6月20日父の日を前にプレパパと考える。産前・産後のママたちの「心と体の状態」を知るママ応援、初の社内向けウェビナーを6月14日に開催 - PR TIMES|RBB TODAY

6月20日父の日を前にプレパパと考える。産前・産後のママたちの「心と体の状態」を知るママ応援、初の社内向けウェビナーを6月14日に開催

タカラベルモント発の産婦人科向け化粧品ブランド「m.i」企画

「美しい人生を、かなえよう。」をパーパスに理容室・美容室、エステ・ネイルサロンおよび歯科・医療クリニックの業務用設備機器や化粧品・空間デザイン等を手掛けるタカラベルモント株式会社(本社:大阪・東京/吉川秀隆会長兼社長)は、コロナ禍の中、不安でいっぱいのプレママ・出産後のママの「心と身体の状態」について学ぶ、ママ応援企画としての社内向けセミナーを実施しました。 



タカラベルモント メディカル事業部では、産婦人科の領域で1979年から事業を行なっており、産前産後の女性をいかに支え、一人一人の人生が充実した輝きを放つようになるために、事業として何ができるかを常に追求しております。
本年4月には、妊娠・出産などの女性特有のライフイベントや、生活や環境の変化によるストレス・ 不安を抱える、心身ともにデリケートな女性に着目し開発された化粧品ブランド「m.i」を発売しました。
また、昨年12月タカラベルモントが、With Midwife社と契約し、顧問助産師による「ライフステージ相談制度」を導入。顧問助産師が24時間メールで国内外の社員の悩み相談を受付ける他、年4回程度、オンラインによるセミナーを開催しています。

ママたちの声にならない声に耳を傾けてみよう



今回、父の日を目前にこのm.iブランド企画により行われたライフステージ相談制度のセミナーは、プレママ・出産後のママの声にならない声でもある「心と身体の状態」について学ぶ今と未来の「おとうさん」を主なターゲットにした社内向けセミナー。

セミナー対象者には、産前産後の女性とそのパートナーだけでなく、これから妊娠出産を考えている社員や、産前産後の女性が同僚や上司・部下にいる社員なども含みます。このセミナーを通じて、「見えない、見えにくい、見えているようで見えていない」女性特有の変化を、女性本人だけでなく家族や職場など周囲[MH2] も理解し、家庭や会社で「何ができるか」を考えるきっかけになることを目指しました。

セミナー終了後のアンケートからは、妊娠は見た目以上の変化があり、そのことを女性だけでなく男性も知っておく大切さを理解できた」「男性でも出来ることがあると感じることができた」などの声が聞かれ、妊娠を経験することのない男性の理解を深めることが妊産婦の心のケアにつながるという社会的意義を果たす一助となりました。

■セミナー概要
日時:2021年6月14日(月)13時30分~14時30分
テーマ:『大切な人の、美しい人生を支える為に、私たちが出来ること』 presented by m.i。
参加人数:約100名  ※実施後も社内イントラから社員は視聴可能。
内容:
□ オープニング:With Midwifeの紹介
□ 女性ホルモンについて
□ 妊娠について
□ 出産・産後について
□ コロナ禍の課題
□ ライフステージ相談制度説明


【m.iについて】

「赤ちゃんが最優先で、自分のことはあとまわし」になる出産前後のママたちの入浴時における悩みやストレスを軽減したいという想いから、当社の40年の産婦人科領域における事業知見と、プロフェッショナル用毛髪用化粧品の研究開発の知見を融合し、プレママ・産後ママの入浴ストレスに寄り添うヘアケア・ボディケアブランド「m.i」が誕生しました。そして、4月1日より産婦人科クリニックからの受注を開始いたしました。

ブランド名は“私”自身を大切にしようとする女性を応援する、「I Make」の頭文字を組み合わせた造語です。「やさしく私をつくる。」をコンセプトに、敏感になった頭皮・髪・肌そして心にやさしく寄り添い、日々の変化と向き合うために開発されたブランドです。はじめての生活をきっかけに現れる心や身体の変化に不安を感じることも多い女性たちのライフスタイルから、その悩みを一つ解放へと導きます。
□ブランドサイト    
https://mi-takara.jp/
□開発者ストーリー   ~ プレママ社員と研究員という異色のタッグが生んだ化粧品とは? ~
https://prtimes.jp/story/detail/YbjGQyTp8vB


【m.iの“ラブミィセルフ”企画】
今回のセミナーはm.iの“ラブミィセルフ”企画の第二弾。
“ラブミィセルフ”とは「自分のことは後回し」になりがちな産前産後の時期にも、「自分に愛とやさしさを与えよう」という想いを込めたネーミングです。



第一弾は、ママを想う5月9日の母の日に対象の社員へm.iのギフトBOXを送り、m.iを入れた写真を個人のSNSアカウントで「#ラブミィセルフ」「#lovemiself」と共に投稿。このSNS投稿を通じて、コロナ禍の中でも自分らしく頑張っているプレママ・産後ママたちに「ラブミィセルフ」を届け、自分を労わる「セルフラブ」を感じてもらうことを目指した社内プレゼントキャンペーンでした。応募枠50セットはすぐに応募で一杯になり、応募時には「育児に疲れている妻にプレゼントしたい」「妻が産後の抜け毛や以前のシャンプーの使用感が違うことを気にしていた」「子育て中どうしても自分のことが後回しになってしまう」「誰も悪くないどうしようもない感情をわかってくれている人たちがいることが嬉しかった」などの声が届き、この企画が、必要とされている人たちに届く手ごたえを感じました。

【ライフステージ相談制度について】
ライフステージ相談制度とは、健康経営が注目される中、社員の健康が仕事の効率化に重要な意味を持つという考えのもと、社員それぞれのライフステージで生じる健康の悩みに、助産師がサポートしていくという制度です。
□目的
・社員自身や家族の心身の変化(経年・産前産後)、子どもの発育、セクシャルな悩みから解放される。
・社員(特に女性)の多様な生き方・働き方をサポートし、女性社員の更なる活躍や登用を促進する。
・女性社員、女性部下への接し方に関する悩みから解放される。
□制度のコンテンツ
(1)オンライン相談・・・365日24時間/無制限。専用プラットフォームにて受付。
グループ全社員がメールにて相談でき、自宅からでも相談可能。プライバシーに配慮して、相談内容は企業側には開示されず、匿名でも可能。
(2) セミナー開催・・・ウェビナー開催年4回。現在「ウェルネスについて」「子育てについて」で開催済み。

【株式会社With Midwifeについて】
「生まれることのできなかった、たったひとつの命でさえも 取り残されない未来」の実現をミッションに、令和元年11 月に大阪にて助産師のみで発足した会社。妊娠・出産、育児、職場環境の改善など女性とその家族を中心とした支援サービスを提供しています。主な事業は以下の通り。
・顧問助産師受託 THE CARE
・産前産後ケア
・各種セミナー
・助産師向けコミュニティ運営 など
https://withmidwife.jp


タカラベルモントは、2021年10月5日に創業100周年を迎えます。
次の100 年に向けて、パーパス「美しい人生を、かなえよう。」を新たに制定。
様変わりした新しい世界の中で、いかなる社会寄与ができるかを追求する歩みをスタートさせました。
■ タカラベルモント100 周年記念サイトhttps://www.takarabelmont.co.jp/100th


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top