FSC(R)ジャパン、“次世代のやる気と本気”応援キャンペーン~All Together Now~が10月26日スタート! - PR TIMES|RBB TODAY

FSC(R)ジャパン、“次世代のやる気と本気”応援キャンペーン~All Together Now~が10月26日スタート!

森林破壊をはじめとする環境や社会問題に高い関心をもつ中学生や高校生の “やる気と本気” を大人たちが応援し、森林保全による持続可能な社会の実現に向けて共に行動するキャンペーン





国際的な森林認証制度FSC(Forest Stewardship Council(R))の普及啓発を行うFSCジャパン(特定非営利活動法人 日本森林管理協議会、代表:太田猛彦)は、森林破壊をはじめ環境や社会問題に対する関心が高い中学生と高校生の “やる気と本気” を大人たちが応援することで、私たち日本人が世代を超えて共通の問題意識を持ち、共に行動する機会となる “次世代のやる気と本気” 応援キャンペーン~All Together Now~を開始しました。

本キャンペーンは、朝日中高生新聞を発行する株式会社朝日学生新聞社が共催し、FSCマーク付きの商品などを展開する各企業様の協賛により実施します。昨年に引き続き第2回目の開催となるFSCアワード 2020では、中学生と高校生を対象として「身近で出来るFSCマークの普及アイデア」を募集し、金賞を受賞された個人またはチームには “FSCジュニア・アンバサダー” として、来年FSCジャパンと共にFSCマークの普及に向けた様々な広報活動にご協力をいただきます。また、朝日中高生新聞では11月1日から来年1月10日までの各号にて、FSCマークの必要性やご協賛企業様の様々な環境への取組みのご紹介、そして、次世代を担う皆さんへの応援メッセージなどの内容による連載を展開していきます。本キャンペーンを通じて、一人でも多くの方が森林問題を自分事として捉え、身の周りで出来ることから行動を起こすきっかけになることをFSCジャパンは期待しています。

■キャンペーン概要
●タイトル “次世代のやる気と本気” 応援キャンペーン ~All Together Now~
●期間 2020年10月26日(月)~2021年1月10日(日)
●内容
1.朝日中高生新聞でのFSC関連の紹介記事や次世代への応援メッセージなどの連載
2.FSCアワード 2020の開催
3.FSCジュニア・アンバサダーの任命
●主催 特定非営利活動法人 日本森林管理協議会(FSC(R)ジャパン)
●共催 株式会社朝日学生新聞社
●特別協賛 花王株式会社、キリンホールディングス株式会社、明星食品株式会社、明治ホールディングス株式会社
●協賛 王子ネピア株式会社、株式会社ダイエー、日本製紙株式会社、日本テトラパック株式会社、日本マクドナルド株式会社、三菱製紙株式会社/三菱王子紙販売株式会社、ユニ・チャーム株式会社
●協力 一般社団法人Think the Earth SDGs for Schoolプロジェクト、新渡戸文化中学校・口頭学校、一般社団法人日本サステナブル・ラベル協会、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟

■FSC(R)ジャパン(特定非営利活動法人 日本森林管理協議会)
FSC(Forest Stewardship Council, 森林管理協議会)は、環境保全の面から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理の普及を目的に、環境団体、林業者、林産物取引企業、先住民団体などを中心に、1994年に設立された独立した非営利団体です。FSCの森林管理認証を受けた森林から生産された木材や林産物と、それを認証された事業者が流通・加工した製品には、FSCラベルがつけられます。FSCラベルがついた製品を使うことで、世界の森林保全につながります。現在世界の2億ヘクタール以上の森林と約44,000組織がFSCの規格に基づき認証されています。

■FSCマーク
適切に管理された森林の木材やその他のリスクの低い原材料から作られた製品であることを証明するマーク。
森の動物や植物、そこで働く人たち、暮らす人たちに配慮し、将来も豊かな森を維持できるように管理しているかを国際的な厳しい基準でチェックされた製品につけることが許されています。

FSCジャパン公式HP:https://jp.fsc.org/jp-jp
FSC公式Twitter: https://twitter.com/FSC_Japan
FSC公式Facebook: https://www.facebook.com/FSC.Japan?ref=tn_tnmn


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top