スマートフォン「AQUOS sense5G」<SHG03>をKDDIより発売 - PR TIMES|RBB TODAY

スマートフォン「AQUOS sense5G」<SHG03>をKDDIより発売

「AQUOS sense」シリーズ初(※1)の5G(※2)モデル最新OS Android(TM) 11対応。高性能CPUを採用し、当社従来機比(※3)で処理性能を約2.4倍に



シャープは、スタンダードシリーズのスマートフォン「AQUOS sense5G」<SHG03>を商品化。KDDI株式会社および沖縄セルラー電話株式会社より発売します。

「AQUOS sense5G」は、Google(TM) の最新OS Android (TM) 11に対応。画面を録画する「スクリーンレコーダー」機能のほか、画面上に常時表示されるアイコンをタッチするだけでショートメッセージやSNSのダイレクトメッセージのやり取りを簡単に確認できる「バブル」機能など、最新の機能を搭載しました。優れた処理能力を誇る5G対応の高性能CPU「Qualcomm(R) Snapdragon(TM) 690 5G mobile platform」を採用し、当社従来機比でCPU性能およびUFSストレージの読み込み速度を約2.4倍に向上。5Gによる高速・大容量通信に加えて、アプリや各種機能のすばやい動作により、快適にご使用いただけます。

また、スマートフォンAQUOS史上最大(※4)となる4,570mAhの大容量バッテリーと省エネ性能に優れた約5.8インチIGZO液晶ディスプレイを搭載。5Gの高速通信と1週間(※5)の電池持ちを両立しました。動画であれば、12時間以上(※6)の連続再生が可能です。スリムで手に馴染んで持ちやすい横幅約71mmのコンパクトサイズも実現しています。

さらに、5Gによる高速・大容量通信を活かす新機能(※1)を搭載。「テザリングオート」(※7)は、自宅にいるときだけテザリングを自動でONにするので、自宅のパソコンやタブレット端末などをテザリングでインターネットに接続する方に便利です。また、動画視聴時にワンボタンで画面を上下2段に分割表示し、上段で動画を見ながら、下段でインターネットやSNSの閲覧などを同時に楽しむことができます。指紋センサーを数秒押し続けることで決済アプリを起動できる「Payトリガー」も新たに(※1)搭載しました。

■ 主な特長
1.「AQUOS sense」シリーズとして初めて5Gに対応
2.Google (TM) の最新OS Android(TM) 11に対応。5G対応の高性能CPU「Snapdragon(TM) 690 5G」により、当社従来機比でCPU性能およびUFSストレージの読み込み速度を約2.4倍に向上
3.4,570mAhの大容量バッテリーと省エネ性能に優れた約5.8インチIGZO液晶ディスプレイを搭載。5Gの高速通信と1週間の電池持ちを両立
4.「テザリングオート」や動画視聴時にワンボタンで画面を上下2段に分割表示する機能など、5Gの高速・大容量通信を活かす新機能を搭載

※1 2021年春以降発売予定の「AQUOS sense5G」シリーズとして。
※2 5Gは一部エリアで提供しています。詳しくはauウェブサイト(https://www.au.com/mobile/area)をご確認ください。
※3 当社2019年度モデル<AQUOS sense3>との比較。
※4 当社2020年度秋冬モデル<AQUOS sense4>と同容量。
※5 通話やメッセージの送受信を中心に、1日あたり約1時間の利用と約23時間の待機時間を想定した独自基準に基づく試算値です(シャープ調べ)。ゲームや動画視聴など、実際の利用状況によって短縮される場合があります。また、開発中につき、発売時に変更になる可能性があります。
※6 5G接続を想定した試算値です (シャープ調べ)。開発中につき、発売時に変更になる可能性があります。
※7 テザリングサービスへの契約が必要な場合があります。
● 通信速度はお客様のご利用環境により異なります。


※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/200925-a.html

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p200925-a.html


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top