カーナビステーション「ストラーダ」ベーシックモデル CN-E330Dを発売~自車位置測位精度がさらに向上 - PR TIMES|RBB TODAY

カーナビステーション「ストラーダ」ベーシックモデル CN-E330Dを発売~自車位置測位精度がさらに向上



パナソニック株式会社 オートモーティブ社はAV一体型カーナビゲーション「ストラーダ」の新製品、7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビステーション CN-E330Dを2021年2月下旬に発売します。

本製品は、基本性能が充実した「ストラーダ」のベーシックモデルです。
GPSの受信に加え、日本のほぼ真上に位置する準天頂衛星システム「みちびき」(※1)の受信に24時間対応することで、自車位置の測位精度を高めました。

横浜北西線:横浜港北JCT~横浜青葉JCTや阪神高速6号大和川線:鉄砲出入口~三宅西出入口など、新設された主要な高速・有料道路の情報を収録した2021年度版新地図(※2)を搭載。案内標識にピクトグラムを充実させ、ひと目でわかる見やすい新地図で案内します。

また、交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した渋滞回避機能「スイテルート案内」を搭載し、ルート案内中に交通状況が変わると渋滞を回避するルートを自動で再探索します。さらに、「Bluetooth(R)(※3)」に対応し、ニーズの高い音楽のワイヤレス再生やハンズフリー通話も利用できます。

「ストラーダ」の上位機種から継承した、高いナビゲーション機能とリアルでわかりやすい案内表示の新地図で、安心・快適なドライブをサポートします。

<主な特長>
1.「GPS」と「みちびき」(※1)24時間対応で安定した自車位置測位を実現
2. ひと目でわかる地図表示と「VICS WIDE」を活用した渋滞回避でドライブをサポート
3.「Bluetooth(R)(※3)」に対応し、音楽のワイヤレス再生やハンズフリー通話が可能

▼「ストラーダ」SSDカーナビステーション CN-E330D
https://panasonic.jp/car/navi/products/E330/

※1 サブメータ級測位補強サービスやセンチメータ級測位補強サービスなどには非対応です。
※2 高速・有料道路の情報は2020年4月開通分まで、国道・都道府県道は2020年2月開通分まで収録しています。
※3 Bluetooth(R)ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc. が所有権を有します。パナソニック株式会社は使用許諾の下でこれらのマークおよびロゴを使用しています。その他の商標および登録商標は、それぞれの所有者の商標および登録商標です。

【お問い合わせ先】
お客様ご相談センター(オートモーティブ担当)
フリーダイヤル:0120-50-8729(受付時間 9:00~17:00 365日)

<関連情報>
・「ストラーダ」SSDカーナビステーション CN-E330D
https://panasonic.jp/car/navi/products/E330/
・パナソニック カーナビ/カーAV
https://panasonic.jp/navi/






企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top