freee人事労務のさらなる充実のため 新たにfreee勤怠管理Plusを提供へ - PR TIMES|RBB TODAY

freee人事労務のさらなる充実のため 新たにfreee勤怠管理Plusを提供へ


このたび、freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木 大輔、以下「freee」)は、あらたにfreee勤怠管理Plusの提供を開始します。これにより、従業員の多い企業のみなさまのニーズにもこれまで以上に対応でき、既存のfreee人事労務をさらに充実させて参ります。

freee勤怠管理Plusは、勤怠管理クラウドの領域で高い実績を誇るKING OF TIMEを提供する株式会社ヒューマンテクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役:恵志 章夫、以下「ヒューマンテクノロジーズ」)からOEMを受け、サービスを提供いたします。

コロナ禍において就業管理が複雑化しつつあるスモールビジネスのみなさまのニーズや、これまで就業規則等が複雑でfreeeのプロダクトをご利用いただけなかった法人のみなさまのニーズにも対応できるようになりました。

また、freee会計との併用をはじめとする「統合型」の思想をより多くの方に体感いただけるようになる一方、freee勤怠管理Plus単体からでもご利用いただけるようになります。


freee勤怠管理Plusにより提供される機能


勤怠実績に基づくアラート機能
3ヶ月フレックスなどの新しい働き方、新たな労働時間制度への対応
生体認証機能を含めた打刻端末のバリエーションの拡大
外国語対応 等


プロダクト提供は、年内(2021年)を予定しております。開始日が決まりましたら、あらためてお知らせいたします。

※freee勤怠管理Plusは、特に51人以上1000人以下の法人のみなさまの幅広いニーズに適した勤怠管理プロダクトとなります。これまでfreee人事労務の勤怠をご利用いただいていたみなさまは、そのまま継続してfreee人事労務の勤怠をご利用でき、新たな乗り換えなどの対応は不要になります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top