国内初の「治療アプリ(R)️」医療機器承認を受けてブランドサイトをオープン - PR TIMES|RBB TODAY

国内初の「治療アプリ(R)️」医療機器承認を受けてブランドサイトをオープン

北極星のように、患者様と医師にとって道しるべとなる存在に~治療の最大効果を発揮できる医療を目指して~


報道関係者各位
                                 2020年10月21日



 株式会社CureApp(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐竹晃太)は、治療用アプリが実現する新しい医療の世界を皆さまに分かりやすくお伝えするために、治療用アプリのブランドサイト(https://cureapp.com/)をオープンいたしました。




ブランドサイト設立の目的
 2020年8月、当社の「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」は、治療用アプリとして国内初となる薬事承認を取得し、現在は2020年度中の保険適用と上市を目指し準備を進めています。保険適用されれば、治療を必要とされている多くの患者様のお手元に製品をお届けすることが可能になります。
 私たちの生活の中で欠かすことのできない医療は日々進歩し続けています。これまで医薬品、ハードウェア医療機器といった治療法が誕生し普及してきたましたが、新しく誕生したこの治療用アプリを用いた治療(デジタル療法)も、今後医薬品などのように一般的な治療方法になっていくことが予想されます。まだ誕生したばかりこの新しい治療の特徴や秘めている可能性を皆様により分かりやすくイメージしていただけるよう、医療の現場を星空に、治療用アプリを北極星に例えた治療用アプリのコンセプト動画を掲載したブランドサイトをオープンしました。今後は弊社の製品だけでなく、国内で薬事承認を今後受けた他社の治療用アプリなどもご紹介をしていく予定です。
 



株式会社CureAppについて
 株式会社CureAppは、高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた疾患治療用プログラム医療機器創出に向け、研究開発を行い、製造販売を目指すMedTechベンチャーです。「アプリが病気を治療する効果を持つ」という新しい医療サービスを日本で初めて実現するために、病気を治療するアプリである「治療アプリ(R)︎」の開発に取り組んでいます。2020年8月には、疾患治療用アプリとして国内初となる、ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー「CureApp SC」の薬事承認を取得しました。
 現在、研究開発中の治療アプリは慶應義塾大学医学部内科学(呼吸器)教室と共同開発のニコチン依存症治療アプリ、東京大学医学部附属病院と共同開発・臨床試験中の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療アプリ、自治医科大学内科学講座循環器内科学部門と共同開発・治験中の高血圧治療アプリ、独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターと共同研究中の減酒支援アプリがあります。
 加えて、これら医療機関向け治療アプリの開発で蓄積した知見を活用し、民間法人向けモバイルヘルスプログラムの「ascure卒煙プログラム」、「特定保健指導対応型ascure卒煙プログラム」を提供し、多くの企業、健康保険組合などに導入をいただいています。
 さらには、日本で生み出したモデルをベースに「日本発のデジタルヘルスソリューション」として、順次グローバルにも展開していく予定です。

※「治療アプリ」は株式会社CureAppの登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top