Amazon Music、米国、英国、ドイツ、日本の顧客向けにポッドキャストを提供開始 - PR TIMES|RBB TODAY

Amazon Music、米国、英国、ドイツ、日本の顧客向けにポッドキャストを提供開始

Amazonアカウントをお持ちの利用者は追加料金無しで利用可能に

Amazon Musicは本日、日本時間9月16日(水)22時より、日本、米国、英国、ドイツにおいて、数百万のエピソードを揃えた音声コンテンツ、ポッドキャストをAmazon Musicの全サービスで配信を開始すると発表しました。ラジオの人気トーク番組、ニュース、カルチャー、英会話などの人気のポッドキャストを追加料金無しでストリーミングおよびダウンロードすることができます。Amazon Musicのお客様は、iOS、Android向けのAmazon Musicアプリ、Amazon EchoシリーズなどAlexa搭載デバイス、またはウェブプレイヤー https://music.amazon.co.jp/podcasts からポッドキャストにアクセスすることができます。




Amazon Musicのバイスプレジデントであるスティーブ・ブームは、次のように述べています。「お客様のリスニング習慣は常に進化しており、私たちは音楽とエンターテイメントに根ざした豊かな体験を提供することが求められていると思います。今回ポッドキャストの提供をはじめることで、私たちは音楽ストリーミングと同様に、ポッドキャストクリエイターが世界中の新しいお客様にリーチすることを可能にしながら、より多くのエンターテインメントをお客様にお楽しみいただけるようにします。」

今年1月、Amazon Musicは全世界で5,500万人の利用者に到達したことを発表し、引き続き音楽への投資を続けています。今回、ポッドキャストの提供を始めるにあたり、Amazon Musicは、Amazon Musicアプリや音声サービスAlexaを介して、ポッドキャストのクリエイターを何千万人ものお客様に紹介することで、利用者の拡大を期待しています。

ポッドキャストの優れた点の一つは、いつでもどこでも好きな時に音声コンテンツを楽しめることです。放送時間や有効期限を逃す心配はありません。(*ポッドキャストクリエイター側が配信停止にする場合は除く。)通勤中や朝のコーヒーを淹れているときに、ニュースを気軽にチェックできます。また、合間の時間を英会話などのコンテンツを聴くことで有効活用したり、お笑いやトーク番組を聴いてリフレッシュすることもできます。ポッドキャストを使えば、目で読むことなく、聴くだけで新しい情報の取得が簡単にできます。以下、Amazon Musicのポッドキャストで提供する人気番組です。

<ポッドキャスト一例>
• 飯田浩司のOK! Cozy up! (ニュース)
• J-WAVE INNOVATION WORLD ERA (テクノロジー、アート、カルチャー)
• 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ (アート、レジャー、趣味)
• Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM (アート、デザイン、音楽)
• 福本敦子のきくこすめ(ファッション)
• そうぞうぱれっと(キッズ、ファミリー)

また、Amazon Musicは、ウィル・スミスやDJ キャレド、ベッキー・G、ダン・パトリックなどのクリエイターが司会を務めるAmazon Musicのオリジナルポッドキャスト番組を世界的に配信します。

Amazon Musicモバイルアプリ、ウェブプレイヤーのポッドキャストページでは、カテゴリ別の人気のポッドキャスト番組、おすすめのポッドキャスト番組などを編成して提供しています。また、ご利用のデバイス間で、停止したところから再生を続けることができます。例えば、ランニング中にモバイルで再生し、帰宅後にEchoデバイスにシームレスに移動して、途中から再生することができます。 (Alexaを使用したポッドキャストは、日本では9月17日午前10時から有効になります。)

Amazon Musicのポッドキャスト担当ディレクターであるキンタン・ブラフマットは、「お客様のライフスタイルに合った便利なポッドキャストのリスニング体験を提供できることを嬉しく思います。移動中や車の中、家の中で、ポッドキャストを簡単にお楽しみいただけるようになりました。Amazonのお客様は、音楽でおなじみのAlexaの音声機能を利用して、優れたポッドキャスト体験を楽しんだり、新しいお気に入りのセレクションを見つけて頂けます。」とコメントしています。

Amazon Musicのポッドキャストの詳細について、またはご自身のポッドキャスト番組をAmazon Musicで配信するには、www.amazon.co.jp/podcasts をご覧ください。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top