NVIDIAが新しいDGX SuperPOD を発表、世界初のクラウドネイティブでマルチテナントのスーパーコンピューターがエンタープライズ向けの AI を支援 - PR TIMES|RBB TODAY

NVIDIAが新しいDGX SuperPOD を発表、世界初のクラウドネイティブでマルチテナントのスーパーコンピューターがエンタープライズ向けの AI を支援

世界中の顧客がDGX SuperPOD を通じて、対話型 AI、創薬および自律走行車などへの取り組みを加速することが可能に



2021 年 4 月 12 日、カリフォルニア州サンタクララ — GTC21 — NVIDIA は本日、NVIDIA BlueField(R) 2 DPU を搭載した、世界初のクラウドネイティブで、マルチテナントのスーパーコンピューターである次世代の NVIDIA DGX SuperPOD™ を発表しました。

ユーザーのデータをオフロード、加速および隔離するデータ処理ユニットである BlueField-2 DPU を搭載した DGX SuperPOD により、お客様は自社の AI インフラストラクチャをセキュアな状態で利用できるようになります。

NVIDIA はさらに、複数のユーザーおよび IT チームが DGX SuperPOD インフラストラクチャへのアクセス、ならびにその共有および運用を安全に行えるようにする、NVIDIA Base Command™ の発表も行いました。Base Command は、DGX SuperPOD インフラストラクチャで AI のトレーニングと運用を管理し、世界中に配置されているデータサイエンティストおよび開発者のチームが連携して作業することを可能にします。

NVIDIA のバイスプレジデント兼 DGX システム担当ジェネラルマネージャーであるチャーリー ボイル (Charlie Boyle) は、次のように述べています。「AI は、世界の歴史のなかでも最も影響力を持つテクノロジであり、NVIDIA DGX システムは、それを活用するための最も効果的なツールです。新しい DGX SuperPOD は、複数の DGX システムを組み合わせたもので、研究者と開発者のチーム全体が安全に共有することのできる、ターンキーの AI データセンターの構築を可能にします」

DGX SuperPOD で AI の活用を推進
DGX SuperPOD は、20 以上の NVIDIA DGX A100™ システムと NVIDIA InfiniBand HDR ネットワークを実装した AI スーパーコンピューターです。最近では、以下のような企業が DGX SuperPOD を導入し、AI による新しいソリューションとサービスを活用しようとしています。

・ソニーグループ株式会社は、社内の研究開発チームがDGX SuperPOD を活用することで、 AI に対する全社的な取り組みを加速させようとしています。

・韓国と日本の大手インターネット テクノロジ企業である NAVER は、DGX SuperPOD で巨大な AI 言語モデルの大規模なトレーニングを行い、E コマース、検索エンジン、エンターテインメントおよび支払いアプリケーションを横断する、新しいサービスを打ち出そうとしています。

・Recursion は、創薬を産業化しようとしているデジタル バイオロジー企業で、DGX SuperPOD を使って、ディープラーニング モデルを加速し、機械学習の専門家で構成されたチームを拡張させようとしています。

・ロシア最大の電気通信企業であるMTS は、AI 対応の開発インフラストラクチャと新しいクラウド サービス機能の基盤として DGX SuperPOD を使い、関連部門を横断して AI とデータサイエンスを統合させようとしています。

・ ベトナムのVinAI は、DGX SuperPOD を使い、東南アジアおよび全世界で、自律走行車、ヘルスケアおよびコンシューマー向けサービスを含む、AI への取り組みを加速させようとしています。これはベトナム最速の AI スーパーコンピューターとなる見込みです。

また、NVIDIA と Schrödinger は本日、DGX SuperPOD を活用し、スーパーコンピューティング規模で創薬をさらに加速させることを目的とした、戦略パートナーシップについての発表をそれぞれ行いました。両社が共同開発したソリューションにより、あらゆる規模の製薬企業およびバイオテック企業は、物理学と AI の活用によって分子の組み合わせをシミュレーションすることで、治療への応用が可能な、最も期待できる化合物を識別および最適化することができます。

セキュアかつクラウドネイティブの AI を大規模に展開
NVIDIA は、AI の導入が広く進んでいる反面、セキュリティと拡張性に対する、お客様の要件が厳しくなっている現状に対応できるよう、新しいDGX SuperPOD を設計しました。エンタープライズの IT 部門では、さまざまな場所にいる複数のチームが作業できるようサポートする必要が高まっており、学術および研究機関では、組織外からのコンピューティング リソースへのアクセスを認めることが多くなっています。

BlueField-2 DPUでユーザーとそのデータをオフロード、隔離および加速することによって、ユーザー トラフィック、ファイヤーウォールおよびストレージへのマルチテナント アクセスをカバーしたセキュリティが確立されるようになり、組織は、DGX SuperPOD インフラストラクチャへのプライベート クラウド アクセスを安全に付与することができるようになります。DDN は、BlueField-2 によって次世代の DGX SuperPOD に対応する、初の NVIDIA 認証ストレージ パートナーとなっています。

NVIDIA Base Command により、AI 開発者とデータサイエンティストのチームは、DGX インフラストラクチャ上でプロトタイピングからプロダクションに至る、ワークロードのプロビジョニングおよびスケジューリングをシームレスに行えるようになります。

AI モデルの構築および改良のプロセスの繰り返しに対応するために、Base Command には、ユーザーがディープラーニングの手法、ワークロードの設定およびリソースの割り当てを検証して、成果を継続的に改良できるようにするためのテレメトリが組み込まれています。

DGX Station A100 の新しいサブスクリプションにより、AI の活用度をアップ
NVIDIA は、NVIDIA Multi-Instance GPU テクノロジに対応する、オフィス向けフォームファクターの世界唯一のワークグループ アプライアンスである、NVIDIA DGX Station A100 のサブスクリプションも導入しました。

この新しいサブスクリプション プログラムにより、企業は、成長のあらゆる段階で、オフィス、研究施設、ラボおよびホーム オフィスで作業をしているチームのために、データセンター外での AI 導入を簡単に加速できるようになります。

NVIDIA A100 80GB GPU を4 基搭載したDGX Station A100 は、自然言語処理のような複雑な AI ワークロードを既存システムの 3 倍の速度で処理します。最大で 28 名のデータサイエンティストが DGX Station A100 を同時に使用することが可能なので、企業は AI の導入を加速しながら、データセンター サーバーに比べて 70 万ドルの節約が可能になります。

発売予定
クラウドネイティブで、マルチテナントの NVIDIA DGX SuperPOD は、全世界の NVIDIA パートナーを通じて、第 2 四半期より入手可能となり、価格は、対象となるお客様の要望に応じてこれらパートナーから提示されます。

NVIDIA Base Command も、第 2 四半期より入手可能となる予定です。

NVIDIA DGX Station A100 のサブスクリプションは、価格が 1 か月当たり 9,000 ドルからとなります。

4 月 12 日から 16 日までオンラインで開催される GTC21 で、DGX システムの詳細を知ることができます。今すぐ無料登録下さい。https://www.nvidia.com/ja-jp/gtc/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top