【ビズオーシャン】電材商社の東名ヒューズ株式会社が『SPALO』で作業効率化とRPA連携によるシステム入力自動化を実現 - PR TIMES|RBB TODAY

【ビズオーシャン】電材商社の東名ヒューズ株式会社が『SPALO』で作業効率化とRPA連携によるシステム入力自動化を実現

株式会社ビズオーシャン(東京都中央区、代表取締役社長 是枝 周樹、以下 ビズオーシャン)は、同社の対話型AIドキュメント作成サービス『SPALO(スパロ)』<https://spalo.jp/>が、株式会社東名ヒューズ(愛知県名古屋市、代表取締役社長 加藤 正広、以下 東名ヒューズ)<http://www.tomeifuse.co.jp/>の営業担当者の日報入力システムとして導入されたことを発表いたします。東名ヒューズはSPALOとRPAの導入によって、自社システムへの入力の自動化を実現しました。


東名ヒューズは、長年にわたる電気系卸売業で培ったネットワークを生かし、デジタル推進アドバイザーとして最適なソリューション(AI・RPA・IoT・オンライン商談・分析レポート等)を提供しています。その業務のなかで、営業担当者の日報報告における課題が存在していました。

【導入前の課題】

社内システムへ報告内容を入力するためだけの事務所移動の無駄
入力フォームの自由記述による内容の個人差
システム入力の煩雑さによる投稿遅延や投稿忘れの発生


【導入後の成果】

SPALOおよびRPAの導入で可能となった外部からのスマートフォン入力による移動時間の削減
入力フォームの整理による内容のばらつきの低下
上記による投稿遅延や投稿忘れの減少


今回の東名ヒューズの導入事例は、外部からの入力ができないシステムへの入力作業の効率化、転記入力の削減、リモートワークや直行直帰の勤務形態など、SPALOが実現する業務効率化の代表的な案件です。今後もSPALOは、同じような課題を持つ企業に向けて拡販していきます。

■『SPALO Maker(スパロメーカー)』について
『SPALO Maker(スパロメーカー)』は、『SPALO』のチャットボットをユーザー自ら作成することが可能なサービスです。従来はサービス提供者が行っていたチャットボットの作成、また対話内容の変更やExcelの差し替えを含めた更新等を管理画面からマウス操作で行うことが可能です。入力アプリケーションは『LINE WORKS』版と専用アプリ『SPALO アシスタント』版を用意しており使い慣れたLINEと同様のインターフェイスで利用したい場合はビジネス版のLINEである『LINE WORKS』版を利用できます。

『SPALO』製品情報
詳細は以下URLからご確認いただけます。
https://spalo.jp/ 

*『SPALO』は、株式会社ビズオーシャンの登録商標です。
*『SPALO』で使用している情報入力機能は特許取得済みです(特許番号第6682638号)。
*Excelは、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

■株式会社ビズオーシャンについて
ビズオーシャンは、「中小ベンチャーの生産性向上」を目的に、300万人を超える会員が登録するビジネステンプレートサイト『bizocean(ビズオーシャン)』<https://www.bizocean.jp/>、対話型AIドキュメント作成サービス『SPALO(スパロ)』<https://spalo.jp/>や無料パスワード付きファイル送付サービス『Temply(テンプリー)』<https://temply.bizocean.jp/>など、業務効率化を実現するさまざまなサービスを提供しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

【サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社ビズオーシャン SPALO事務局
Tel:03-5148-1214 Fax:03-5148-1215
E-mail: spalo-sales@bizocean.co.jp

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ビズオーシャン 広報担当
Tel:03-5148-1212 Fax:03-5148-1215
E-mail: pr-info@bizocean.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top