(COVID-19バージョン)グローバル次世代アドバンストバッテリー市場-(2015-2019年)および地域、製品タイプ、最終用途別ー(予測2020-2025年) - PR TIMES|RBB TODAY

(COVID-19バージョン)グローバル次世代アドバンストバッテリー市場-(2015-2019年)および地域、製品タイプ、最終用途別ー(予測2020-2025年)

Kenneth Researchは調査レポート「グローバル次世代アドバンストバッテリー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年10月 26日 に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。グローバル次世代アドバンストバッテリー市場は2020-2025年の予測期間中に重要CAGRを登録すると予測されます。 [調査レポートの詳細内容について] https://www.kennethresearch.com/report-details/next-generation-advanced-batteries-market/10331351




グローバル次世代アドバンストバッテリー市場はタイプ別(リチウム硫黄、マグネシウムイオン、固体電極、金属-空気、ウルトラキャパシター、その他)、アプリケーション別(交通手段、エネルギー貯蔵、家庭用電化製品)、地域別によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

次世代の先進的なバッテリーは、より高い効率とより安い単価を備えた既存のバッテリーのアップグレードバージョンです。これらのバッテリーの市場は、電気自動車の採用の増加、クリーンエネルギーの使用への注目の高まり、およびバッテリーストレージシステムの経済性の向上により、今後数年間で大幅な成長が見込まれています。 また、電子機器や電気自動車の成長は、予測期間中に次世代の先進バッテリー市場を牽引すると予想されます。一方で、充電時間の長さ、コストの高さ、サイクル寿命の短さなどが市場の成長を妨げることが予想されます。

高度な電子製品に対する需要の高まりにより、電子機器の需要は急速に変化しています。電子機器はより薄くなり、より小さなパッケージがより普及しています。薄型デバイスにはよりスリムなバッテリーが必要であり、次世代の先進バッテリー市場の拡大が見込まれます。リチウム硫黄電池とリチウム空気電池は、リチウムイオン電池で市販されている層状酸化物カソード材料よりもはるかに高い比容量を提供します。リチウム硫黄電池は、リチウムイオン後の電池システムにとって魅力的であると考えられており、優れた理論容量と高いエネルギー密度の両方を提供します。

酸化銀電池は、時計、カメラ、ウェアラブルなどの小型電子機器に使用されています。また、マンガン乾電池は、低コストで炭素強化技術による導電性が高いため、家電製品に使用されています。現代の鉛蓄電池は電気自動車の電力供給に使用されており、このタイプのストレージは家庭用電化製品にも適用できます。革新的な製品の開発とは別に、世界中で可処分所得の増加は、家電製品の成長につながっています。リチウムイオン電池は、スマートフォン、ウェアラブル、ラップトップ、デジタルカメラ、リモコン、ゲーム機など、幅広い消費財に応用されています。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバル次世代アドバンストバッテリー市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバル次世代アドバンストバッテリー市場における業界のリーダーはOXIS Energy、PATHION、Sion Power、GS Yuasa、Nohm Technologies、PolyPlus、Lockheed Martin、Pellion Technologies、Seeo、Solid Power、Amprius、24M、Phinergy、Fluidic Energy、Maxwell、Ambri、ESSなどです。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-1033

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

アジア太平洋地域は市場を支配する
携帯電話、携帯用充電器、時計用電池、カメラなどの携帯機器の需要の高まりは、世界規模でリチウム電池の需要を押し上げています。バッテリーサプライチェーンへの世界的な投資とより安価なバッテリーの必要性は、電気自動車(EV)の出現によって推進されています。

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top