累計導入数100社突破!「会話」でマーケティング施策の新スタンダードを目指すチャットボット広告サービス「Revive」 - PR TIMES|RBB TODAY

累計導入数100社突破!「会話」でマーケティング施策の新スタンダードを目指すチャットボット広告サービス「Revive」

デジタルマーケティング施策の新たな一手を「会話(チャット)」で!「Revive(リバイブ)」は、初期・月額費用無料で導入することができる成果報酬型チャットボット広告サービスです。

成果報酬型チャットボット広告サービス「Revive」を運営する株式会社Canvas(代表取締役:小黒 聡、本社:東京都杉並区、以下Canvas)は、累計導入数100社突破&サービスサイトリニューアル記念といたしまして、新規導入のお客様に限り、「初月解約OK&初月費用0円キャンペーン」を実施いたします。(キャンペーン期間:9月29日(火)~10月31日(月))



サイトURL: https://revive-chat.io/

◼︎令和のマーケティング施策は会話(チャット)の時代へ!
「Revive」は、デジタルマーケティング施策の新たな一手となるチャットボット広告サービスを、成果報酬型で2つの形で提供しております。

1. 今までのLPの常識を覆す「Chat LP by Revive(チャットLP)」
今まで一般的であったWEBブラウザ上のLP(ランディングページ)を、会話(チャット)形式にすることでCVR向上を図るのが「Chat LP by Revive(以下、チャットLP)」です。

従来のLP施策のUI/UXが一方的なコミュニケーションであることに対し、
チャットLPはユーザーと会話形式の双方向型のコミュニケーションがとれることが一番の特徴です。

チャットLP内では、ユーザーとの会話に応じてコンテンツ内容を出し分けることで、
ニーズに応じた最適な情報提供が可能となり、高い確率でCVまで誘導することが可能になります。

2. リターゲティング広告に代わる離脱ユーザー獲得手段「Chat Retargeting by Revive(チャットリタゲ)」
今までの離脱ユーザー獲得手段であるリターゲティング広告にプラスオンできる手段として注目を集めている「Chat Retargeting by Revive(以下、チャットリタゲ)」。

LPやサービスサイトから離れようとしたユーザーをポップアップバナー広告で引き止め、
誘導したLINE内でチャットによるコミュニケーションでCVまで誘導するサービスです。

GoogleやAppleなどのプラットフォーマーがサードパーティークッキーの使用制限を発表するなど、
従来のリターゲティング手法が通用しなくなることが予想されている中で、
新たな手段としてチャットリタゲを導入いただくケースも増えています。

■初月解約OK&初月費用0円キャンペーン実施中!
累計導入数100社突破&サービスサイトリニューアル記念といたしまして、
Reviveを新規でご契約いただいたお客様に限り、“初月導入を完全無料”でご提供させていただきます。

期間:9月29日(火)~10月31日(月)
内容:初月解約可能、初月成果報酬費0円でReviveをご提供
お問合せ先:info@canvas-inc.co
※詳細は担当にご確認ください。

■販売代理店募集中
「Revive」の販売代理店を募集しております。貴社クライアント様へ、
同席でのご説明や勉強会なども開催していますのでお気軽にお問い合わせください。

◼︎株式会社Canvas概要
・所在地:東京都杉並区 高円寺北3丁目1-9 青田ビル1F
・設立:2017年11月27日
・代表取締役社長:小黒 聡
・事業内容:チャットボット事業、デジタルマーケティング事業、マーケティング・コンサルティング事業
・サービスサイト:https://revive-chat.io/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top