迅速なマーケティングPDCAサイクルをサポート 広告投資効果・ブランドイメージを包括的に可視化できるマーケティングROIサービス「NEEL」提供開始 - PR TIMES|RBB TODAY

迅速なマーケティングPDCAサイクルをサポート 広告投資効果・ブランドイメージを包括的に可視化できるマーケティングROIサービス「NEEL」提供開始

第三者視点に立ったメディアコンサルティングサービスを提供するTruestar Consulting Group株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 川添敏広、村山朗)は、メディアROI最適化・ブランド状態チェックをサポートするマーケティングROIサービス「NEEL」の提供を開始いたしました。




NEELサービス開発の背景

昨今のデジタル化に伴い従来のマスメディアだけではなく、オンライン広告へ投資する企業が急増しています。オンラインを含めた複数メディアでの広告出稿において、メディア単体での効果測定だけでは「施策全体での広告効果が分からない」「適切なメディアミックスがなされたか分からない」という課題を解決できません。そこで、オンライン・オフラインメディアを横断した広告施策全体の広告投資効果の検証を可能とするサービスの開発に至りました。

また、ブランド戦略の策定において、消費者イメージの把握は必要不可欠な要素となりますが、消費者イメージをリアルタイムに知るにはソーシャルメディアの利用が有効である中、一般的なソーシャルリスニングでは発信者の属性や関連投稿の推移を把握することに留まり、より詳細なイメージを知ることが出来ません。そこで、消費者が自社ブランドに対して感じている質的イメージを把握し、消費者の満足/不満のみならず刻々と変化する競合他社とのポジショニングを常時把握することで、ブランド戦略策定に有用となるサービスの開発に至りました。


メディアROI最適化



媒体単体のみではなく、オンライン・オフラインの複数メディアを横断した総合的な広告投資効果を確認することが可能です。また、対象期間中の出稿メディアが消費者行動にどれくらい影響を与えているかを把握し、メディア間の相互関係を推定することによって、施策による消費者への影響(認知・興味、検索、訪問など)やメディア間の相乗効果を測ることができます。さらに、各施策の売上などへの貢献度(KPI/KGI貢献度)を時系列に追うことで中長期的な変動を把握し、より包括的で正確な広告投資測定が可能になります。これらを定期的にトラッキングすることができるため、スピーディーなPDCAサイクルを実現します。
過去のマーケティングデータから広告施策効果の将来予測モデルを構築し、予算配分およびメディアプランの最適化を可能にするシミュレーションツールも提供予定です。


ブランド状態チェック



ソーシャルメディアから収集したポジティブ/ネガティブワードに基づき、消費者がブランドに対して持っているイメージを確認することで、企業と消費者間のブランドイメージの整合性をコンスタントに測ることが可能です。日々更新されるソーシャルデータを都度収集しシステムに反映することで、いち早くブランドの変化に気づくことが出来ます。またブランドイメージのみならず、品質に対するイメージを把握することで、消費者満足度の把握/改善に有効です。競合ブランドとの比較にはポジショニングマップを用いて、認知度/人気度の観点から比較をすることができます。消費者イメージが時系列でどのように遷移しているかを知ることで、競合他社との差別化に向けたブランド戦略を可能にします。


クライアントニーズに沿ったシステム構築

測定項目・調査内容は、クライアント企業がより使いやすいメニューを検討し提供いたします。また、定期的に確認が必要なデータを選択することで、社内レポートへの活用などの情報共有が容易になります。


導入プロセス





NEELへのお問い合わせ先
サービスページ:https://truestar-cg.co.jp/services/neel/
メール:info@truestar-cg.co.jp

Truestar Consulting Group株式会社について
マーケティングパフォーマンスを最大化するためにはどのようにすればいいか?私たちは、この問いに直に答えるために、Truestar Groupがこれまで培ってきたデータ分析のちから、インサイトのちから、そして人財育成のちからをここに結集します。
本社:東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー4F
設立:2012年11月
代表者:川添 敏広・村山 朗
事業内容:マーケティング・コンサルティング事業、インキュベーション事業
URL:https://truestar-cg.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top