配線のごちゃつきにさようなら。インテリアに溶け込む保護チューブ『SLEEVE』をMakuakeにて発表 - PR TIMES|RBB TODAY

配線のごちゃつきにさようなら。インテリアに溶け込む保護チューブ『SLEEVE』をMakuakeにて発表

ごちゃつくケーブルの視覚的ノイズを取り除き、インテリアに溶け込ませることができる保護チューブ「SLEEVE」を、配線に悩む全ての皆様にご提案します。

文具と収納用品を中心としたセレクトショップDOCKET STORE(代表:山下義弘)は、2021年6月7日より「アタラシイものや体験の応援購入サービス Makuake」にて「インテリアに溶け込む保護チューブSLEEVE(スリーブ)」プロジェクトをスタート。開始4時間で20万円の目標金額を達成。1週間で100名以上のサポーターを獲得いたしました。


文具と収納用品のセレクトショップ DOCKET STORE(ドケットストア・大阪府箕面市、代表:山下義弘)は、チューブ・ケーブルアクセサリーのメーカーであるデンカエレクトロン株式会社をパートナーとして、“インテリアに配線を溶け込ませる”をコンセプトとした『ケーブル保護チューブSLEEVE(スリーブ)』を企画しました。


2021年6月7日よりアタラシイものや体験の応援購入サービス『Makuake』に掲載後、初日4時間で目標額の100%を達成。開始から2日間(48時間)で200%を達成し、現在もプロジェクトが進行中です。
(プロジェクトページURL: https://www.makuake.com/project/sleeve


インテリアに溶け込むケーブル保護チューブ「SLEEVE」とは




お家時間、リモートワーク、新しい生活様式が求められる中で、自宅で過ごす時間が圧倒的に増えた現代。
便利な家電は私達の暮らしを助けてくれるものの、家電が増えれば増えるほど、その配線はごちゃごちゃとしてしまい、私達の暮らしの中で視覚的なノイズとなってしまいます。
また、新しい家族としてペットをおうちに迎え入れるご家庭も多い中で、おうちのケーブルを齧ってしまう事例への対策としても、ケーブルをいかにして保護するかという問題はこれまでにも課題となってきました。

ケーブル保護チューブ「SLEEVE」はそんな当たり前だったケーブルの問題を、取付工具を使ってさっと通すだけで解決してくれるケーブル保護チューブ。
鉄道車両や航空機、医療機器で使用されるケーブル保護チューブの生産を手掛けるメーカー デンカエレクトロン株式会社様にパートナーとしてご協力をいただき実現した、ケーブルのごちゃつきに悩む多くの人に提案したいインテリアに溶け込むケーブル保護チューブです。



配線をあっという間にまとめられる



ケーブル保護チューブ「SLEEVE」は、取付工具を使用することで、お部屋で気になるケーブルにあっという間にとりつけが可能となっています。

ヘラマンタイトン株式会社様より承認を得て取り付け工具として採用した「HAT」を使えば、面倒なとりつけ作業の煩わしさに苛立つこともなく、おうちの配線を美しくまとめることが可能です。

取り付けたケーブルの取り外しや分岐も、SLEEVEではとても簡単に行うことが可能となっています。
家電が増えた際に必要となる、ケーブル保護チューブの取り外しや再設置の作業にも、この取付と取り外しの効率性は大きく役立ちます。

この効率性の秘密は、メッシュ状に編み合わされたポリエステルの糸が、チューブ状に戻るように形状記憶されているという構造によるものとなっています。
今回製造のご協力を頂いているメーカー デンカエレクトロン様が手掛ける、同様の素材で作られたケーブル保護チューブは、鉄道車両や航空機、医療機器などにも提供されています。糸を編み合わせることで生み出されるメッシュ構造は熱がこもりにくく、素材自体も難燃性を持ち合わせています。



配線が生み出す「ごちゃつき」を取り払う



SLEEVEにはインテリアに溶け込みやすい「グレー」カラーを採用。
幅広いインテリアの中でも配線の存在を脇役として整えてくれる役割を果たせるようカラーを設定しています。



例えばこの様にケーブルが見えてしまうだけで、せっかくのインテリアも生活感が強く感じられるようになってしまいます。



そこでケーブル保護チューブ「SLEEVE」をご使用いただくとこの通り。
壁沿いに配置するとこのように、見落としてしまうぐらいお部屋に馴染みます。

その秘密は、家電のパッケージの中で縛られて、クセがついてしまっている配線が、SLEEVEに優しく包み込まれることによって、なだらかな線を描いてお部屋の中に収まるからです。
ケーブルのごちゃつきは、私達の生活において当然のように放置され、視覚的ノイズとなっていますが、SLEEVEを取り付ければ、その煩わしさから開放されます。




壁付けしている家電のケーブル周りもこの通り。
元々の電源ケーブルよりも太いはずなのにスッキリして見えるのは、おだやかなラインをSLEEVEが描くことによるもの。この通り、ご家庭ではもちろん、職場や店舗など気になる部分の配線保護チューブとして幅広く活用することが可能です。


「アタラシイものや体験の応援購入サービス Makuake」にて開始4時間で100%達成!さらに進行中




「SLEEVE」は既に試作を完了し、今後は店舗での一般販売も予定しています。リモートワークやお家時間の中で配線に悩む皆様に必要されるかどうかを確かめるためにも、Makuakeにて先行販売を行い、開始4時間で目標額を100%達成いたしました。クラウドファンディングは2021年7月30日まで継続していく予定です。
クラウドファンディング終了後は、2021年10月にリターンとしての商品を発送。その後、DOCKET STORE店頭、及びネットストアで通常販売を開始する予定です。

販売価格は0.5m 税込770円、1.0m 税込1,320円、1.5m 1,870円、2.0m 税込2,420円を予定しております。Makuakeでの先行販売では、販売予定価格よりも10%オフでの販売を行っています。

Makuakeページ
https://www.makuake.com/project/sleeve/


●DOCKET STOREについて
DOCKET STOREは、文具と収納用品のセレクトショップ。情報発信のプラットフォーム「note」での発信がSNS上で話題となり、セレクトショップとしては異例の5,900名をこえるフォロワーを集めている。過去には「ありそうでなかった付け替えられるハードカバー IDEAL」をクラウドファンディングを通して制作。500名を超える支援者を集め、120万円を超える支援も獲得。また、シンガポールのMUJIでのワークショップ開催や、三角コーンを使った看板作成サービスの展開など、様々な挑戦を続けている。

note
https://note.com/tyari
HP
https://docketstore.storeinfo.jp



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top