好日山荘の取り組むエコプロジェクト『エコジツ』 - PR TIMES|RBB TODAY

好日山荘の取り組むエコプロジェクト『エコジツ』

ダウン製品回収結果のお知らせ

登山・クライミング・アウトドア用品総合販売店、クライミングジムを運営する株式会社好日山荘(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長 池田 真吾)は、好日山荘が取り組むエコな取り組みとして、『エコジツ』プロジェクトを行っております。プロジェクト内で取り組んでいるダウン製品回収が間もなく1周年を迎えます。ここに結果をお知らせいたします。




好日山荘ではこれまで様々なエコロジカルな活動を行ってきましたが、2019年より本格的にアウトドア業界に先駆けて取り組みを進めて参りました。
特にダウン製品の回収に力を入れており、回収開始から間もなく1周年を迎えるにあたり、山・アウトドアを愛する皆様のご協力のもと、これまで合計1,146点、総重量607.7キログラムと短期間に非常に多くの回収を行うことが出来ました。
ダウンはおよそ100年使用することができる、まさにサスティナビリティな資源。限りある資源を次の世代へと残すため、今後も好日山荘全店舗にてダウン製品の回収ボックスを常設設置し、回収を行って参ります。
また、今後は回収したダウン製品を資源とした新たな製品を開発、販売していく予定です。
私たちの愛する自然豊かなフィールドを守っていくために、これからも様々な活動を通し循環型社会に貢献します。

1.ダウン製品回収結果
集計期間:2020年4月1日~2021年1月31日
総数量:1,146点
総重量:607.7キログラム(ダウンジャケット約6,077着分)
※一般的なダウンジャケットに0.1キログラム使用換算

2. Green Down Projectとは
一般社団法人Green Down Projectが2015年より運営。使わなくなったダウン製品を回収・リサイクルし新たな商品として生まれ変わらせる取り組みを行っています。好日山荘では「羽毛循環サイクル」の実現を目指す「Green Down Project」のパートナーとしてそのビジョンに賛同し、お客様にもご協力をお願いしています。
URL:https://www.gdp.or.jp/

3.『エコジツ』のネーミングとロゴマークについて
好日山荘が取り組むエコプロジェクト、『エコジツ』。
山を中心に小さなことからエコな取り組みを行うことで、100年先の山トモの「良い日(好日)」に繋げたい、という想いを込めたネーミングです。ロゴマークは私たちの大切なフィールドである「山」を象徴し、山に寄り添って生きて行く人間や生き物、植物が終わりのない長いサイクルで、共生し世界が動いていくように、という願いを込めて山を中心にキャラクターを配置し、サークル型に収めています。

URL:http://www.kojitusanso.jp/eco/
※ロゴマークは株式会社 好日山荘の登録商標です。

好日山荘について
「好日山荘」は1924年、日本初の登山用品専門店として誕生し、創業から97年目を迎える日本で最も歴史のある登山・クライミング・アウトドア総合専門店です。創業以来、登山やアウトドアの楽しみを広めることをミッションとし、日本全国にある「好日山荘」直営店43店舗で、山や自然を心から愛する経験豊富なスタッフが、安全・快適な登山やアウトドアライフのための商品、知識・ノウハウをご提供しております。
また、2010年より、スポーツクライミングを日本で普及・発展させるためクライミングジム「グラビティリサーチ」をオープン。全国で10店舗を展開。https://www.kojitusanso.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top