IT/IPプラットフォーム“KAIROS(ケイロス)”の新メインフレームを発売 - PR TIMES|RBB TODAY

IT/IPプラットフォーム“KAIROS(ケイロス)”の新メインフレームを発売



パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏)の社内分社であるコネクティッドソリューションズ社(本社:東京都中央区、社長:樋口泰行)は、プロスポーツ、コンサートなどの各種イベントおよび放送局の制作・演出・配信の用途に向けて、リモートでのライブ映像制作の機能を大幅に向上させる次世代ライブ映像制作システム「IT/IPプラットフォーム“KAIROS(ケイロス)”」の新メインフレーム「Kairos Core 1000(AT-KC1000T)」を2021年6月より発売いたします。

「IT/IPプラットフォーム“KAIROS(ケイロス)”」は2020年9月に発売を開始した次世代ライブ映像制作システムです(※)。昨今のリモートライブ映像制作の需要増加にともない、既に欧米ではCreative Technology様やLiveX様を始めとする様々な制作会社や大手企業に納入いただいています。

Kairos Core 1000は、KAIROSの映像処理と入出力を受け持つメインフレームです。現在販売中のKairos Core 100よりもさらに性能と機能を向上させました。ライブ映像制作の現場においては、現行のKairos Core 100(AT-KC100T)と新製品Kairos Core 1000(AT-KC1000T)との2つのラインナップから、お客様の用途に応じて選択していただけるようになります。Kairos Core 1000は、より高性能のCPU/GPUを搭載し、映像処理能力の向上により多層なレイヤー構成を用いたバラエティに富んだ演出を可能にします。入出力の拡張性と配信機能も進化しています。また現行のKairos Core 100では別売オプションとして提供している4K対応機能、I/O拡張機能、CANVAS機能についてもKairos Core 1000では標準装備となります。

“KAIROS(ケイロス)”は、今後も機能とシステム対応の向上を図るとともに、パートナー製品との連携やシステム統合化を推進し、次世代映像制作プラットフォームのデファクトスタンダードとなることを目指します。

パナソニックは「A Better Life, A Better World」の実現を目指し、映像とITを結ぶプラットフォームの強化を通じて、ライブ映像制作現場の課題を解決し、業界に新たな価値を提供してまいります。

※KAIROSについて
IT/IPプラットフォーム“KAIROS”はパナソニックが独自開発した、CPUおよびGPUの能力で映像処理を行う、新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォームです。プロスポーツ、コンサートなどの各種イベントおよび放送局の映像制作・会場演出・映像配信の用途に向けて、ライブ映像制作のクオリティーと生産性を飛躍的に向上させます。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] IT/IPプラットフォーム“KAIROS(ケイロス)”の新メインフレームを発売(2021年4月21日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/04/jn210421-6/jn210421-6.html

<関連情報>
・パナソニック IT/IPプラットフォーム KAIROS
https://panasonic.biz/cns/sav/products/it_ip_platform/
・パナソニック 放送・業務用映像システム
https://panasonic.biz/cns/sav/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top