコアリングや融資判断、マネーロンダリング対策、生損保の不正請求対策、EC等非対面決済の不正対策など、金融サービスのデジタル化を幅広く支援します。本件において「PREDICO for Financial Intelligence」は保険金の不正請求における高次元のパターン認識をアルゴリズムに委ね、請求の一次スクリーニングを自動的かつ高い精度で行います。さらに不正が疑われる請求については、どのデータに基づいて不正を疑うのかを明示することで、査定業務に携わる「人とソフトウエアの協業」ができる仕組みとなっております。これにより、査定担当者の持つ専門的ノウハウを活かしつつ、その業務をアルゴリズムでサポートする形での不正対策の高度化を実現します。

■ イーデザイン損保 「PREDICO for Financial Intelligence」導入のプレスリリース
https://www.edsp.co.jp/company/company_010/2021/2021_06_23_1.html

■ イーデザイン損保 ウェブサイト
https://www.edsp.co.jp/

■PKSHA Technologyについて
「アルゴリズムサプライヤー」として、自社開発した機械学習/深層学習領域のアルゴリズムを用い、既存のソフトウエアや各種ハードウエア端末向けにソリューションを展開しています。伸長している領域としては、自然言語処理技術を用いた自動応答や、画像/動画認識、予測モデルなど多岐に渡ります。アルゴリズムを軸に近未来のデジタル情報社会へ向けて価値を創造すべく、今後も多種多様な企業・サービスとも連携を強め、積極的に事業展開してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top