ベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」に対応したAltair Engineering社製ワークロード管理用ソフトウェアを販売開始 - PR TIMES|RBB TODAY

ベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」に対応したAltair Engineering社製ワークロード管理用ソフトウェアを販売開始


NECは、ハイパフォーマンスコンピューティング環境のワークロード管理用ソフトウェア「Altair PBS Professional」の「SX-Aurora TSUBASA」対応版を本日より販売開始いたします。
「Altair PBS Professional」は米Altair Engineering(注1)社が開発、ハイパフォーマンスコンピューティングの業界ではトップクラスのワークロード管理・ジョブスケジュール用ソフトウェアであり、グローバルに2,000サイトものお客様での導入実績を有します。
今回、NECのジョブスケジューリング用ソフトウェアとして新たに「Altair PBS Professional」が加わることで、既に同ソフトウェアを導入のお客様での「SX-Aurora TSUBASA」の追加導入が容易となります。

「SX-Aurora TSUBASA」は、NECが提供する最新のベクトル型スーパーコンピュータです。NECはこれまで、「SX-Aurora TSUBASA」用のジョブスケジューリング用ソフトウェアとして自社開発の「NEC Network Queuing System V (NQSV)」を提供しており、NECのシステムをご利用のお客様の声にお応えし、今後も継続強化をはかる予定です。
一方、民間企業を中心に、既にPCクラスタなどのスーパーコンピュータシステムを導入済のお客様においては、ジョブスケジューリング用ソフトウェアとして「Altair PBS Professional」を導入済のケースが多く、使い勝手の観点で、その環境に容易にNECのベクトル型スーパーコンピュータを追加したいというニーズが高まって来ています。

今回は、このようなお客様のニーズに対応するものです。
今回の発売にあたり、Altair Engineering社戦略的リレーションシップ担当シニアバイスプレジデントのPiush Patel氏から、以下のエンドースメントを頂戴しております。
「AltairとNECの戦略的な技術統合は、市場に大きな価値をもたらします。SX-Aurora TSUBASAの処理能力とPBS Professionalワークロード管理システムの組み合わせにより、最適化されたパフォーマンスと効率的なコンピューティングが実現し、計算時間の短縮、コストの削減、HPCへの投資収益率の改善を実現します。」

NECは今後もベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」において、民間企業の開発・研究部門にも容易に導入いただける機能の拡充を図る予定です。

以上

<SX-Aurora TSUBASAについて>
URL:https://jpn.nec.com/hpc/

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC AIプラットフォーム事業部
E-mail:info@hpc.jp.nec.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top